銀龍老人の3連単命!
FC2ブログ

神戸新聞杯 2020

2020「神戸新聞杯」                       <2146>

今週は3歳馬G2「神戸新聞杯」が中京メイン、中山では古馬G2「オールカマー」が行われます。

共に距離は2200Mですが、中山は「フィエールマン」の熱発で頭数が9頭とさみしくなりました。

先に中京芝2200Mで行われる「神戸新聞杯」から見ていきましょう。
G1「菊花賞」の前哨戦ですが、今年は開催が中京競馬場、しかも距離が2200Mで行われます。

従来とは環境が違いますので、過去のデータをそのまま使うのは危険ですが、今年はすでにG1戦3勝の2「コントレイル」がここから始動します。
当然1番人気に支持されるのは間違いなし、あとは単勝オッズがどうなるか?に注目です。

G1戦で2000M2勝、ダービーで2400Mを勝っていますので距離の心配は皆無。

しかも右回り、左回りも全く苦にすることなく勝っていますから、ここも問題なし・・・・となれば後は休み明けで体調がどうか?

また目標がG1「菊花賞」なら仕上げがどうか?だけが問題点となりそうです。

軸馬はこの2「コントレイル」で良さそうです。

競馬格言に「頭堅ければ紐荒れ」がありますから、2・3着に人気薄が来るのかどうか?でしょう。

2番人気に推されそうなG1「日本ダービー」3着馬、18「ヴェルトライゼンデ」は大外枠18番に入りました。
距離が2200Mありますから先行も出来るこの馬にとってどこまで・・・・とも思えますが、フルゲートの大外枠はやはり問題となりそうです。

同レースで5着だった11「ディープボンド」は3着馬とは0.1差でしたので、当然逆転の目も出てきそうです。
前に行ける脚質ですから、どこまで粘れるのか?となるのでしょう。

2「コントレイル」1強として立ちはだかる今年の「神戸新聞杯」、気になる<穴馬候補>を探ししていきましょう。

6「マンオブスピリット」 M・デムーロ ルーラーシップ産駒
G1「日本ダービー」は後方追走のまま16着と大敗しています。
11「ディープボンド」が勝ったG2「京都新聞杯」では0.0差2着、今回の距離2200Mは向きそうです。
北村友騎手からデムーロJの乗り替わりになりますが、2勝のすべてが外国人騎手でしたので、腕っぷしの強い騎手の方が良いのかもしれません。
切れるタイプでは無さそうですから、少し時計がかかる事が条件かもしれませんが・・・。

12「メイショウボサツ」 藤岡康 エピファネイア産駒
今年3月当場所同距離で行われた1勝クラス「大寒桜賞」を勝っています。
重馬場で行われたレースでしたので時計は平凡ですが、この経験を活かせないでしょうか?
<エピファネイア産駒>は近頃好走が目立つところ、東京芝2400MではG1「日本ダービー」が2.24.1、この馬はG2「青葉賞」(5着)で2.23.6のタイムを持っています。
当日少しでも時計が掛かるようなら出番があるのかもしれません。

後は騎手で気になるところを・・・・。
15「ファルコニア」 川田

4「レクセランス」 松山
などが少し気になっています。

秋のトライアル戦はなかなか難しいものです。
暑かった夏をどう乗り切ったのか?こればかりは私達では見えませんからね。



G2「オールカマー」

強力牝馬8「カレンブーケドール」と3「ミッキースワロー」2強対決の構図になりそうです。

頭数も少なく配当の魅力は薄れますが、上記2頭に続くのは<ステイゴールド産駒>2頭、プラス<ディープインパクト産駒>となりそうです。

2強が取りこぼす可能性は低そうですが、全くないこともないかもしれません。

馬券的には<ガミる>事を恐れず、買ってみたいようなレースかもしれません。

牝馬が馬券になるときはもう1頭連れてくることも多く、ディープ産駒、戸崎Jの4「センテリュオ」には注意が必要かも擦れませんね。


9月もあっという間に終わりに近づいてきました。
良い気持ちの気候が年々短くなってきているように感じますから、また「寒い・寒い」という季節が早いのかもしれません。

コロナに続いてインフルエンザも近づきます。
金木犀が香る気持ちの良い季節が長く続いて欲しいものです。






スポンサーサイト



ローズS 2020

2020「ローズS」                           <2145>

今週末は3日間開催となります。
日曜日中京のメインは牝馬G2「ローズS」

「ローズS」と聞けば阪神競馬場・・・・と頭が理解していますが、今年は中京競馬場で開催されます。
坂のあるコース・・・という事では阪神と同じかもしれませんが、右回りが左回りに変わります。

有力馬はG1「オークス」で左回りを経験していますから問題なさそうですが、この辺りがレースにどう影響するのか?
ここは気になりますね。

終わってみればG1「オークス」出走組だった・・・・も大いにあるレースですが、今年もそうなるのでしょうか?

G1「オークス」組は、4・9・11・12・14・15・17着からここに参戦してきます。
馬券になった組が不在ですから、いつもとは少し違ってくるのかもしれませんね。

また騎手で注目はルメール騎手が小倉芝1800Mで1勝クラスを勝ち上がったばかりの3「フアナ」に騎乗します。

過去10年間のデータから、前走1勝クラスの馬は2--2--1--31、一応2勝を挙げていますので、まったくチャンスがないわけでもなさそうです。
その「フアナ」が勝ったレースは、芝1800Mで1.44.9と開幕日ではありますが速い時計で勝ち上がっています。
権利が取れるのかどうか?ここも注目ですね。

人気はやはり前走G1「オークス」組となりそうです。

1「リアアメリア」 川田 オークス4着

5「リリーピュアハート」 福永 同9着

15「デゼル」 武豊 同11着

9「クラヴァシュドール」 デムーロ 同15着

ここにルメールJ騎乗の3「フアナ」を加えた辺りが上位人気に推されそうです。


いつものように<穴馬候補>を挙げておきましょう。

直近挙げた「穴馬」が馬券になっていませんので、少し頑張る必要がありそうです。

今回は栗東坂路で猛時計を叩き出した1頭を、

10「アブレイズ」 藤井 キズナ産駒
この馬もG1「オークス」組、17着でした。
3月中山G3「フラワーC」を12番人気で優勝しています。
先行脚質の馬ですから、前に行ってどこまで粘り込めるのか?となりそうです。
坂は苦にすることなくこなしていますから、2回目となる左回りをこなしてくれれば面白そうです。

2「フィオリキアリ」 北村友 キズナ産駒
この馬もG1「オークス」を走って14着でした。
夏場小倉で2勝クラスを勝ち上がっています。それまではオークス以外1600Mまでで好走していましたから、前走の芝2000Mがどうなのか?と思っていましたが、あっさりクリアーしたあたりに素質を感じます。
夏場使ってきたアドバンテージが活かせるようだと面白くなるのですが・・・。
中京競馬場得意な北村友J共々期待しています。


月曜日祝日は中山でG2「セントライト記念」が行われますが、まだ枠番が決定していませんので、今回は省略させていただきます。

猛暑はやっと終わりを告げましたが、新型コロナはいまだ健在です。
私達で出来る限りの防御策をとる必要がありますが、一刻も早いワクチンの開発に期待しましょう。

3日間開催は集中力勝負です。頑張りましょう!






セントウルS 2020

2020「セントウルS」                   <2144>

秋競馬の開幕です。
長かったローカル開催も終わり、また猛暑もやっと一息、今週末からは中山・中京開催です。

例年なら関西は阪神開催ですが、今年は変則開催で中京となります。
サマースプリントの最終戦ですが、この「セントウルS」はスプリント戦で唯一のG2戦となります。

ですから、秋のスプリントG1「スプリンターズS」を見据えて出走してくる馬も多く、例年「堅い」傾向が見受けられます。
阪神開催時の10年間では、1番人気が4--4--1--1、複勝率90%の高率となっています。

しかし、今年は中京開催、しかも左回りとなりますから、その点が気にはなりますね。

中京競馬場芝コースは、時計が速くなったり遅くなったりとなかなか難しいコースです。
例年なら使わない時期での競馬ですから、時計の想像がつきません。

まず土曜日芝コースの競馬をしっかり見据えてから検討しても良さそうです。

いつもなら<穴馬候補>を挙げるのですが、馬場状態が判りませんので、「気になる馬」を2頭挙げておきましょう。
人気薄になってくれればうれしいのですが・・・・。

8「タイセイアベニール」 5歳 松山
今年3月の中京開催で、同コース3勝クラスを勝ち上がっています。
その後、京都でOP「鞍馬S」を勝利、時計面の心配もなく、コースの問題も無いなら面白そうに思えます。
前走G3戦9着からの巻き返しに期待したい処です。
差し・追い込み馬ですが、この馬番なら内から差し込めそうな馬番ですから、IN差しを決めて欲しいですね。
調子の良さそうな松山騎手なら文句ないでしょう。

9「シヴァージ」 5歳 岩田望
こちらは騎手に期待です。本来この馬は「藤岡佑J」のお手馬ですが、藤岡佑Jは人気になりそうな11「ビアンフェ」に騎乗します。
岩田望騎手は左回りばかり選んで乗ってきています。
しかもしっかり成績を残してきていますから、ここも見どころを造ってくれそうです。
1200Mでは時計の心配がありますが、少し時計が掛かるような馬場なら出番がありそうです。
上手く内から差してきて欲しいものです。



G3「京成杯オータムH」

中山ではサマーマイルシリーズの最終戦「京成杯AH」が行われます。
野芝のみの開催ですから、例年ものすごく速い時計が出ます。

昨年は、今年も出走の10「トロワゼトワル」が1.30.3の日本レコードで逃げ切りました。
今年も当然速い時計の決着になる事でしょう。

開幕週ですから前がビュンビュン飛ばし、急坂で息切れしたところを差し馬が捉える。
こんなイメージが私はあります。

穴馬としては人気薄の逃げ馬、有力差し馬に連れて伸びた人気薄追い込み馬が考えられるレースです。

今年も逃げ馬は10「トロワゼトワル」でしょうから人気薄にはなりません。
「穴馬」差し込んでくる馬、又は先行した馬辺りになるのでしょう。

16「スマイルカナ」が勝った(L)「米子S」が1.32.7、15「メイケイダイハード」が勝ったG3「中京記念」が1.32.7の同タイムでした。今年は同じ阪神競馬場で行われています。

16「スマイルカナ」が人気に推される今回、どれだけ速い時計に対応できるのか?注目です。

<穴馬候補>としては、
7「ジャンダルム」 5歳 藤井
昨年の当レース3着馬です。時計は1.30.9、速い時計に対応できています。
G3「関屋記念」を叩き、ここが目標と思われるだけに、少しでも時計が掛かるようだと馬券圏内に来られそうです。

11「ラセット」 秋山
上記タイムを挙げた「米子S」、「中京記念」で0.2差、0.0差の2着しています。
夏場のマイル3戦目は大いに気になるところですが、坂のあるコース得意にしていますから、中山初でも狙ってみたくなります。
疲れがないことを祈っています。

こちらも開幕週ですから芝のレースをしっかり見定めましょう。
時計次第では面白い穴馬が見つかるかもしれませんね。


やっと猛暑も終わりに近づいたようです。
涼しくなるのはありがたいのですが、夏の疲れも一気に出でてきそうな季節。
くれぐれも「コロナ」同様注意しましょう。






新潟記念 2020

2020「新潟記念」                       <2143>

サマー2000シリーズの最終戦、夏の新潟開催最終週となります。
G3ハンデ戦、難しそうなメンバーでの18頭フルゲート、「大荒れ」も意識したいレースです。

今年は唯一参戦の3歳馬11「ワーケア」に人気が集まりそうな雰囲気ですが、レース経験も少なく信頼してよいのかどうか?
かなり不安な人気馬のように感じます。

斤量53Kは魅力です。また鞍上のルメールJも魅力です。

しかし過去10年の成績を見れば、ルメールJがこの「新潟記念」に参戦したのは昨年のみです。
「レイエンダ」に騎乗し、1番人気(単勝オッズ3.3倍)で10着でした。

今年も単勝オッズは3.3倍より人気を集めることは無さそうに思えますから、この辺りを馬券購入の基準にしても良さそうです。

参考までに、デムーロJの成績を見れば、1--2--0--1、4戦参戦して3回馬券になっています。
今年も昨年同様5「ジナンボー」で参戦します。
昨年は2着でしたから、それ以上の成績を目指すことでしょう。
馬番も昨年と同じ5番、ただし斤量が2K増量されますから、そこが気になりますね。


新潟競馬場が改修された当時は、芝外回り長い直線を利して差し・追い込み馬が面白いように馬券になる・・・・と思われていました。

しかしこの頃では、その考えが間違っている・・・・と言われています。
瞬発力勝負になることは少なく、どちらかと言えば、スピードの持続力勝負になっているようです。

前に行ける馬も、差してくる馬も、馬場一杯を使って見応えのあるレースになりそうです。

日曜日の新潟は雨の心配は無さそうですから、良馬場で行われる事でしょう。
しかし開催最終日ですから、相当馬場が荒れている事でしょう。
力のいる馬場かもしれません。

いつものように<穴馬候補>を挙げておきましょう。
メンバーがメンバーだけにどの馬に人気が集まるのか・・・ここも想像することが難しく、いまだ悩んでいます。

前に行ける組からは、
10「ウインガナドル」 6歳 55K 三浦
逃げるのかどうか?は解りませんが、成績を見る限り左回りの競馬場で芝1800M~2000M辺りなら十分粘り込んでいます。
3歳時このレースで4着の実績もありますから、上手く溜めることが出来れば粘り込んでも良さそうです。

4「サトノダムゼル」 4歳牝馬 53K 岩田康
受けるイメージでは馬場が悪化した時に出番がありそうですが、新潟馬場では2戦2勝しています。
力のいる荒れた馬場で、53Kなら馬券に絡んでも良さそうです。
「夏は牝馬」の格言を活かして欲しい処です。デムーロJのお手馬ですが、岩田康Jなら心配なさそうです。
ディープからスピードを、母父からパワーを貰っていそうですから楽しみです。

<大穴候補>を1頭、

12「プレシャスブルー」 6歳 54K 石橋
5月のG3「新潟大賞典」で14番人気3着しています。同じコースですが、今回はメンバーが違います。
しかし今回人気に推される17「ブラヴァス」には先着していますから、大差はないのかもしれません。
クジラ幕のような成績から、今回は走る番?とも思えますがどうでしょう。
この馬もディープ産駒ですから・・・・。

まだまだ「穴馬」を挙げたいのですが、そこまでは買えません。
当日の雰囲気を見ながら、かなり手広く狙いたいと思っています。


小倉競馬は台風10号が心配ですね。
世の中はコロナの心配をしながらも、少し落ち着いてきたように感じますが、生活するためには自粛ばかりでも厳しいですから難しいですね。

猛暑はまだ続いていますが、夏の疲れも出てくる頃ですから十分に気を付けましょう。






キーンランドカップ 2020

2020「キーンランドC」                       <2142>

北海道シリーズも残すところあと2週となりました。

日曜日はサマースプリントシリーズG3「キーンランドC」が行われます。

過去10年間で1番人気が3--4--1--2、複勝率80%のレースですから、堅いように見えますね。

しかし今年は日曜日の札幌が「雨予報」、降水確率70%ですから馬場の悪化は避けられないでしょう。

その辺りに「荒れる」予感があるのですが、果たしてどうでしょう?
さっそく見ていきましょう。

1番人気に推されるのは前走函館G3「函館SS」を楽な競馬で勝ち上がった1「ダイアトニック」で間違いなさそうです。

続く人気に札幌OP「UHB賞」を勝った12「ライトオンキュー」辺りが想像されます。

どちらの人気馬も多少の馬場悪化ならこなしていますから、極端な馬場にならない限り馬券には必要でしょう。

ただし、馬場が悪化した時の1番枠は少し心配した方が良いのかもしれませんが・・・・?

スプリント戦ですから、出走してくる馬は逃げようと思えば逃げられるだけのスピードを持っています。
また今回は前走新潟の直線競馬を経験してきた馬も多く、かなり激しい逃げ争いとなりそうです。

少し時計が掛かる馬場で、前半のペースが速くなれば、差し・追い込み馬が届くようなレースになる可能性も否定言出来ません。

洋芝の巧拙だけでなく、重馬場の巧拙も重要になってきそうです。

この辺りに「穴馬」が潜んでいそうに感じていますが、当日の馬場次第となりそうです。

いつものように<穴馬候補>を挙げておきましょう。

まず前に行ける組から、
9「ダイメイフジ」 6歳 56K 菱田
前走G3「函館SS」では当ブログで「穴馬推薦」し、見事に2着(10番人気)してくれました。
大外枠から一気にハナを奪い、逃げ粘りを見せました。
陣営は馬場の悪化大歓迎のコメントを出していますから、馬場の悪化を味方に付けられそうです。
ただし、今回は内枠にも速い馬がいますから、前走のようにハナを切れるかどうかは不明です。

今回も人気はあまり上がらないと思われますから、馬券に入れようと思います。

4「ビリーバー」 5歳牝馬 54K 杉原
函館1200Mで3勝クラスをクリアー、勢いそのまま挑んだ新潟G3「アイビスSD」で3着しています。
夏場の4走目になりますし、函館--新潟--札幌と長距離輸送を挟んでいますから体調の心配はあります。
しかし「夏は牝馬」を地で行く活躍を見せていますので、もう1走頑張ってもらいましょう。

こちらは比較的後ろから構える馬ですが、洋芝適性はすでに証明済み、馬場が悪化した時の適性を証明して欲しいものです。

菱田Jは9年目の騎手、昨年1年間で30勝、今年はすでに29勝を挙げています。
杉原Jは10年目、昨年1年間で6勝でしたが、今年は11勝と昨年を超えています。

中堅騎手になっている二人に今回も期待してみました。



2歳G3「新潟2歳S」

11頭と頭数が少なくなりました。
2勝馬は10「ブルーバード」のみ、後はすべて1勝馬となっています。

外回りマイル戦で行われますから、末脚の良い馬を選ぶ必要があります。
しかし1・2走しただけでは脚質も定まらず、前走逃げた馬でも今回控える競馬を選択するなど、なかなか難しいのが現実です。

予想はしますが、馬券購入は控えて<見>を決め込むレースと思っています。
将来の有力馬になってくれる事を期待しましょう。


引き続き「弟子募集中」です。
メール win@katigumikeiba.com
でお問い合わせください。お待ちしています。

お盆を過ぎても猛暑は変わらず、新型コロナウイルスの勢いも衰えません。
そろそろ夏の疲れが出てくる頃ですから、十分にご注意ください。





| NEXT≫

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ