銀龍老人の3連単命!
FC2ブログ

優駿牝馬(オークス) 2020

2020「オークス」                          <2126>

3歳牝馬のクラシック第2弾「オークス」が行われます。

馬場が重い中行われたG1「桜花賞」で、桁違いの強さを見せた4「デアリングタクト」の2冠成るのかどうか?
注目を集めます。

前に行った8「スマイルカナ」やG1「NHKマイルC」でも2着した「レシステンシア」が馬券圏内に残るレースを4角12番手から差し切った訳ですから、「強い」だけでは言い表せないのかもしれません。

しかし今回は1頭を除き、その他の馬がすべて未知の距離2400M左回りに変わります。
マイル戦では苦戦していた馬の変わり身は無いのでしょうか?

また先週の東京コースは一気に超高速馬場に変貌しています。
2400Mを走り切れるパワーと高速馬場に適応するスピードの両方が要求されます。

マイル戦では鮮やかだった4「デアリングタクト」の切れ味も、時計で見ればここまで3戦最高の上がり時計が34.0秒。
スローペースでの瞬発力勝負になった時、果たしてどうなのか?は心配しておく必要はありそうです。

それでも馬券圏内には入れておく必要は有りますね。無視はできません。

今回のG1「オークス」は<ディープインパクト産駒>が8頭出走します。
過去10年間の成績では4--4--3--25、11頭が馬券圏内に着ています。

<ディープインパクト産駒>対その他の種牡馬産駒の構図となっています。

4「デアリングタクト」<エピファネイヤ産駒>ですから、<ディープ軍団>がどのような戦いを挑むかも注目しています。

東京競馬場は土曜日「雨予報」が出ていますが、強く降りそうでもなく、日曜日は「晴れ」となっていますので、良馬場で競馬はできそうです。

昨年の勝ち時計が2.22.8、「アーモンドアイ」が勝った一昨年が2.23.8ですから、今年もこの範囲内で決着しそうです。

さて今回ハナを切るのは、やはりG1「桜花賞」でも逃げた8「スマイルカナ」となりそうです。
しかしここまで6戦すべてがマイル戦ですから、2400Mのペースがどうなるのかは想像できません。
鞍上の柴田大知Jの思うがままのペースでレースは進みそうです。

まずまず流れるようなペースで進むなら差し・追い込みも効きそうですが、スローペースで直線瞬発力勝負になるようなレースなら、ある程度前に付けられる馬が優位に立ちそうですが・・・・?

いつものように<穴馬候補>を挙げておきましょう。
重馬場のG1「桜花賞」を激走した馬に「疲れ」は無いのでしょうか?

そこで今回は「別路線組」から、
16「ウインマリリン」 横山典 スクリーンヒーロー産駒

5「ホウオウピースフル」 内田 オルフェーヴル産駒

共に前走東京2000M、G2「フローラS」を走りタイム差なしの1・2着馬です。
芝の状態が良かったとはいえ1.58.7の時計は優秀です。
「桜花賞組」ではありませんので、メンバーが一枚落ちると考えても、距離をこなしたことと時計には魅力を感じます。

<大穴候補>は、
3「アブレイズ」 藤井 キズナ産駒
ここまで2戦6人気・12人気で2連勝中です。
距離も2000M・1800Mをこなしていますから、2400Mでも期待できそうです。
父<キズナ>、母父<ジャングルポケット>共に東京芝2400Mのダービー優勝馬ですから、まさに2400Mはピッタリなのかもしれませんね。
データからは前走G3「フラワーC」は不利ですが、十分な間隔をとって挑むのは歓迎できますし、重馬場の「桜花賞」を走らなかったのもと出るかもしれません。
切れ味勝負では不利でしょうから、8「スマイルカナ」にピッタリ番手でマークして欲しいと思います。


東京芝2400M戦は見ごたえたっぷり、良いレースを期待しましょう。


{新型コロナウイルス}もようやく1回目のピークが過ぎたように思われます。
油断することなく、次のピークに備えましょう。
「備えあれば憂いなし」、このまま終息に向かってくれれば、これ以上の喜びは無いのですが・・・・!





スポンサーサイト



ヴィクトリアマイル 2020

2020「ヴィクトリアマイル」                       <2125>

G1戦が続きます。今週は牝馬マイルG1「ヴィクトリアマイル」が行われます。

昨年は5--4--11人気の決着。3連単馬券は¥175,040でした。
このレース15年は、5--12--18人気で決着し、3連単馬券¥20,705,810と記録的な<超万馬券>も出現しています。

今年は強い12「アーモンドアイ」ルメールが出走しますから、順当に勝ち切れば「大穴」とはならないでしょう。
しかし万一馬券圏内を外すような事になれば・・・・、想像するだけでも凄い事になりそうですが・・・・。

追いかける馬も、G3--G3--G2を3連勝で勝ってきた18「サウンドキアラ」を筆頭に、調子の良さそうな馬も多く、女帝「アーモンドアイ」も安泰ではないのかもしれません。

面白そうなメンバーが揃っていますが、その分馬券は難しくなりそうです。

牝馬戦ならG1戦でも「実力が違う」と言い切って12「アーモンドアイ」から狙うなら、そこまで難しくはないかもしれませんが、万一を考えれば、途方もなく難しく思えます。

今年2020年に行われた平地G1戦の成績を振り返っておきましょう。

2月23日 フェブラリーS 1--16--3人気 3連単馬券¥464,920
3月29日 高松宮記念  9--2--4人気  ¥217,720 (15番人気1着でしたが降着)
4月05日 大阪杯    2--4--1人気   ¥7,810
4月12日 桜花賞    2--1--9人気   ¥47,760
4月19日 皐月賞    1--3--8人気   ¥26,310
5月03日 天皇賞春   1--11--4人気  ¥55,200
5月10日 NHKマイルC  9--1--6人気  ¥152,750

ご覧のように今年行われた平地G1戦では1番人気が馬券圏外に敗れたレースは「高松宮記念」のみです。
1着に着たのが3回、2着2回、3着1回となっています。

3連単馬券で見れば、万馬券にならなかったのは「大阪杯」のみ。
後はすべて万馬券となっています。

それでもオッズが発表されれば、1--2--3番人気辺りの馬券が圧倒的に売れることになります。
「穴党」の私にとってはうれしい限りですが・・・・、今回はどうなるのでしょうね?

前週3歳G1「NHKマイルC」の勝ち時計が1.32.5、強風が吹き荒れる中でのレースでしたので参考になるのかどうかですが、昨年の当レース1.30.5(R)よりも遅くはなると見ています。
それでもかなり速い時計になるのでしょうね。

土曜日が「雨予報」、日曜日馬場は乾くと思われますが、パンパンに乾き切った良馬場とはならないでしょう。
紛れる要素はその辺りになると思っていますが・・・・??

大本命12「アーモンドアイ」は先行・差しを自在に使ってきています。
鞍上のルメールもその辺りの判断を間違う事の無い騎手ですから、後は有馬記念以来のぶっつけがどうか?だけとなりそうです。

いつも書いている<穴馬候補>ですが、正直多すぎて絞り込めていません。
マイル戦が得意な馬、東京コースなら走る馬、リピーターも活躍するレース、などなど条件を絞っても相当数の馬が該当します。

牝馬は仕上がりが早い・・・とも言われていますから、外厩制度が整った今、休み明けが問題になることも少なくなってきています。

また12「アーモンドアイ」VS<ディープインパクト産駒>などとも言われているレース。
切れ味が生かせる馬場状態・展開になれば、<ディープインパクト産駒>が活躍できそうですが、果たしてそうなるのかどうか?も現状では想像できません。

あえて1頭名前を挙げるなら、
14「スカーレットカラー」 5歳牝馬 石橋 ヴィクトワールピサ産駒
を挙げておきます。
前走G2「阪神牝馬S」では18「サンウドキアラ」に0.2差(2着)付けられましたが、4コーナー15番手から馬群に突っ込み、挟まれながらも馬群を割って出た脚はひと際光って見えました。

4走前東京G2「府中牝馬S」では稍重馬場で1800M、1.44.5で勝ち切っているように、馬場を問わないことも魅力です。
差し・追い込み有利な展開になるようなら、馬券圏内は十分可能でしょう。
岩田康Jから石橋Jに乗り替わりますが、石橋Jなら十分でしょう。
期待します。

東京マイル戦なら確実に走る昨年の1・2着馬、
16「ノームコア」 5歳牝馬 横山典

5「プリモシーン」 5歳牝馬 レーン
には十分注意を払う必要がありそうです。

4歳馬の中では3「シャドウディーヴァ」 池添 に注目してみます。

あるいは「混戦」とも思っていますので、当日の馬場状態をしっかり掴む必要がありそうです。


「新型コロナウイルス」も引き続き警戒が必要です。
少しは終息の気配も見えているように感じますが、第2波がいつ起こるのか?引き続き心配の種になります。

治療薬・予防接種などが揃って来るまで、戦いは続きそうですね。
明けない夜はない・止まない雨はない・・・・を信じて乗り切りましょう。

ストレス解消は是非競馬で・・・・!







NHKマイルカップ 2020

2020「NHKマイルC」                            <2124>

3歳マイルの激戦、G1「NHKマイルC」が行われます。

今天気予報を確認したのですが、日曜日の府中は「曇り」となっていました。
良馬場で開催されそうですね。

18頭フルゲートでの戦い、どの馬が戴冠するのか?楽しみです。

過去10年間で1番人気が5--0--0--5、1着か着外か極端なレースとなっています。

今年はどちらのタイプになるのか?まずこの辺りを想像する必要がありそうです。

G1「阪神JF」優勝、G1「桜花賞」2着馬、3「レシステンシア」が1番人気に推されるのでしょうか?

前走は武豊Jでしたが、今回はルメールJ、それだけでも人気になりそうです。

しかし初の関東輸送、中3週、前走重馬場での激走、初の左回り、すでに今年マイル戦2走とどれを取っても危険な匂いがプンプン漂っているようにも感じます。

ルメールJがどのような戦法を採るのか?抑えて味が出る馬でもなさそうですから・・・・と言ってルメールJの「大逃げ」など見たこともありません。
2歳時に1.32.7のレコードで走った強さは誰しも認めるところですが、果たしてどうでしょうね?

強そうな牡馬もしっかり揃っているように思われますので、ここはズバッと「切り捨て」も視野に入れておきたい処です。

今回は3番枠を引いた3「レシステンシア」ですから、抑えることなくこの馬がレースを引っ張るのでしょう。
東京のマイル戦は前半3F・4Fのペース次第で脚質の有利不利がハッキリしています。

しかしこのレースに限っては、差し・追い込み馬が幅を利かしているようにも思われますから、3「レシステンシア」ペース次第で勝馬・穴馬も変わってきそうに思われます。

有力どころの評価は致しませんが、今回も<穴馬候補>を掲載しておきましょう。

8「サクセッション」 横山典 キングカメハメハ産駒

3勝馬ですが、派手な印象がありません。前走も中山G2「スプリングS」で2番人気に推されましたが0.5差3着でした。
ここまでの5走でずば抜けた上りタイムを計時しているわけでもありませんが、速い脚を持続して勝ち上がっているように見えます。
東京は重馬場の新馬戦のみですが、ズバッと切れるタイプではなく、ジリジリ伸び脚を延ばしてくるタイプと思われますから、このマイル戦にはピッタリ合っているように感じます。
騎乗する横山典Jはこのレース得意ですから追い風になりそうです。


5「シャインガーネット」 3歳牝馬 田辺 オルフェーヴル産駒

前走重馬場の中京G3「ファルコンS」を勝ってここに挑みます。
その前3走はすべてマイル戦でした。東京マイルも1勝クラス「赤松賞」で経験済み(1着)ですから問題なさそうです。
馬券に絡まなかったときは「マーフィーJ」、今回は前走同様田辺Jの継続騎乗となりますので心配なさそうです。

牝馬は牝馬でもこちらの「牝馬」だった・・・・を狙ってみようと思います。
過去も「穴馬」前走1400Mから・・・が多かったように思われますから・・・・。

かなりの激戦が予想されそうな今年の「NHKマイルC」、荒れて欲しいですね。


同じく「大荒れ」もありそうなのが、日曜日の新潟G3ハンデ
G3「新潟大賞典」

昨年は7--3--1人気で決着、3連単馬券は¥61,120と比較的おとなしかったのですが、一昨年は5--9--11人気で3連単馬券は¥581,000と「大荒れ」しています。

今年はトップハンデ馬57.5Kが3頭となりました。いかにも「荒れそうな」雰囲気ですがどうでしょう?

また日曜日の新潟地方は「雨予報」が出ています。
今年は暖冬でしたので、芝の成育は順調だったと見ていますが、滑るような馬場になれば話は別。

まずは土曜日の新潟芝レースをしっかり見てから考えようと思っています。
開幕週の重賞は「馬場次第」と思いますから、皆様もしっかり傾向を把握してください。


さて前週G1「天皇賞春」は久しぶりにお役に立てたのではないでしょうか?
まさかあそこまで・・・・とは思いませんでしたが、Win5では「6」を買っていただけに・・・・残念でした。

しばらくは「新型コロナウイルス」の恐怖と戦いながらの生活が続きそうですが、ストレス発散は是非楽しい「競馬」で発散してください。
当たれば尚スッキリするのですが・・・・・!





天皇賞(春) 2020

2020「天皇賞 春」                           <2123>


令和初のG1「天皇賞春」ですが、この後しばらくは京都競馬場改修の為見られない事になります。

今年は昨年の覇者14「フィエールマン」が連覇を目指し登場しますが、果たして連覇成るのかどうか?注目です。

面白そうなメンバーが揃ったように思います。
過去の成績からも結構「荒れて」いるように思われますから、高配当狙いもできそうです。

直近3年間では3連単馬券5万円未満ですが、その前は10万以上の配当が続いています。

今年は昨年までの傾向が続くのか?それとも「荒れて」くれるのか?楽しみです。

前哨戦のG2「阪神大賞典」やG2「日経賞」で好走した馬も多く、G1「有馬記念」以来のぶっつけで挑む14「フィエールマン」も安泰とは思えません。

大外枠を引きましたし、唯一優勝しているディープインパクト産駒とはいえ、決して向いている距離とも思えないだけに連覇成るのかどうかも厳しいかもしれません。

「天皇賞 春」になると決まって言われるのが「血統」です。
純粋のステイヤーが少なくなっている昨今、持続力よりスピードが優先されていますので、良馬場ならスピードで押し切れるかもしれませんが、日曜日の京都競馬場近辺は「雨予報」が出ています。

何時頃から降り出すのか?によって馬場が変わってきそうですから、尚更難しくなるのかもしれませんね。

G2「阪神大賞典」を勝ってここに挑む7「ユーキャンスマイル」も先日負傷した岩田康Jから浜中Jに乗り替わり、昨年は1.5差5着でしたが、ご存じのように過去10年間0--0--0--14の<キングカメハメハ産駒>ですから強く推すことも出来ません。
乗り替わる「浜中J」もこのレース0--0--0--8と馬券圏内がありません。

不良馬場のG1「菊花賞」を勝っている8「キセキ」も2戦連続で馬券圏内を外していますし、出遅れ癖や気の悪さを見せ始めていますから、こちらも強く推せません。

そうして見ていくと、どの馬からでも入れそうに見えますから、馬券は割れそうに思われます。
どこまで信じて買えば良いのか?正直迷う処です。

ならば騎手で「穴馬」を・・・・探してみよう。
と思ったのですが、2「エタリオウ」騎乗の川田Jも天皇賞春では0--0--0--9と乗れていません。

関西に来れば別人のように活躍する「横山典J」ですが、こちらはG2「日経賞」で勝っている5「ミッキースワロー」に騎乗しますから当然上位人気しそうです。

穴人気しそうな好枠1「モズベッロ」<ディーププリランテ産駒>、5「ミッキースワロー」<トーセンホマレボシ産駒>も祖父は<ディープインパクト>ですからどこまで走れるのか?は不明です。

今回の<穴馬候補>は、

6「スティッフェリオ」 北村友 ステイゴールド産駒
前に行ってどこまで粘り込んでくれるのか・・・・と思いますが、前走G2「日経賞」では復活の兆しが見えてきたようにも思われます。
小柄な(450K前後)馬で58Kは厳しいかもしれませんが、父ステイゴールドに似ているなら98年のように2着があっても良さそうです。


人気上位馬の中では、良馬場なら14「フィエールマン」ルメールを、雨が降り時計が掛かるなら8「キセキ」武豊を軸に考えていますが、当日まで迷いそうです。
競馬は迷っている時が楽しいのですが・・・・!


外出も出来ず、家の中に閉じ込められている現状ですが、「競馬」が行われている事が唯一の楽しみになっています。
関係者皆様のご苦労に感謝です。

また日々「新型コロナウイルス」と戦っていらっしゃる医療関係者の皆様には頭が下がる思いです。
「ありがとうございます」






マイラーズC 2020

2020「マイラーズC」                           <2122>

G1戦の中休みとなる今週のメインは、G2「マイラーズC」が京都競馬場で行われます。

長かった中山・阪神に替り中央場所は東京・京都が開幕です。
G1「安田記念」の前哨戦に位置づけされるレース、昨年の古馬マイルG1「安田記念」、「マイルCS」両レースを制覇した1「インディチャンプ」がここに登場します。

今年の始動戦はG2「中山記念」でしたが、4番人気の支持で4着、そろそろ上げていかなければならないようです。
しかしこのレースで58Kを背負った馬の成績は0--0--0--6、馬券圏内に着ていません。

強いことはG1連続制覇でわかっていますが、なかなか難しい判断となりそうです。

昨年の3連単馬券は¥4,680、一昨年が¥7,060、17年が¥12,430と3年連続堅く収まっていますが、16年は3--5--11番人気で決着し、¥281,010と荒れています。

今年がどちらのタイプになるのか?まずこの辺りの判断が必要でしょう。

出走メンバーも12頭と少なく、上位人気馬と下位人気馬の実力差もありそうですから、「大荒れ」はなさそうに思われます。

京都競馬場は(C)コースを使ってレースが行われます。
19年が1.32.6
18年 1.31.3(R)
17年 1.32.2
16年 1.32.6
今年もこのあたりの時計になりそうです。

2「ランスオブプラーナ」が逃げそうな気配、平均ペースを想像して良さそうです。
前目に付けて、もう一脚使えるタイプが良いのでしょう。

いつもなら無理やりでも<穴馬候補>を挙げるのですが、今回は上に書いたように下位人気馬で魅力のある馬がいません。
従って<穴馬候補>「無し」としておきます。

ただし、3連単馬券では上位人気馬の組み合わせを少しひねって買ってみようと思います。



G3「福島牝馬S」

こちらはG1「ヴィクトリアマイル」を目指す馬の最終切符獲得戦。
昨年は固く収まりましたが、16年15--1--13人気¥735,970、15年3--9--13人気¥599360と「大荒れ」もあるレース。

今年は4歳牝馬1「エスポワール」が人気に推されそうですが、過去のデータから4歳馬の勝利は10年間で1--5--3--59となっており、なかなか難しそうです。

5歳馬が6--5--4--36、と圧倒していますが、今年はどうなるのでしょう?
昨年の覇者11「デンコウアンジュ」も連覇を狙って登場します。

16頭フルゲートでの戦いですから、面白そうです。
このレースの特徴は、まず馬番。
10年間の優勝馬はすべて馬番8番まで、6番が4勝、8番2勝しています。

また前走G3「中山牝馬S」組が9勝していますから、条件的には内枠に入った5歳馬、前走G3「中山牝馬S」組ということになります。

残念ながら今年は条件を満たす馬がいませんね。
4歳馬ですが、
1「エスポワール」 池添

2「フィリアプーラ」 丸山
には注目してみましょう。

さて<穴馬候補>ですが、

6「カリビアンゴールド」 6歳牝馬 54K 秋山
前走G3「中山牝馬S」では7番人気、1.5差15着と大敗しています。
2走前(L)「洛陽S」では稍重馬場で1番人気2着していましたので、こなせると思っていたのですが、不良馬場では全く粘れませんでした。
福島芝コースはマイル戦を走れるようなタイプが「穴馬」になりますから、年齢を無視しても狙ってみたい処です。

その他の「穴馬候補」は内枠に入った馬すべて・・・・と思っていますので、2枠2頭や、4枠2頭にも注意しています。


今年は「日本ダービー」も無観客レースとなりそうで、さみしい限りです。
それでも競馬が開催されている事に感謝です。

また「コロナウイルス」と戦っている医療関係者の皆様にも厚く御礼申し上げます。
一刻も早い終息を祈ります。

笑顔で競馬を楽しめる日が早く来て欲しいですね。





| NEXT≫

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ