銀龍老人の3連単命!
FC2ブログ

日経新春杯 2020

2020「日経新春杯」                 <2108>

古馬G2ハンデ戦は年間3レース行われます。

「日経新春杯」以外は共に東京芝2500M、関西圏ではこのレースのみとなっています。

直近3年間は全て1番人気馬が優勝、過去10年で見ても1番人気4勝、2番人気4勝と堅く収まっていますが、後の2年は6番人気、10番人気馬が優勝している様に稀に人気薄馬も来ていますから、慎重に人気馬を見る事が必要でしょう。


今開催の京都芝コースは少し時計が掛っている印象です。
昨年が2.26.2、一昨年が2.26.3の勝ち時計でしたので、今年もこの辺りの時計が目安になりそうです。

京都競馬場近辺の天気予報で本格的な「雨」は無さそうですが、土曜日は相当冷え込みそうですし、時折雨や雪がちらつく可能性は有りそうです。

冬場の長距離戦ですから、スピード勝負とはなりにくく、パワーも必要でしょう。

4歳牝馬、G1「菊花賞」5着、1「メロディーレーン」が49Kで参戦します。
340K台の超小柄な馬ですが、長距離得意ですから頑張って欲しいですね。

人気は、前走G2ハンデ「アルゼンチン共和国杯」の2,3着馬、
7「タイセイトレイル」 5歳 55K 川田

13「アフリカンゴールド」 5歳セン馬 55K 福永

昨年のG2「京都新聞杯」優勝の、
2「レッドジェニアル」 4歳 56K 武豊

等が集めそうです。

しかし2「レッドジェニアル」はG1「菊花賞」が6着(57K)、1「メロディーレーン」は5着(55K)、今回7K斤量差が付く事になっても巻き返しが有るのかどうか?少々疑問に思えますね。

10年間データからは4歳馬が圧倒(7勝)、また<キングカメハメハ産駒>が4勝していますから、2「レッドジェニアル」は馬券から外し辛い馬と言えそうですが・・・・・?

いつものように<穴馬候補>を挙げておきましょう。

前走条件クラスを走っていた馬でも馬券になっているレースですから、G2の格に捉われる必要は無さそうです。

14「プリンスオブペスカ」 6歳 54K 藤井
前走OP「万葉S」では11着と大敗を喫しましたが、その前3走2400Mでは全て馬券になっています。
京都芝2400M戦では2戦2勝、最も得意としている条件です。比較的前で戦えていますので、今回も上手く先行出来れば面白い存在です。

6「モズベッロ」 4歳 52K 池添
2勝クラスを勝ち上がっていますが、3勝クラスの身分。今回は格上挑戦となります。
明け4歳馬ですから、まだまだ伸びる要素は十分でしょう。
京都芝2400Mで2勝クラスを勝ち上がっていますから、条件は悪くなさそうです。
勝つ時は結構2着馬に差を付けていますから、嵌れば・・・・という事なのでしょうね。

少し人気になりそうですが、
11「サトノガーネット」 5歳牝馬 坂井

1「メロディーレーン」 4歳牝馬 岩田望
2頭の牝馬にも期待しています。


G3「京成杯」

クラシックには繋がらないレースとなって来ました。
有力4歳馬は休養中、年末に同距離のG1戦が組み込まれた事も大きそうです。

2勝馬が2頭、後は1勝馬9頭ですから、3連系の馬券には当然1勝馬が入ってきます。
馬券圏内全てが1勝馬なら「波乱」も有りそうですね。

<穴馬候補>としては、

1「クリスタルブラック」 吉田豊
を挙げておきましょう。

中山芝1800Mで新馬戦を勝っていますが、時計は平凡です。
ただし3角10番手、4角7番手から上がり3F34.4(メンバー最速)の脚は見どころが有りました。
<キズナ産駒>ですからパワーが心配ですが、母父<タイキシャトル>なら兼ね備えているかも知れませんね。
逃げ馬も数頭いますから、ペースも緩まない様に感じます。


G3「愛知杯」

今年は先に小倉競馬の開催となります。
従って中京で行われる「愛知杯」も小倉で開催ですから、従来とは少し違ってきそうです。

冬場の牝馬ハンデ戦ですから、何が飛び込んで来ても驚けません。
大きな処を狙って行きたいですね。

人気騎手が騎乗する馬が有力馬になりそうです。
その中では武豊騎手騎乗の、
6「アルメリアブルーム」 6歳 53K 武豊
に注目しています。

<穴馬候補>は、
3「レイホーロマンス」 7歳 52K 酒井
前走OP「万葉S」では4着と馬券になりませんでしたが、上がり3Fはメンバー中2位の脚を見せました。
追込みが決まりそうなレースと思えますし、芝2000Mなら<ハービンジャー産駒>も良さそうに思えます。

7歳馬だけに人気薄も確実ですから、馬券に絡んで欲しいですね。


さて開幕小倉競馬ですが、この時期の小倉は「穴馬券」の宝庫となっています。
特に1勝クラスの芝1200Mはまるで「宝くじ」のようですから楽しみです。

今年も頑張って<穴狙い>に徹しましょう。






スポンサーサイト



シンザン記念 2020

2020「シンザン記念」                  <2107>

今週末は3日間開催となりますが、重賞は日曜日の3歳G3「シンザン記念」と祝日の3歳牝馬G3「フェアリーS」の2レース。

G3「シンザン記念」は頭数が10頭と寂しくなりました。

それでもここからクラシックに繋がる馬も出て来そうですから、馬券を離れても魅力です。

今年は3頭の牝馬がここに挑戦、どの馬も人気に推されそうです。

昨日の天気予報では日曜日京都競馬場近辺は雨が落ちて来そうな予報でしたが、本日の予報では「曇り」と変わっています。

大幅に馬場が悪化する事は無さそうです。

9「ルーツドール」 3歳牝馬 川田 ジャスタウェイ産駒
昨年11月東京で新馬戦を勝ち上がっていますが、マイル戦1.33.3の時計、上がり3F34.2の末脚、また2着馬に0.8の大差を付け勝っていますから相当な器と見て良さそうです。

今回はルメールJから川田Jに乗り替わりますが、心配なさそうです。

そのルメールJが選んだのが、
1「サンクデュエール」 3歳牝馬 ルメール ディープインパクト産駒
こちらは新馬戦勝の後、前走東京マイルG3「アルテミスS」で0.1差2着しています。
先行脚質でありながら、2戦続けて33.6の末脚ですから、同じような脚を使えるなら後続から差す事は難しくなりそうです。

この2頭に続きそうなのが同じく牝馬、
5「オーマイダーリン」 3歳牝馬 武豊 ディープインパクト産駒
新馬戦は京都マイル重馬場で先行して3着。続く未勝利戦では一転して後ろから追込み勝ち上がって来ました。
同じく京都マイル戦でしたが、1.35.3 3F34.6でした。
東京で走ってきた上記2頭とは少しタイム差が有るように思われますが、この時期の3歳馬は相手次第でどうにでもなる事は皆様もよくご存じの事かと思います。

対する牡馬陣はどうでしょう?
ダートで好走後G1「朝日杯FS」0.6差4着の
4「タガノビューティー」 和田 ヘニーヒューズ産駒

同じく前走G1「朝日杯FS」0.8差5着の
6「プリンスリターン」 原田 ストロングリターン産駒

などが少し人気に推されそうですが、歯がたつのでしょうか?

頭数が少なく、時計が掛るレースになりそうな雰囲気も有りませんから、今回は<穴馬候補>を見送らせて頂きます。

前に出切る馬が気にはなっていますが、果たして馬券圏内に粘り込めるかどうか?ですね。


G3「フェアリーS」

2勝馬で外国人騎手騎乗の2頭、
「シャインガーネット」 マーフィー

「アヌラーダプラ」 ルメール
この2頭が揃って馬券圏内を外す事は無さそうです。

「ダイワクンナナ」、「スマイルカナ」等が続きそうです。

中山マイル戦で新馬勝ちの<キズナ産駒>「カンイドリー」を少し注目していますが・・・・。


3日間開催、上手く運べば「大勝利」も有りますが、下手すると「大敗」も有り得ます。

どこで勝負を賭けるのか?しっかり見定めて取り組みましょう。






中山金杯 2020

<謹賀新年>                     <2106>
明けましておめでとうございます。

今年もどうか宜しくお願い申し上げます。

2020年の幕開けです。

競馬ファンなら必ず獲りたいレースがやはり両金杯ですね。
まずここで両目を開けて今年の競馬に臨みたい処です。

さっそく中山G3「中山金杯」から見て行きましょう。
冬場の中山芝コースでハンデ戦G3、やはり<荒れる>を基本に置いても良さそうです。

一昨年は3連単馬券、¥18,170でしたが、昨年は3--7--9番人気の決着で¥216,370と波乱になっています。

今年もメンバーが揃った印象ですから、この辺りまでの配当は有っても良さそうです。

基本的な10年間データからは、馬番13番より外では2着が1回のみ。
かなり苦しくなっているようです。

また4角10番手以内まで辺りが馬券の大半ですから、極端な追込み馬は苦戦しています。
比較的前に行けて急坂でもう一脚使えるタイプとなりますね。

血統系統からは、サンデー系ではやはり<ステイゴールド産駒>
ノーザンダンサー系の活躍も目立ちます。

また忘れてはいけないのが、血の中に<ロベルト>を持っている事も馬券になった馬の共通項と言えそうです。

人気は昨年G3「福島記念」優勝の、
3「クレッシェンドラヴ」 6歳 57K 内田 SS系ステイゴールド産駒
内枠を引き当てた<ステイゴールド産駒>は馬券から外せないように思います。
中山芝コースで4勝、内2000Mで2勝していますので、57Kの斤量を苦にしないなら有望と言えそうです。

一方同じく有力馬に推されそうな、
9「ギベオン」 5歳 57.5K フォーリ SS系ディープインパクト産駒
は中山芝で0--0--0--2、またディープ産駒は0--0--1--8とこのレースでは推せない材料が揃っていそうに思われます。
ただし血統中に<ロベルト>は持っているのですが・・・・。
人気するようなら要注意馬となりそうです。

いつものように<穴馬候補>を挙げておきましょう。

2「ブラックスピネル」 7歳 57K 津村 タニノギムレット産駒
G3「チャレンジC」では外から今回も人気に推される7「トリオンフ」に行かれてしまいましたが、その「トリオンフ」が7番、しかも58Kを背負いますから、今回は前に行けそうに思われます。

他に強引に行く馬がいなければ、比較的楽な流れも想像できそうですから、残り目も有りそうです。
<タニノギムレット産駒>ですから、当然<ロベルト>は持っています。
昨年も<ロベルト>を持っている12「タニノフランケル」が逃げて3着していますね。

4「ノーブルマーズ」 7歳 56K ミナリク ジャングルポケット産駒
どのレースでも上がり3F、34秒を切れないタイプですから、坂の有るコースが向いているように感じます。
1600万クラスを中山芝2200Mの「迎春S」で勝ち上がっていますから、このコースも、この季節も問題なさそうです。
上がりタイムの掛るレースになれば、前に行って馬券になる可能性は秘めていると思われます。この馬も<ロベルト>を持っています。

7歳馬2頭を<候補>に挙げましたが、10年間で5頭が馬券になっていますので、まんざらでもなさそうです。
走ってくれれば嬉しいのですが・・・・・。


G3「京都金杯」

18「ソーグリッタリング」 6歳 56K 川田
を本命に据えようと思っていたのですが、まさかの大外枠となりました。
この枠から川田Jがどう乗るのか?注目したいと思っています。

こちらも<穴馬候補>を挙げておきましょう。

3「サウンドキアラ」 5歳牝馬 53K 松山 ディープインパクト産駒
1000万、1600万(3勝)クラスを京都芝1600Mで勝ち上がっています。
先行・差しと脚質も自在、武豊・福永騎手が乗っていた馬ですが、松山Jなら心配なさそうに思われます。

14「プレステイキング」 6歳 56K 藤岡佑 ディープインパクト産駒
初の京都芝コース、初のマイル戦と未知な部分が魅力です。
芝2000M辺りを主戦場としてきた馬ですが、安定した末脚を使っていますし、位置取りも堅実です。
マイル戦の流れに乗れるようなら、一発が有っても良さそうなタイプに見えますがどうでしょう。
前走G3「チャレンジC」、0.1差3着は評価できると思っています。

「京都金杯」はディープ産駒2頭に期待してみました。
上手く嵌って欲しい処ですが、吉と出るかどうか?楽しみです。


今年も昨年同様、書ける範囲でこのブログと取り組んで行きたいと思っています。
また1年お付き合いください。
少しでもお役にたてれば幸いです。

銀龍記
2020年 正月





 

ホープフルS 2019

2019「ホープフルS」                  <2105>

中央競馬も明日が最終戦となりました。

2歳G1「ホープフルS」がメインレース。
来年のクラシックを目指す馬が集まってきているのでしょう。

ただし、データの少ない2歳戦ですから、なかなか難しいものです。
しっかり的中させて気持ち良く新年を迎えたいものです。

出走馬13頭中2勝馬が6頭います。
当然人気に推されそうですが、優勝馬はこの中から出現しそうですね。

明日「ホープフルS」が行われる中山競馬場周辺の天気予報では「雨予報」は有りません。
しかし本日、昨日は雨が落ちていたようですから、それがしっかり乾き切るまではどうか?
と思われます。
改修後は抜群の水捌けを誇ったコースですが、パンパンの良馬場とまでは行かないでしょう。

またG1「有馬記念」は速い時計でしたが、逃げ馬「アエロリット」が飛ばして逃げた為に出たようにも思われます。

同条件になってからの時計では、昨年が2.01.6、一昨年が2.01.4でした。(共に良馬場)
今年の出走馬で逃げて勝利した馬がいませんから、どの馬が逃げるにしても、スローペースが見込まれます。

スローで流れ、3コーナー手前辺りからレースが動きそうですから、例年通りの時計が想像されます。

2「コントレイル」 福永 ディープインパクト産駒

7「ワーケア」 ルメール ハーツクライ産駒

の2戦無敗馬が人気の中心に推されそうです。

2「コントレイル」は新馬戦を右回り阪神で勝っていますし、前走のG3「東京S2歳S」でも素晴らしい末脚を見せています。
4コーナーから<よーいドン>になるような切れ味勝負レースなら、その末脚は魅力です。

7「ワーケア」は2戦が共に左回りの東京ですから、右回りの今回は少し心配が有りますね。
ただしその2戦が稍重・重馬場でのもの、そこで使った末脚が33.2、33.3と素晴らしく、馬場が重くなった時には無類の強さを発揮しそうにも思われます。


いつもなら<穴馬候補>を挙げる処ですが、今回は「頭狙い」も出来そうな、<ステイゴールド>の血を持つ孫3頭に注目してみました。

人気になりそうな主役が<ディープインパクト産駒><ハーツクライ産駒>となっているなら、
<ステイゴールド>も黙っていられないでしょう。

11「オーソリティ」 池添 オルフェーヴル産駒

5「ヴェルトライゼンデ」 O・マーフィー ドリームジャーニー産駒

1「ブラックホール」 石川 ゴールドシップ産駒

<ディープインパクト>はG1皐月賞を勝っていますが、<ハーツクライ>は中山では<ディープインパクト>を破ったG1「有馬記念」のみ。

<オルフェーヴル>はG1「皐月賞」を、<ゴールドシップ>も同レースを勝っています。
<ドリームジャーニー>は2歳時、中山で行われたG1「朝日杯FS」を勝っています。

<ステイゴールド産駒>に共通しているのは、中山コースを早い時期から得意としている事ですから、今回はこの3頭に注目してみました。

2勝馬ばかりですから、当然人気にもなりそうですが、3~5、6番人気になりそうなら十分魅力を感じます。

どのようなレースになるのか?
また来春のG1「皐月賞」にも、そのトライアル戦にも繋がって来そうなだけに楽しみですね。
見応えのある良いレースを期待しましょう。





有馬記念 2019

2019「有馬記念」                    <2104>

今年の「有馬記念」は見応えのあるメンバーが揃いました。

実力が抜けていそうな8「アーモンドアイ」が1番人気に推されそうですが、期待に応えてくれるのでしょうか?

まずはその8「アーモンドアイ」から見て行きましょう。
2400MのG1「ジャパンC」を勝っているから中山芝2500Mも心配なし・・・・果たしてそうでしょうか?

初の中山コース、初の2500M、母父はサンデーサイレンスですが、父はロードカナロア

コーナー6回、急坂を2度駆け上がり、最後の直線も短いコースで東京コースと同じように走れるのでしょうか?

「強い」事は私も認めています。
しかし「有馬記念」要求される要素は少し違っている様にも感じます

当日オッズが<1倍台>なら少し冒険してみようと思います。

2番人気も牝馬、6「リスグラシュー」でしょう。
内回りの阪神G1「宝塚記念」を勝っていますから、小回りも急坂もこなしています。

「アーモンドアイ」が優勝した昨年のG1「ジャパンC」、そして今年のG1「宝塚記念」も2着は共に11「キセキ」でした。
11「キセキ」を物差し馬と考えるなら、その実力には大きな差が無いようにも思えます。

過去のデータに牝馬の1・2が無いレースですから、両立するのかどうかは疑問です

強そうな3歳馬も3頭参戦、牝馬も5頭参戦。
ここが引退レースの馬も多く、また逃げたい馬も多数います。

日曜日中山競馬場周辺の天気予報は「曇りのち雨」、その雨がいつ頃になるのか?も心配です。

展開を考えれば、8枠15番「アエロリット」が外枠からでも逃げるでしょう。
11「キセキ」、12「クロコスミア」が続くと思われます。

もし11「キセキ」が少し間隔をあけるなら、15「アエロリット」<大逃げ>も考えられそうです。

昨年が稍重馬場で2.32.2、一昨年が「キタサンブラック」の逃げ切りで2.33.6(良馬場)、また共通しているのは上がり3Fが35.7、35.2と35秒以上掛っています

過去のデータからも「リピート馬」が多いレースですから、中山コース得意でこのレースを狙ってくる馬が「穴馬」となりそうに思われます。

今回の<穴馬候補>

11「キセキ」 5歳 R・ムーア
昨年はこのレース5着でしたが、時計は2.32.8でした。
前で15「アエロリット」が引っ張ってくれる展開で、早目に「番手捲り」を掛けられるようなら、馬券圏内に残りそうに思われます。

35秒台の上がりタイムになれば、G1「大阪杯」、G1「宝塚記念」を見れば解るように安定した成績が見込まれます。

8「レイデオロ」 5歳 三浦
昨年の当レース1番人気2着、今年はここまで4戦して馬券圏内が有りません。
しかしこの馬も上がりタイムが掛るようなレースの方が得意なのではないでしょうか。
今年は秋から3戦目、まさにここを狙っている様に思われますね。
落ち着きの出てきた三浦Jの初戴冠も有って良さそうですが・・・・?

<大穴候補>
16「シュヴァルグラン」 7歳 福永
昨年同様今年もピンクの帽子となりました。
しかし2年連続3着している様にこの条件は得意と言って良さそうです。

雨の量にもよりますが、外枠が好結果を呼び込むような事になれば、引退レースでも馬券に絡む可能性は捨てきれません。

最後に人気しそうですから「穴馬」とはならないかも知れませんが、
2「スワーヴリチャード」 5歳 O・マーフィー
も上がり時計が掛る条件が良い馬のようですから、好枠を活かし切れるようなら面白そうです。

大穴馬券となった2008年、逃げた1番人気「ダイワスカーレット」と、最低人気「アドマイヤモナーク」は共に8枠でした。
また逃げ馬と追込み馬も共通、牝馬と7歳馬も似ています。
勝負馬券とは別に、馬連「15-16」、か枠連「8-8」を宝くじ馬券で100円投資して夢を買って見ようと思います。

楽しみなレースですね。


G2「阪神C」

直近10年で種牡馬<フジキセキ>の血を持つ馬が5勝しています。
また昨年11--2--12人気で決したように「大荒れ」も有るレースです。

G1「有馬記念」の資金造りはこのレースで・・・・と思っています。

今年は上記した<フジキセキ>の血を持つ馬が3頭出走します。
<フジキセキ>の孫2頭、
17「スマートオーディン」 6歳 武豊 ダノンシャンティ産駒(父フジキセキ)

9「シュウジ」 6歳 幸 キンシャサノキセキ(父フジキセキ)

13「グランボヌール」 5歳 和田 母父フジキセキ

<穴馬>はこの3頭と見ています。絡んでくれれば嬉しいのですが・・・・。

今年の競馬も土曜日を含めて3日間、頑張って勝ち切りましょう。








| NEXT≫

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ