銀龍老人の3連単命!
FC2ブログ

フェブラリーS 2020

2020「フェブラリーS」                      <2113>

今年初のG1戦を迎えます。

日曜日の天気予報は「晴れ」ですが、土曜日に雨が落ちてきそうです。
乾きの悪いシーズンですから、パサパサの良馬場までは乾かないかもしれません。

地方馬3頭を含め<大混戦>のダートG1戦に思えます。

昨年の覇者5「インティ」はその後未勝利、連覇が成るのかどうか?

昨年12月のG1「チャンピオンズカップ」優勝馬・2着馬は不在。

トライアル戦のG2「東海S」優勝馬も不在。

同じくトライアル戦のG3「根岸S」優勝馬、12「モズアスコット」は参戦しますが、ダート1600Mが果たして向くのかどうかも心配です。
芝G1「安田記念」優勝馬ですが、1400M戦のG2「スワンS」好走後挑んだG1「マイルCS」は2走とも凡走しています。

もしダート戦も同じと考えるなら、1400Mの「根岸S」を好走後の今回は「凡走」もあり得そうです。
芝スタートになる東京ダート1600Mは向いていそうな気もしますし、パサパサの馬場でなければスピードを活かせる気もしますから、取捨に迷います。

連覇の掛かる5「インティ」も逃げる形で強さを発揮してきたように思われます。
そう考えるなら今回は内枠3番に「ワイドファラオ」が入り、楽に行かせてもらえるのかどうか?気がかりです。

逃げたG1「チャンピオンズC」で差し込まれ、抑えた前走で勝ちきれなかった事からも全幅の信頼は置けないように感じています。

勝ち時計を見ておきましょう。(タイム後ろは1~3着馬のコーナー位置)
19年 良 1.35.6    01--01  06--06  06--06
18年 良 1.36.0    14--13  10--08  07--06
17年 良 1.35.1    09--08  08--06  14--16
16年 重 1.34.0(R)  04--04  13--12  10--09
となっていますから、もし稍重馬場で行われるなら1.34.5~1.35.5辺りの時計が想像されます。

時計が速くなれば、前目の馬、遅くなれば後ろから届いていることが見て取れます。

スタートが芝に替り、内目の枠を得た3「ワイドファラオ」が行くなら、重馬場で優勝したG3「ユニコーンS」の時計1.35.5が目安となりそうです。
成長し4歳になった今ならもう少し時計を縮めても良さそうです。

強力な追い込み馬も健在ですから、ペース次第でゴール前大接戦となりそうですが・・・・?

いつものように<穴馬候補>を挙げておきましょう。

まずは上記した逃げ馬、
3「ワイドファラオ」 4歳 福永
3歳時、芝G2「ニュージーランドT」を逃げ切っているようにスピードは間違いありません。
軽い馬場で出切ることが可能なら十分チャンスがありそうです。
前走G3「根岸S」で4番手から5着に粘りこんだように成長も感じられます。

16「ワンダーリーデル」 7歳 横山典
G3「武蔵野S」、良馬場で1.34.6の時計は優秀です。
横山典J得意の後ろから攻めるスタイルもここでは有利に映ります。
長い東京の直線でどこまで差し込めるか?大いに見ものです。

人気に推される可能性もありそうですが、
2「アルクトス」 5歳 田辺
東京ダート5--1--0--0、ダート1600M、4--0--0--0と全く崩れを知りません。
メンバーが大幅に強化されますが、好枠を活かし、内で我慢出来ればチャンスが巡ってきそうです。

スピードを活かせる馬場なら芝G1馬、
4「タイムフライヤー」 5歳 フォーリ
も無視できないでしょう。芝G1馬「モズアスコット」に目が行きがちですが、こちらもG1馬、G3「武蔵野S」で0.2差でしたから、そこをどれだけ詰めることができるのか?注目です。


G3「小倉大賞典」

ローカルのG3ハンデ戦。
荒れて当たり前のレースにG1「皐月賞」2着、G1「日本ダービー」3着、G1「菊花賞」3着
6「ヴェロックス」 57K 川田
が参戦してきました。

しかも同馬主の13「ジナンボウ」も人気を集めそうで、果たして「荒れる」のかどうか??

いつものG3ハンデ戦とは趣が違って見えるのですが・・・。

小倉得意の馬達や、リピート馬にも注意しながら組み立てたい処ですね。


G3「ダイヤモンドS」

日曜日は小倉出張の川田Jが、土曜日東京で騎乗する、
7「タガノディアマンテ」 4歳 55K 川田
ここは馬券圏内を外さないように思われます。

3連系馬券ならあと2頭が問題となりそうですが、1頭軸マルチ馬券なら思い切って人気薄を狙ってみるのも面白そうです。
<穴馬候補>を挙げたい処ですが、明日の馬場を見極めてから考えようと思いますのでここでは省略させていただきます。

6「レノヴァール」 5歳 54K 横山典
は馬券に加えるつもりです。


G3「京都牝馬S」

1400Mに替り5年目を迎えます。

ここは<ディープインパクト産駒>より<ダイワメジャー産駒>が面白そうですし、リピート馬の活躍も目立っていますから、

12「アマルフィコースト」 5歳 幸

13「シゲルピンクダイヤ」 4歳 和田

に注目しています。

当然ルメール騎乗の昨年4着馬「アルーシャ」は馬券に加えますが・・・・・。


全く終息気配を見せない「新型コロナウィルス」
長く続けば香港の競馬のように「無観客」競馬になるかもしれませんね。

一刻も早く終息して欲しいものですね。







スポンサーサイト



京都記念 2020

2020「京都記念」                     <2112>

先週のG3「東京新聞杯」は私の格言通り<冬も牝馬>で正解でしたね。

さて今週の京都G2「京都記念」ではまたまた強い牝馬2頭が人気に推されそうです。

ただし今回はG2戦、先週とは少し違ってくることも頭に置かなければいけないようです。

目標は春のG1戦や海外G1戦・・・・強い馬たちの仕上げが問題です。
過去の成績からも信頼した馬に裏切られて失敗していますから、今回も要注意でしょう。

例年小頭数になることも多いレースですが、今年も10頭とさみしくなりました。

過去10年、馬券に絡んだのは6番人気まで
7番人気以下の人気薄は苦戦しています。

その6番人気馬が4勝していますから、3連単フォーメーションで人気順に組み立て、それを逆から買うようなパターンになっています。

京都競馬場周辺の天気は、土曜日雨は落ちてこないようですが、日曜日は「雨予報」
この時期馬場が乾くのは遅く、パンパンの良馬場は期待できないでしょう。

少し時計が掛かる「稍重馬場」辺りで考えています。

過去の成績から、脚質は圧倒的に「先行有利」となっていますから前で勝負する馬達から考えて良さそうです。

1「カレンブーケドール」 4歳牝馬 津村

7「クロノジェネシス」 4歳牝馬 北村友

は当然馬券に組み入れる必要がありそうですが、6番人気以内に支持された馬達にもチャンスはありそうです。

<穴馬候補>としては、上記2頭以外で「6番人気以内全馬」というのが正解でしょう。

馬場次第で<重馬場得意>パワータイプが<切れ味勝負>のタイプより良さそうに思えますがどうでしょう。

4「アメリカズカップ」 6歳 和田

6「アルメリアブルーム」 6歳牝馬 フォーり
の2頭に注目していますが・・・・?



G3「共同通信杯」

3連勝中の8「マイラプソディ」 武豊
の走りに注目するレースなようですね。

頭数も8頭と少なく、馬券的な魅力はありませんが、どのようなレースを見せてくれるのか?
楽しみたいものです。



牝馬G3「クイーンカップ」

今年G2「京都記念」で人気に推される「クロノジェネシス」が昨年1着、「カレンブーケドール」は4着でした。

今年も出走メンバーから強い牝馬が現れるのでしょうか?

<穴馬候補>としては、

過去10年間で、前走1400M組の馬券圏内はありませんが、それでもあえて、
10「アカノニジュウイチ」 横山典
に注目してみようと思います。

<ブラックタイド産駒>ですから距離が延びても良さそうに思えるのですがどうでしょう。
年初から活躍中の横山典Jに期待してみます。


新型コロナウィルスの猛攻が続いています。
街中マスク姿の異様な光景がいつまで続くのか?
早く終息して欲しいものです。






東京新聞杯 2020

2020「東京新聞杯」                     <2111>

立春を過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きます。
中国も日本も新型コロナウィルスに苦戦しています。

競馬もここで苦戦しないよう頑張らなければいけませんね。
「東京新聞杯」G3マイル戦らしくどこからでも入れるようなメンバーが揃いました。
なかなか難しいレースと思えます。

調子の良さそうな9「レッドヴェイロン」や3連勝中の2「ヴァンドギャルド」などが人気を集めそうですが、10番人気辺りまでの馬ならどの馬が勝っても驚けないように思えます。


直近3年間は比較的堅い決着が続いていますが、今年あたりはそろそろ荒れても良さそうですが・・・どうでしょうね。

昨年の勝ち時計が1.31.9(良馬場)、と高速馬場でしたが、
18年 1.34.1
17年 1.34.9
16年 1.34.1
全て良馬場の時計ですから、19年が例外だったと思われます。
今年も33秒台後半から34秒台前半の時計で決着すると見て良さそうです。

逃げ馬は3「モルフェオルフェ」 江田J辺りだと思われますから、まずまずの流れになりそうです。

ある程度前目に位置取りし、先に抜け出せるようなタイプが好走しそうです。
過去の成績からもどん尻一気の追い込みは効いていませんね。

今回も<穴馬候補>を挙げておきましょう。

12「シャドウディーヴァ」 4歳牝馬 54K 岩田 ハーツクライ産駒

デビュー以来11戦走っていますが、12戦目で初のマイル戦となります。
前走中山で条件戦を勝ち上がりOP復帰してきました。
「夏は牝馬」の競馬格言がありますが、「冬も牝馬」は私一人が言っています。
このレースに限れば3--1--0--10、3頭の優勝馬を出していますから、まずまずの成績かと思います。

1「プリモシーン」も5歳牝馬ですが、今回斤量が56Kとなりますので、こちらの54K「シャドウディーヴァ」を挙げてみました。
少し時計が掛かる馬場も合っていそうに思いますから、期待してみます。

後は<超穴馬候補>

3「モルフェオルフェ」 5歳牝馬 54K 江田 オルフェーヴル産駒

「穴男」江田騎手が騎乗で単騎逃げの形ならあるいは馬券圏内に残っても驚けませんね。
12月中山マイル戦を8番人気で勝ち上がったのが「江田J」、今回メンバーが相当強化されますが、気楽な一人旅なら怖そうな気もします。少し馬券に加えてみます。

上位人気馬も混戦と思えますから、少しは配当になりそうなのかもしれません。


G3「きさらぎ賞」

出走が8頭となりました。
ここはしっかり見るレースと思えますから、<穴馬候補>は見送りとさせていただきます。

ただし、京都芝コースは時計が掛かっていますから、切れ味優先とはならない気がしています。
京都で行われた重賞は「荒れて」いますから、ここも小頭数でも気を付けたい処ですね。

寒さに負けず、新型コロナウィルスに負けず、競馬にも負けたくないですね。
頑張りましょう。






シルクロードS 2020

2020「シルクロードS」                 <2110>

G1「高松宮記念」につながるレースですが、このレースはG3ハンデ戦です。

今年も18頭フルゲートで争われますが、結構「荒れる」レースと思っています。

過去10年間で10番人気以下の馬が9頭馬券に絡んでいますから、今年も要注意ですね。

1番人気には今回も逃げ馬3「モズスーパーフレア」が推されるのでしょうか?
前走G3「京阪杯」、当ブログで直線「バッタリ」と書きましたが、その通り止まりました。

今回も前走と同じ56Kを背負いますが、騎手が松若Jに戻ります。
また京都芝コースも(A)コースから(B)コースに変わりますから前走のような事はないかもしれませんが、<危険な人気馬>・・・・これは変わらないのかもしれません。

データからは、14年・16年・18年と隔年ごとに逃げ馬が2着しています。
20年の今年は2着の番が回ってきていますがどうでしょう?
データ上有利な、2枠3番を引きましたので、今回も逃げそうですが・・・・。

京都競馬場近辺の天気は、この後日曜日まで「雨予報」はありませんので、多分良馬場で行われるのでしょう。
前3年間の時計はすべて良馬場で、1.08.3、1.08.3、1.07.8となっています。
少し時計が掛かる前開催でしたので、今年も8秒台の競馬が想像されます。

スプリント戦ですから当然スピードは要求されますが、冬場特有のパワーも必要ですね。

過去10年、馬番1~4番で6勝していますから、この馬番に入った馬は<特注馬>と言えそうです。
人気馬の中では、
1「レッドアンシェル」 
2「カラクレナイ」
3「モズスーパーフレア」
この3頭は馬券から外せませんね。

いつものように<穴馬候補>を挙げておきましょう。

8「アウィルアウェイ」 4歳牝馬 55K 川田
京都芝1200Mは3走していますが、全て掲示板を確保しています。
北村友Jから川田Jに乗り替わりますが、2歳時「葵S」で騎乗、3着していますので問題なさそうです。
切れ味は有力馬と互角と思われますので、期待したい処です。
最も人気に推される可能性もありますが・・・・。

12「ジョイフル」 6歳 56K 川又
調子は間違いなく良さそうです。前走OP戦勝ち上がり時が54K、今回56Kを背負います。
このレースミスプロ系が大活躍していますから、父・母父共にミスプロ系のこの馬に向いているのかもしれません。
一時の活躍が影を潜めている川又jの奮起に期待したいですね。

<大穴候補>としては、
15「ナランフレグ」 4歳 54K 丸田
牡馬の54K・前走条件戦、共にデータ上は不利ですが、前走の末脚は見事でした。
ダートを得意としている「ゴールドアリュール」産駒と言うのも今回は魅力的です。
3着にでも突っ込んでくれればうれしいのですが・・・・。

有力馬の目標は中京のG1「高松宮記念」とハッキリしています。
ここはあくまでトライアルですから紛れる可能性もありそうです。


G3「根岸S」

出走馬すべてが「関西馬」、ダート界も大変なことになっています。
これなら関西圏で開催しても良さそうに思えるところですが、G1「フェブラリーS」は東京競馬場で開催されますので、やはり東京ダートを経験させておきたいのでしょうね。

この「根岸S」はダート1400M。
他場にもダート1400Mはありますが、他はすべて芝スタートです。
1400M全てをダートで走り切るのは「東京コース」のみとなります。
ダートで行き脚のつかない先行馬はここが苦しくなりますね。

また1200M戦を得意としているスピードタイプも参戦してきますので、前傾ラップとなりがちです。
差し・追い込み馬が活躍できる下地が揃っているようです。

14年以前は「荒れる」傾向を示していましたが、直近は比較的「堅く」収まっています。
今年はどうでしょうね?

前年の覇者5「コパノキッキング」が同じくマーフィーJで参戦します。連覇があるのでしょうか。

<穴馬候補>としては、
東京得意で、前走大敗組を注目しています。

4「ワンダーリーデル」 7歳 57K 横山典
G1「チャンピオンズカップ」は11着惨敗でしたが、2走前G3「武蔵野S」を優勝しています。
1400Mよりは1600Mの方が良さそうですが、嵌ってくれそうな気がします。

12「アードラー」 6歳 56K ミナリク
直近の成績からは大崩れしていません。
稍重馬場では確実な末脚を使っていますので、後は嵌る展開になるかどうか?だけでしょう。
少し馬券に加えてみます。

あっという間に1月も終わり2月競馬に突入です。
寒さや新型ウィルスに負けないよう体調を整えて競馬に取り組みましょう。






アメリカジョッキーCC 2020

2020「アメリカJCC」                      <2109>

使い慣れたWin7からWin10にPCを変えました。
ところがブログフォームを取り込めず、苦労しています。

過去のブログも2000回を超えていますので、すべてを読み込むには相当日数が掛かりそうです。

話を競馬に戻しましょう。

今週は中山G2「アメリカJCC」、京都では同じくG2「東海S」が行われます。

中山のG2「アメリカJCC」から見ていきましょう。

そろそろ春のG1戦を目指す馬たちが始動を始めました。
ここには一昨年のG1「有馬記念」優勝馬11「ブラストワンピース」が登場。
当然人気を集めることでしょう。

中山芝2200Mは特殊な距離、外回りとなりますから、この距離を得意としている馬からは目が離せません。

昨秋のG2「オールカマー」1,2着馬5「スティッフェリオ」、3「ミッキースワロー」等にも人気は集まりそうです。

ただし秋の開催は野芝のみの開催。今回は冬場の洋芝オーバーシードの馬場ですから、要求される要素は違ってきそうです。
注意はしておきたいものです。

いつものように<穴馬候補>を挙げておきましょう。

2「ラストドラフト」 4歳 55K マーフィー
3歳時、中山芝2000MのG3「京成杯」を優勝。
G2「弥生賞」やG1「皐月賞」ではよい処がありませんでしたが、前走G3「中日新聞杯」でタイム差なし2着と復活してきました。
今回も前走と同じ「マーフィー」騎手が騎乗しますから、楽しみな一戦となりそうです。

9「ニシノデイジー」 4歳 55K 田辺
11「ブラストワンピースと同じ<ハービンジャー>産駒、時計の掛かる今の馬場に合っていそうに思われます。
昨年重馬場で行われたG2「弥生賞」、G2「セントライト記念」で掲示板確保の4、5着していますから、多少馬場が悪くなっても我慢が効きそうです。

2頭ともにまずまずの人気と思われますので、「穴馬」となるのかどうかは不明ですが、この辺りまででしょう。


G2「東海S」

今年は京都競馬場で行われます。
メンバーを見れば、昨年のG3「みやこS」と同じ、13「インティー」、4「スマハマ」の再戦。

折り合いがつかず「暴走」した結果「大穴」を開けた2頭が今度はどう折り合いをつけるのでしょうか?
楽しみですね。

内枠に4「スマハマ」が入りましたから、13「インティー」は2番手からの競馬となるのでしょうか?
今回は「暴走」とはならないような気がしていますが・・・・果たして・・・・??

<穴馬候補>を挙げておきましょう。
京都ダート1800Mはやはり前有利、しかも雨予報も出ていますし、木曜日もしっかり降っていますから、良馬場とはならないでしょう。

7「エアアルマス」は逃げ馬の直後に付けられそうですから、当然人気に推されると思います。

その後ろ辺りから差し込める、
7「コマビショウ」 5歳 56K 和田
重馬場の3勝クラス「平城京S」で1.50.9、上り3F36.2なら今回でも馬券圏内ならありそうです。
京都のダートを知り尽くしている和田Jも良さそうです。

追い込み各馬が届くような展開になるのかどうか?
当日の馬場状況を見ながら判断したいと思っています。

先週は久しぶりに推薦馬が{激走}してくれました。
少しは皆様のお役に立てたのでは・・・・?





| NEXT≫

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ