銀龍老人の3連単命!
FC2ブログ

フェブラリーS 2019

2019「フェブラリーS」                  <2058>

2019年G1幕開けは例年通り「フェブラリーS」から始まります。

真冬のダート頂上決戦に良いメンバーが揃いました。
11「コパノキッキング」にG1初となる女性騎手「藤田七菜子」を迎え、話題性も十分です。

今年は馬券的にも面白くなりそうですから、しっかり見て行きましょう。

ルメール・M・デムーロの両外国人騎手VS日本人騎手も十分見ものとなりそうです。

上位人気には
3「ゴールドドリーム」 6歳 ルメール

6「インティ」 5歳 武豊

14「オメガパフューム」 4歳 M・デムーロ

11「コパノキッキング」 4歳 藤田七菜子

7「サンライズノヴァ」 5歳 戸崎

10「サンライズソア」 5歳 田辺

13「ノンコノユメ」 7歳 内田

辺りが推される事でしょう。
この7頭の実力差はそれほど感じませんから、どの馬が戴冠しても驚けませんね。

展開が上手く嵌った馬が勝利を掴む・・・・そのように思っています。

東京ダートマイル戦は特殊なコース、前に行く馬よりは後ろから構えた馬が直線弾けるイメージが強いのですが、今年は前に行きそうな馬もかなりの実力馬がいますので、どのような展開になるのか?

そこでも難しさが有る処に、上記名前を挙げた馬が7頭、馬券的にも面白そうです。

今回も<穴馬>となりそうな処を掲載しておきましょう。

2「ユラノト」 5歳 福永
G3「武蔵野S」が0.5差4着、前走G3「根岸S」が0.1差2着でしたから、人気に推されそうな11「コパノキッキング」と大きな実力差が有るとは思えません。

内枠を得ましたので、今回も前走同様の走りが出来そうです。

1「クインズサターン」 6歳 四位
G3「武蔵野S」0.2差2着、G3「根岸S」0.4差3着、2「ユラノト」と同じような成績を残しています。
前走G3「根岸S」と全く同じ枠番馬番にこの2頭が入ったように、既に前走イメージで競馬が出切る分も有利かと思われます。

ダートスタートの1400Mと違い、芝スタートの内枠はダッシュが効かない場合最後方に置かれる心配は有りますが、最短距離を走れる事、うまく捌けば内からの差しが効くコースと利点もありますから馬券に加えたいと思っています。

面白い、見どころたっぷりなレースを期待しましょう。


2019「小倉大賞典」

ハンデG3戦ですが、思ったほどは荒れないイメージが有ります。
それでも3連単馬券は2年連続で10万円を超えていますから、やはり一筋縄では行かないレースなのかも知れません。

6「マルターズアポジー」が57.5Kのトップハンデを背負いますが、やはりこの馬が逃げるのでしょうね。
そうなればスローペースは考えられない事になります。
どこまで同馬が先導するのか・・・・次第で差し馬有利、前有利が変わって来そうです。

人気処は、
3「タニノフランケル」 4歳 54K 川田

12「スティッフェリオ」 5歳 57K 丸山

2「エアアンセム」 8歳 57K 吉田隼

8「マイスタイル」 56K 田中勝

辺りが占めるのでしょう。

冬場の小倉芝コースは思った以上にスタミナが必要です。
近年の同レース活躍馬が、2400MのG2「京都大賞典」で活躍している様に、その辺りの距離まで走れるタイプが良さそうです。

ここも<穴馬>となりそうな処を掲載しておきましょう。

7「ブラックスピネル」 6歳 57K 三浦
前走東京OP「白富士S」を逃げ切りで勝利、今回は前走より1K斤量が重くなりますが、距離を延ばして結果を残した事は大きな成長と思えます。
また馬体重が500Kを越えている馬が活躍していますので、この馬に向きそうな条件かも知れません。

10「ケイティクレバー」 4歳 54K 秋山
3歳時出世レースと呼ばれている「若駒S」を勝っている馬ですが、未だ出世出来ていません。
やっと前走で1600万を勝ち上がって来ました。
逃げ・先行を主戦法としていますから、上手く粘り込めれば馬券圏内を確保するのでは・・・と思っています。

ペースが速くなりそうなだけに、差し馬を推薦したい処ですが、
11「ナイトオブナイツ」 6歳 56K 古川
で届くのかどうか?・・・・嵌れば・・・・と言う条件付きですね。


2019「京都牝馬S」

1400Mに距離を短縮されてからは比較的堅いレースとなりました。

人気上位馬をしっかり押さえながら少しだけ<穴馬>を・・・の考えで良いでしょう。

17「カラクレナイ」 5歳 松山
京都最終週だけに外枠が不利になる事も無さそうですから、1400Mに距離を延ばしてその差し脚が活きるようなら面白いのかも知れませんね。

人気にはなるでしょうが、11「ワントゥワン」の追込みは脅威かも知れません。


2019「ダイヤモンドS」

ハンデG3のマラソンレースですが、10頭と小頭数になりました。

<穴馬候補>としては7歳馬ですが51Kと軽量、戸崎J騎乗の「ララエクラテール」を馬券に加えようと思っていますがどうでしょうね。

10「ユーキャンスマイル」の信任投票かと思われますが、逆らわない方が良いのかも知れません。

同枠に入った9「グローブシアター」共々、枠連で狙うのも面白そうです。


寒さもピーク、暖かくして競馬を楽しみましょう。
懐が温かくなればベストですが・・・・・!





スポンサーサイト

京都記念 2019

2019「京都記念」                       <2057>

今週末、猛烈な寒波が列島をスッポリ覆いそうです。
昨年も小倉競馬が雪で順延となりましたね。
果たして競馬が順調に行われるのかどうか?

そこから心配をしていかなければならないようです。

G2「京都記念」12頭、牝馬G3「クイーンC」9頭、G3「共同新聞杯」7頭
出走頭数が少ないですね。

G2「京都記念」から見て行きましょう。

出走12頭中、これは馬券にならない・・・・と思われる馬が4頭いますから、実質8頭立てと見て良いでしょう。

こうなればまず<高配当>は望み薄・・・と思われますが、上位人気に推されそうな馬は意外に序列が定まらない様にも感じます。
1番人気馬から6番人気馬辺りまではどの馬が優勝しても可笑しくは無さそうですね。

しかもこのレースは外国人騎手が不在となってますから、面白そうにも思えます。

2「ノーブルマーズ」 6歳 56K 高倉

7「パフォーマプロミス」 7歳 57K 福永

8「ダンビュライト」 5歳 56K 松若

10「ステイフーリッシュ」 4歳 56K 藤岡佑

11「タイムフライヤー」 4歳 55K 和田

12「マカヒキ」 6歳 57K 岩田

馬番順でこの6頭が人気を集めるのでしょう。

3着までをこの馬達が占める・・・・と考えるなら3連単馬券は120点張りで的中馬券にありつけますが、人気馬が上位に来れば確実に「トリガミ」となります。

少し時計が掛る今の京都芝コースならやはり<ステイゴールド産駒>の2頭
10「ステイフーリッシュ」

7「パフォーマプロミス」
が有力馬として推されるのでしょう。

<ディープインパクト産駒>の12「マカヒキ」がここで復活するのかどうか?ですが、頭数も少ないレースですから、差し込める可能性は有りそうですね。

上記6頭の中では比較的人気を落としそうな、
4歳馬11「タイムフライヤー」

と5歳馬8「ダンビュライト」の2頭に注目してみます。

「頭」まではどうか?の心配は有りますが、馬券に絡んで欲しい処ですね。


2019「共同通信杯」

4「アドマイヤマーズ」がここから始動します。
ここまで4戦全てがマイル戦でしたので、距離がどうか?の心配が有るようですが、ここまでに見せているパフォーマンスが違いすぎる感じを受けます。

6「クラージュゲリエ」、1「ダノンキングリー」がどこまで戦えるのか?
しっかり見届けるレースでしょう。

万一馬場が相当悪化するようであれば3「ナイママ」がとも考えますが、果たしてそこまで時計が掛る馬場になるのかどうかでしょう。


2019「クイーンカップ」

9「クロノジェネシス」 北村友

6「ビーチサンバ」 福永

の上位2頭の評価は微妙ですが、揃って馬券圏内を外す事はまず考えられません。
ここも頭数が少ないですから、馬券を離れて楽しむレースなのかも知れませんね。


今週末から冬の小倉競馬が始まります。
例年開幕週は<大荒れ>も有りますから、「穴党」の方はこちらで楽しみましょう。

<夏は牝馬>と競馬格言で言われますが、<冬も牝馬>が小倉では活きます。
迷った時の最後の1頭は是非「牝馬」を・・・・お勧めします。

立春を過ぎ、ここから3月初め辺りが寒さのピーク、暖かくして競馬を楽しみましょう。




東京新聞杯 2019

2019「東京新聞杯」                   <2056>

あっと言う間に1月も終わり、カレンダーは2月になっています。
天気の良い日はまるで「春」を思わせる光が差し込みますが、一転雲に覆われると寒風が電線を鳴らして吹きすさびます。

中央競馬のレース名を見ていると、「春近し」を感じますが、まだまだ寒い日が続くのでしょう。
インフルエンザも猛威を振るっているとの事ですから、皆様お体大切にしてください。

さっそくマイルG3戦「東京新聞杯」を見て行きましょう。

強い明け4歳馬と古馬がぶつかります。
当然人気は4歳馬が占めると思われますが、はたしてどうなのでしょう?

昨年は3--5--2人気、一昨年は3--5--1人気で決着。
大荒れとはなりませんでしたが、過去には大荒れとなった年もあるレースです。
直近10年では1番人気の勝利が無いレース。少し楽しみも有りそうです。

ルメールJ騎乗の5「タワーオブロンドン」、福永J騎乗の2「インディチャンプ」が1・2番人気に推されそうです。

その他の4歳馬15「レイエンダ」も上位人気に推される事でしょう。

対する古馬陣ではG3「富士S」優勝の10「ロジクライ」、昨年当レース2着のG1馬「サトノアレス」が当然人気になって良さそうです。

馬券に絡みそうもない馬も数頭いるように感じますから、実質は9~10頭辺りが馬券圏内と思われます。

そうなればやはり今年も<大荒れ>は期待薄かも知れませんね。
人気薄の馬が1着にでも来ない限り<高配当>とは行かないのかも知れません。

今回も<穴馬>となりそうな処を掲載しておきます。

強い4歳馬が5頭出走しますが、その内の3頭は上位人気となりそうです。
ならば残る2頭、

11「ジャンダルム」 4歳 56K 武豊
昨年はG2「弥生賞」で0.3差3着、続くG1戦2戦は見せ場も有りませんでした。
昨秋はG3「富士S」0.7差7着、G1「マイルCS」16着と大敗しています。

それ以来の出走となりますから、よほどの成長力を見せなければ馬券圏内は苦しそうです。
今回は騎手「武豊」で買って見たい処でしょう。
当レース、2018年は「リスグラシュー」で優勝、2017年は「エアスピネル」で3着、今年も1月からのスタートダッシュが見事でした。

マイル戦連続3戦目で、少し時計が掛る馬場ならあるいは変わり身が見られるかもしれません。

3「テトラドラクマ」 4歳牝馬 54K 田辺
昨年2月、今回と同じ東京マイルG3「クイーンC」で1着、その後G1「NHKマイルC」では3番人気に推されましたが14着大敗しました。
秋の復帰戦東京1400M「オーロC」も6着と掲示板を確保出来ませんでしたが、33.8秒の末脚は使えていました。
冬場の時計が掛る状態こそがこの馬の得意舞台なら馬券圏内突っ込みも期待できるかもしれません。

古馬陣からは、
6「レッドオルガ」 5歳牝馬 54K 北村友
栗東所属の馬ですが、直近5走の内4走までが関東圏内での競馬、2走前東京マイル「紅葉S」で1600万を勝ち上がりました。

今回は鞍上が北村友Jに替わりますが、昨年90勝を挙げ6位、今年も既に11勝と絶好調です。中京で500万クラスを勝ち上がった時が同騎手でしたので、乗り替わりの心配は無さそうです。
牝馬54Kの斤量を活かし切れるようなら面白い存在のように感じます。


当日の馬場状態が気になりますが、近頃の東京マイルはスローな流れが常態化しています。

12「ショウナンアンセム」が逃げ、10「ロジクライ」が続くような競馬になれば、横山典Jが絶好位を活かしそうな気もしますね。


2018「きさらぎ賞」

頭数が8頭と少なくなりました。
出走各馬はここで賞金を積み増して、今後のローテーションの選択肢を広げたい処でしょう。

小頭数ですがかなりな激戦となるように思います。

8頭ですから<穴馬>とまでは行きませんが、魅力のある1頭を挙げておきましょう。

昨年12月28日、阪神未勝利芝1800Mを勝った8「メイショウテンゲン」
出遅れから内目を追走し、3・4コーナーで外に出しました。
直線ふらふらと内目に行きそうになったのですが、そこから追われると外・外と進路を採り差し切ました。
新馬戦を含め4戦の上がり3Fタイムはメンバー中1位が3回、2位が1回。
まっすぐ走ることが出来ればどこまで伸びるのか?
池添Jに戻り切れ味を見せて欲しいものです。


中京競馬は早くも最終週となりますね。
しっかり見極め、穴馬券を狙って行きましょう。





シルクロードS 2019

2019「シルクロードS」                     <2055>

今週から東京競馬が始まります。
開幕週はG3「根岸S」が行われます。
また中京競馬では牝馬G3ハンデ「愛知杯」と今週はG3が3戦行われます。

まず京都G3ハンデ「シルクロードS」から見て行きましょう。
G1「高松宮記念」に直結しそうな好メンバーが揃いました。

人気は前走同じく京都G3「京阪杯」で強い勝ち方を見せた2「ダノンスマッシュ」、昨秋中山G1「スプリンターズS」2着の10「ラブカンプー」の両馬に集まりそうですが、今回はハンデ戦。

思わぬ伏兵馬の好走も考えに入れる必要が有りそうです。

いつものように<穴馬>となりそうな処のみ記載しておきましょう。

1「ナインテイルズ」 8歳 56K 福永
G3「京阪杯」0.3差2着、前走OP「淀短距離S」1着、その前走で下した16「アンヴァル」が人気に推されるなら、この馬も圏内と見て良さそうです。

G3「京阪杯」では4角15番手からの追込み、前走は7番手辺りからの競馬を見せています。
少し時計が掛る今の芝コースで展開が嵌るようなら面白そうです。

9「ペイシャフェリシタ」 6歳牝馬 54K 三浦
洋芝札幌G3「キーンランドC」の時計を除けば、いつも1分7秒台と同じような時計で走れています。
中山巧者のイメージが有る馬ですが、初の京都でどのような走りを見せてくれるのか?楽しみは有ります。
少し時計が掛る馬場もこの馬向きな気がします。

6「ラインスピリット」 8歳 56.5K 森一馬
軽く速い馬場向きな気もする馬ですが、G1「スプリンターズS」0.1差3着は実力が無ければ無理な話でしょう。
同馬を知り尽くしている「森一馬」Jに手が戻る事も追い風となりそうです。

ハンデ戦ですから面白いレースになって欲しいですね。


2019「根岸S」

G1「フェブラリーS」近しを感じさせますね。

人気は東京なら確実に追い込める12「サンライズノヴァ」、3連勝中の11「コパノキッキング」に集まりそうです。

それに続くのが前で戦える2「ユラノト」や16「マテラスカイ」と思われます。
前の組が有利なのか?それとも追い込む馬が差し切るのか?

見応えのありそうなレースでしょう。

<穴馬>を探してみたのですが、これと言った馬が見当たりません。
同コース得意な、
10「レッドゲルニカ」 6歳セン馬 56K 蛯名

3「サトノファンタシー」 6歳 56K 岩田
辺りに目が行くのですが、ここでは実力が少し落ちるような気もします。

少しだけ馬券に加える程度でしょうね。


2019「愛知杯」

牝馬G3ハンデ・・・・と聴いただけで「荒れそう」な匂いがします。

今年はC・ルメール、M・デムーロがここに参戦。
当然この2頭に人気が集中するのでしょう。
両立するようなら「低配当」確実ですが、さすがにハンデ戦なら両立は難しいかもしれません。

<穴馬>候補としては、
6「レイズアベール」 5歳 50K 秋山
1000万クラスを勝ち上がったばかりですが、調子は良さそうです。
斤量50Kもかなり魅力的に映ります。

14「キンショーユキヒメ」 6歳 54K 吉田隼
牝馬戦なら十分可能性が有りそうに思われます。
中京2000Mの実績も有りますから、面白そうに思います。

12「エテルナミノル」 6歳 55K 四位
昨年当レースの優勝馬、今年も出走している2「レイホーロマンス」を見ても解るように、このレース独特の「リピート馬」になりそうな気もします。
トップハンデとなる斤量55Kだけが問題でしょう。


寒い盛りの競馬となりますから、せめて懐でも温めて欲しいものですね。
頑張りましょう。




 

アメリカジョッキークラブC 2019

2019「AJCC」                   <2054>

週末のお天気は少し寒さが緩みそうです。
3日間競馬の後ですから、土曜日の来るのが少し早く感じますね。

今週から中京競馬も始まり、開幕週はG2「東海S」が行われます。
1着馬にはG1「フェブラリーS」の優先出走権が与えられますから、2月もすぐ近くに思えます。

中山G2「AJCC」から見て行きましょう。
春のG1目指し始動するには少し早い気もしますが、前年のG1「菊花賞」馬がここから始動します。

4「フィエールマン」がルメールJを背に1番人気に推されそうですが、わずか4戦したのみの馬、3--1--0--0の成績は素晴らしいのですが、果たしてどのような結果となるのか?
半信半疑とも思えます。

前年のクラシック全てを走った明け4歳馬1「ジェネラーレウーノ」もここを始動戦に選択しました。

この2頭が上位人気を分け合いそうですが、中山得意な古馬陣も虎視眈々と狙っている事でしょう。

頭数が11頭と少なくなりましたので、大穴狙いは出来ないでしょう。
それでも連複圏内に着そうな<穴馬>を掲載しておきましょう。

頭数が少ない時に限り狙ってみたいのが、「追込み馬」です。
18頭フルゲートの時には最後方を進んでいて届かない・・・・しかし頭数が少なく、4コーナー坂下で一旦団子状態になる中山コースなら、あるいは届くのかも知れません。

このタイプなら、
10「メートルダール」 6歳 56K O・マーフィー

9「ショウナンバッハ」 8歳 56K 三浦
の両頭を選択したい処です。

また前に行って粘り込むタイプが有利になるようなレースなら、中山芝2200M得意(3--0--1--1)な、
6「ミライヘノツバサ」 6歳 56K 北村宏
がそろそろ復活しそうにも思えます。

「大荒れ」は無さそうですが、<小波乱>に期待してみます。



2019「東海S」

未勝利戦から現在5連勝中の、
4「インティ」 5歳 56K 武豊
が人気に推されることでしょう。

ここまでの成績は「強い」の一言ですが、それはあくまで「条件戦」
1600万を勝ったばかりの馬が<G2>挑戦で1番人気・・・・少し心配も出て来そうです。
ただし、ダート馬は「負けるまで買え」も競馬の鉄則・・・・馬券には必要でしょう。

このレースも2・3着に人気薄が突っ込んでくる可能性が高いレース。

明け4歳馬の、
3「チュウワウィザード」、5「スマハマ」には一目おく必要が有りそうです。

<穴馬>を探して行きましょう。

このレースも「リピート馬」の活躍が目立ちます。
10「コスモカナディアン」 8歳 56K 丸山
昨年当レース13番人気、0.1差2着に着た馬です。
その後馬券圏内に着たのは1回のみですが、順調に使われ「大敗」していません。
得意な条件に戻ればあるいわ・・・・も考えられるでしょう。

11「マイネルバサラ」 6歳 56K 吉田隼
上記馬と同じく、前走阪神「ペテルギウスS」で、こちらは2着しています。
その前までは秒単位での敗退を繰り返していた馬が変身したように感じます。

比較的前に行ける脚も有り、条件が整う今回、頑張って欲しい処です。

こちらは<中波乱>を期待したいと思います。

お正月気分もすっかり抜け切り、本格的な寒さを迎えますが、
「勝組競馬<奇跡の方程式>」は素晴らしいスタートを切りました。
ここまで重賞6レース中5レース的中、このままのスピードで突っ走りたい処ですね。

頑張りましょう!





| NEXT≫

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ