銀龍老人の3連単命!
FC2ブログ

日経新春杯 2021

2021「日経新春杯」

例年京都で行われるレースが中京での開催、長年競馬をしているものとしては少し違和感があります。

当然過去のデータも使えるものと使えないものが出てきますから、どこを切り取ればよいのか?難しいですね。

G2のハンデ戦は年間3レース行われますが、このレース以外は東京競馬場芝2500Mで行われます。

今年は競馬場が変更されるだけでなく、距離も2400Mから2200Mに変更されますから、全く別のレースと考えても良さそうです。

全成績4--0--0--1のディープインパクト産駒、高額馬の10「アドマイヤビルゴ」がここから始動します。

唯一の敗戦がG2「京都新聞杯」4着ですから、G2の壁に再度挑戦することになりますね。
同馬は昨秋中京開催で同条件3勝クラス「ムーンライトH」を2.15.7のタイムで勝ち上がっています。54Kの斤量でした。

今回は斤量が56Kになりますから、ここは少し気になるところです。

菊花賞3着馬の9「ヴェロックス」5歳 辺りが対抗人気になりそうです。
この馬も昨年暮れの中京G3「中日新聞杯」で1番人気に推され3着していますから、コースに問題は無さそうです。

使えそうなデータからは過去10年の人気。
1・2番人気が各4勝、6,10番人気が各1勝となっていますから、1・2番人気で8年優勝馬を出していることからも、ここは外せないように思われます。

やはり馬券的には、2・3着に穴馬を狙うのが面白そうです。
今回も<穴馬候補>を挙げておきましょう。

3「サトノソルタス」 6歳 55K 池添 ディープインパクト産駒
昨年3月に行われた中京G2「金鯱賞」で2着しています。
前走も中京G3「中日新聞杯」7着ですが、昨年は同レースで5着から「金鯱賞」のローテーションでした。

「金鯱賞」2着時は先行していました。
池添Jも前走後ろからでは届かない事が判っていますので、もう少し前で競馬をするものと思われます。
6歳で今回が11戦目、使い減りはしていないと思われますから、期待してみます。

14「ショウリュウイクゾ」 5歳 53K 団野 オルフェーヴル産駒
人気馬10「アドマイヤビルゴ」を物差しとして測れば、昨秋の3勝クラス「ムーンライトH」で56Kを背負い0.2差2着が今回は53Kでの競馬、人気馬「アドマイヤビルゴ」が2K増量されるのに対し、3K減は大いに魅力的に映ります。

格下馬で3勝クラスを勝ち上がれていませんが、この斤量なら馬券圏内に突っ込んで来ても驚けませんね。
この馬も前目で競馬をしますが、この枠がどうか?
川田Jのお手馬ですが、団野Jがどう乗りこなすのか?注目します。



牝馬G3ハンデ「愛知杯」

5「センテリュオ」 6歳 56K ルメール ディープインパクト産駒

18「マジックキャッスル」 4歳 54K 戸崎 ディープインパクト産駒

15「シゲルピンクダイヤ」 5歳 54K 和田 ダイワメジャー産駒

辺りが人気に推されそうです。

荒れるハンデ戦ですから十分注意が必要かと思われます。
しかし「穴馬」探しをしていても、なかなか「ピン!」とくる馬も見当たらず、もう1日探し続ける必要がありそうです。

1頭だけ<穴馬候補>を挙げておきましょう。

12「レッドアステル」 5歳牝馬 53K 武豊 ディープインパクト産駒
前走東京で3勝クラス特別を勝ち上がりました。
札幌で1勝クラス、東京で2勝クラスを連勝、続く中山芝2200Mで3勝クラス2着しているように、どちらかと言えば「パワー」に優れた馬に見えます。

大崩れの無いタイプに思えますから、53K、武豊を活かしきれれば、十分圏内はありそうです。



3歳G3「京成杯」は省略させて頂きます。

競馬はまた全場無観客に逆戻りしました。
止まる事を知らない「新型コロナウイルス」ですが、ワクチンの接種、また春の季節となれば、少しは落ち着くのでしょうか。
それまでは出来る限りの防御対策を取りながら頑張りましょう。






スポンサーサイト



シンザン記念 2021

2021「シンザン記念」

3日間開催のメインは3歳G3「シンザン記念」となります。

今年は中京競馬場での開催ですから、従来のデータがどこまで生きてくるのか?難しそうです。

2勝馬が2頭のみ、人気に推されそうな15「ククナ」も1勝馬です。
ルメールJ騎乗で人気に応えてくれるのでしょうか?

15頭の出走馬中関東馬が4頭、関西馬が11頭、この内中京競馬場で走った経験馬が7頭

中京芝1600M経験馬は5頭のみです。

1勝クラスと変わらないメンバー構成で未知の条件を経験する馬も多く「波乱」も十分考えられそうです。

1月5日に中京芝1600Mで行われたG3「京都金杯」も12--2--14番人気の決着で大波乱となりました。

少しこのG3「京都金杯」を見ておきましょう。
勝タイムが1.33.1、1着馬の上り3Fタイムが34.0。
前半800Mが46.9、後半800Mが46.2とわずかに後傾タイムでしたが、全体は平均ペースの競馬でした。

馬券圏内の馬は全て4角5番手以内の馬が占めていますので、前残りの競馬だったようです。

中4日で行われる今回の3歳戦も後ろから構える馬には少し辛い馬場状態なのかもしれません。

新馬戦を逃げて勝った馬は数頭いますが、前走逃げて勝っている馬は11「レゾンドゥスリール」1頭。
今回も前に行くのかどうかは解りませんが、ペースとしてはハイペースにはならないでしょう。

ルメールJ騎乗で人気に推されそうな牝馬15「ククナ」は前走東京G3「アルテミスS」では4角10番手から差し込んで0.3差2着しています。今回はどう乗るのか?興味津々です。

上位人気に推されそうな組からは、前走中京芝1600Mで1勝クラスを勝ち上がっている、
5「ダディーズビビット」 武豊 キズナ産駒
に注目してみたいと思います。

今回の<穴馬候補>は中京芝1600Mの経験馬2頭、

1「マリアエレーナ」 3歳牝馬 54K 川島 クロフネ産駒
中京マイル戦を2戦経験しています。
前走未勝利勝は1.34.7、上り3Fタイム35.1とメンバー最速でした。2着馬を0.6秒切り捨てる完勝、4角11番手から追い込んでいます。
中京芝1600M経験、左回り経験も十分だと思われますので取り上げました。

3「ルークズネスト」 3歳 56K 幸 モーリス産駒
新馬戦で中京マイルを経験しています。
上り3Fタイム35.2秒メンバー最速で、2着でした。
前走阪神マイルで未勝利を勝ち上がりましたが、時計が優秀1.33.6、先行して勝っています。

上記2頭共に母父がディープインパクトですから魅力を感じています。
人気薄2頭を推薦しました。うまく嵌まってくれれば嬉しいのですが・・・・。


金杯は「中山金杯」を獲らせて頂きました。しかしまだ片目が開いたのみ。
「シンザン記念」で両目開眼と行きたいものです。

11日(祝)中山で行われる牝馬G3「フェアリーS」は省略させて頂きます。


競馬もまた中山は無観客に逆戻りしました。

止まる事を知らない「新型コロナウイルス」ですが、「明けない夜は無い」「止まない雨は無い」を信じています。

医療関係者の方は「競馬」どころではないでしょうが、頑張ってください。






中山金杯・京都金杯 2021

「謹賀新年」

2021年の始まりは東西の金杯です。
「始め良ければ終わり良し」の格言があるように、上手くスタートしたいものですね。

G3「中山金杯」から見ていきましょう。

今年は人気馬が真ん中より外に集まったように感じます。
どの馬が初笑いを決めるのか?的中目指しましょう。

ハンデは6「カデナ」の58Kから牝馬2頭の52Kまで、また明け4歳馬が3頭出走します。
その内の2頭、G1「菊花賞」4着の11「ディープボンド」、G3「共同通信杯」勝利の15「ダーリントンホール」は人気に推されそうです。

中山芝コースは(C)コースとなります。
連続使用ですが、傷んだ内側がカバーされますから、例年通り内枠有利になりそうに思えます。

外枠に入った人気馬はどう乗ってくるのか?注目ですね。

関東馬8頭、関西馬9頭、今年も西高東低の傾向が続くのかどうか?ここも気になります。

今回も<穴馬候補>を挙げておきましょう。

明け4歳馬からは、
3「ココロノトウダイ」 4歳 53K 丸山
全4勝の内3勝を福島で挙げているように、福島巧者がハッキリしています。
中山に実績はありませんが、前目に付けられる脚質、内を走れる枠番、小回り実績の器用さ、53Kの斤量、上りの掛かる競馬、今回は全てが好転しそうな材料かと思えます。

昨年当レース3着の
2「テリトーリアル」 7歳 56.5K 石川
2走前のG3「福島記念」で3着、斤量は56.5Kでしたので、斤量の問題は無さそうです。
昨年は11番人気ながら1番枠から3着に突っ込み、波乱の立役者を演じました。
器用さが目立つ馬が今年も馬番2番を引き当てましたので、データからは不利な7歳馬を承知の上で連複候補に挙げました。

メンバーを見れば、先行馬は多いのですが、逃げ馬は牝馬12「ロザムール」辺り、ハイペースにはならないと思っています。
内・前有利なレースになるのかどうか?前目で競馬できる馬を選んでみました。
上手く行って欲しいですね。



G3「京都金杯」

京都競馬場改修工事の為、今年は中京競馬場で行われます。
左回りで「京都金杯」の名前は違和感がありますが、中京競馬場得意な馬に注目しています。

ここは絶好調の馬2頭、
10「シュリ」、唯一の関東馬4「ピースワンパラディ」が人気を集めそうです。
騎手も、武豊・福永が騎乗しますから、馬券からは外せませんね。

2頭が同時に馬券圏内なら配当の期待はできませんが、そこは「正月競馬」、どちらか1頭には遠慮して欲しい処です。

こちらも<穴馬候補>を挙げておきましょう。

明け4歳馬2頭からは、
16「トリプルエース」 4歳 55K 団野
2勝・3勝クラス連勝中です。それも2勝クラスは中京芝1400M、3勝クラスは阪神芝マイルと異なる競馬場、距離ですから調子の良さが覗えます。
昨年62勝と大躍進した団野Jに期待しました。
福永Jのお手馬でしたが、団野Jがどう乗るのか?注目しています。

12「ラセット」 6歳 55K 加藤
昨年のG3「中京記念」で2着しています。夏場の芝状態とは違いますが、10月の中京(L)「ポートアイランドS」でも3着と走っていますから、中京得意と思われます。
後ろから構える馬ですから、展開に左右されるのは仕方なさそうですが、嵌れば十分馬券圏内と思っています。

このレースは逃げ馬不在、どの馬が行くのかによりますが、ペースはスローになりそうな気もします。
前に行ける11「ボンセルヴィーソ」には注意が必要かもしれません。


今年はコロナウイルスの一刻も早い終息を期待しましょう。

そして今年も面白い競馬を見たいものです。

今年も1年お付き合い宜しくお願い申し上げます。






良いお年をお迎えください。

2020年も年の瀬を迎えました。

最終のG1「有馬記念」は上手く人気薄「サラキア」を取り上げることが出来ました。
少しはお役に立てたでしょうか。

1年間を振り返ると、コロナに始まりコロナで終わるような1年でした。

しかしそのような状態の中、競馬だけは開催が続きました。
関係者皆様のお陰だと思います。感謝しています。

各国ワクチンの開発も進み、来年はコロナウイルスも終息に向かいそうです。
延期になった東京オリンピックも開催される事でしょう。

私達競馬ファンは1年の初めが両金杯、最終が有馬記念と決まっていますので、来年も無事に競馬が出来るよう頑張りましょう。

私個人としては、秋のG1シリーズのさなか、急遽入院、手術を受けることになり、しばらく競馬を休む羽目に陥りました。

健康がいかにありがたいものか、を再確認致しました。
来年は健康状態に十分気を付け取り組みたいと思います。

今年も1年間私のブログを読んでいただき感謝しています。

上手く穴馬を見つけられた時は、私も嬉しく、皆様のお役に立ったと思いますが、拾い上げることが出来なかった時はその次まで落ち込みました。

来年は落ち込む回数を減らすことを目標に頑張っていきたいと思います。

どうか皆様良いお年をお迎えください。

ブログは2021年1月4日(月)からスタート予定しています。

 銀龍記

有馬記念 2020

2020「有馬記念」                             <2155>

今年の競馬も今週末で終わります。

土曜日はジャンプG1「中山大障害」と2歳G1「ホープフルS」、阪神ではG2「阪神C」が行われます。
そして日曜日はG1「有馬記念」、豪華な週末となりました。

競馬ファンでなくとも獲りたいレース、競馬ファンなら必ず的中が求められるレースがG1「有馬記念」です。

今年は3冠3歳馬2頭と引退しました「アーモンドアイ」はいませんが、豪華絢爛なメンバーが揃いました。

しかしその分、馬券は難しくなりそうですからどう考えて行くか?悩みます。

まず馬場状態ですが、今年の中山芝コースは少し時計が掛かっています。

19年 良 2.30.5
18年 稍 2.32.2
17年 良 2.33.6
でしたから、今年は昨年のような時計にはならないと見ています。
時計は土曜日中山12R「グレイトフルS」3勝クラス、日曜日8R 2勝クラス特別で芝2500Mが組まれていますので、こちらが参考になりそうです。

そして展開となるのでしょう。

逃げなくて惨敗した1「バビット」が最内枠1番を引きました。
また、G1「ジャパンC」で大逃げを打った6「キセキ」が今回も行くのかどうか?
今回のレースを主導するのはこの2頭と見て良さそうですが、どちらが前に行くのか?ここが判りません。

自分のペースで走ると強い逃げ馬と思われますが、他馬のペースに惑わされるとあっけないのが逃げ馬です。
果たしてどちらが逃げるのでしょう?

少し時計が掛かる馬場ではやはり前に行った方が断然有利ですから、逃げ馬直後の位置取りも難解となりそうです。
競馬界を代表するような騎手が揃う訳ですから、その辺りの駆け引きも見ものですね。

有力馬を出走させるクラブ馬主の馬、これに騎乗する騎手に注目してみました。
9「クロノジェネシス」 北村友

13「フィエールマン」 ルメール

7「ラッキーライラック」 福永
サンデーレーシングではこの3頭が出走しますが、9「クロノジェネシス」は以前から北村友Jのお手馬。

13「フィエールマン」は前走福永Jが騎乗してG1「天皇賞秋」2着、7「ラッキーライラック」は前走ルメールJでG1「エリザベス女王杯」を勝利しています。

今回のレースでは1・2番人気に推されそうな馬が、この乗り替わりですから、まずここは必ず馬券に加える必要を感じます。
馬券圏内独占も狙えそうなメンバー構成ですね。

シルクレーシングも3頭出走させますが、
12「オーソリティ」 川田

2「ブラストワンピース」 横山武

14「サラキア」 松山
のような人気順かと思われます。

ここからは14「サラキア」<穴馬候補>を挙げたいですね。
距離がどうかですが、東京の重馬場も文句なくこなしていますし、前走G1「エリザベス女王杯」でも0.1差2着と好走しました。連複圏内ならあっても良さそうに思えます。

その他の<穴馬候補>としては、

1「バビット」 3歳 55K 内田 ナカヤマフェスタ産駒
逃げた時の強さはG3、G2戦で証明しています。
展開次第と思えますので、コースを知り尽くしている内田Jがどう乗るのか?楽しみにしています。

<ステイゴールド>を父に持つ<ナカヤマフェスタ>の子供ですから、時計の掛かる力の要る馬場なら一発があっても良さそうです。

10年間で1番人気が5--2--1--2と優秀な成績を残していますから、人気馬を蹴とばす事は危険が伴います。
しかし毎年のように10番人気以下の人気薄も絡んでくるレースですから、そこをしっかり摑まえる事が大事かもしれませんね。

気持ちよくお正月を迎えるためにはゲートが開くまで考え続ける必要がありそうです。

頑張りましょう。







| NEXT≫

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ