銀龍老人の3連単命!
fc2ブログ

優駿牝馬(オークス) 2024

2024「オークス」

3歳牝馬第2冠目は東京芝2400Mで行われるG1「オークス」

桜花賞優勝馬7「ステレンボッシュ」の2冠なるかどうか?楽しみです。

G1「桜花賞」2着馬はG1「NHKマイルC」でも2着していますから、「桜花賞」のレベルはやはり優秀だったようです。

今回は「桜花賞」1・3・4着馬が登場、0.1差3着だった14「ライトバック」
0.2差4着、13「スウィープフィート」は「桜花賞」でも素晴らしい末脚を見せていましたので、距離が延びる今回期待できるかもしれません。

「桜花賞」以外の別路線からここに挑む面々もなかなか優秀なように思えます。

中山G3「フラワーC」1・2着から「桜花賞」を見送りここに直行の1「ミアネーロ」、8「ホーエリート」

トライアル戦G2「フローラS」1・2着、10「アドマイヤベル」、9「ラヴァンダ」は東京芝2000Mを経験済み、
特に10「アドマイヤベル」は東京芝2000Mを3戦経験しているアドバンテージが有りそうな気もします。

他にも阪神「忘れな草賞」優勝馬17「タガノエルピーダ」、2歳G1「阪神JF」で1番人気に支持された15「サフィラ」なども見直さなければ危険かもしれませんね。

日曜日の東京競馬場周辺は天気予報が「晴れのち雨」、いつ頃から雨が落ちてくるのか心配ですが、レースが行われる頃までに降ってこないよう期待します。

逃げたい馬は数頭いそうですが、どの馬が前に行っても全馬未知の距離を戦う訳ですからハイペースにはならないでしょう。
ミドルペースを想像しています。

今回も私が<気になっている馬>を挙げておきましょう。

G1「桜花賞」組からは、上位3頭、
7「ステレンボッシュ」 戸崎 エピファネイア産駒
最長距離が札幌新馬戦の1800M、当然2400Mの経験はありません。
父<エピファネイア>、母父<ルーラーシップ>共に距離に問題は無く、距離が延びる方が良さそうな血統とも思えます。
終わってみれば「桜花賞組」はよく言われるフレーズですから、外す訳にはいかないでしょう。

14「ライトバック」 坂井瑠 キズナ産駒
G1「桜花賞」の上り3Fは最速32.8、4角最後方から追い込みました。
他馬が止まって見えるような末脚でしたので、距離さえこなすようなら一番怖い馬に思えます。
桜花賞の着差が0.1差、2400Mで同じ脚が使えるようなら逆転候補の1番目でしょう。

13「スウィープフィート」 武豊 スワーヴリチャード産駒
G2「チューリップ賞」で優勝、「桜花賞」でも期待したのですが0.2差4着でした。
上記14「ライトバック」とは(L)「エルフィンS」、「桜花賞」と2度戦い先着できませんでしたので、距離が延びる今回果たしてどうなるか?
血統的に<サンデーサイレンス>の血を18.75%持っていますから距離の心配は無いと思っていますが・・・・。

12「チェルヴィニア」 ルメール ハービンジャー産駒
G1「桜花賞」で4番人気に支持されましたが1.2差13着と惨敗、18番大外枠も応えたと思われます。
ルメール騎手に戻る今回、G1戦なら必ず絡んでくるルメール騎手ですから仕切り直しで期待ですね。
血統的にも距離が延びるのは歓迎かと思っていますから馬券に加えるつもりです。

<穴馬候補>

5「コガネノソラ」 石川裕 ゴールドシップ産駒
未勝利戦勝ち上がりから(L)「スイートピーS」まで3連勝中です。
今回3勝馬は7「ステレンボッシュ」とこの馬のみ、1800M戦を数回経験しているのもアドバンテージかもしれません。
母父<ロージズインメイ>ですからダート戦でも走れそうな血統、バテないような血統ですから乱戦になった時、その強みが活かされそうな気がします。

1「ミアネーロ」 津村明 ドゥラメンテ産駒
G3「フラワーC」から「桜花賞」を見送りここに備えてきたように思われます。
先週14番人気馬を優勝に導いた「津村明」騎手にもツキを感じますから人馬一体で期待できそうな気がします。
ここまで3戦全てが中山芝ですから東京に替わってどうか?は心配ですね。
先行馬の直後辺りから競馬をしていますから、この内枠を利してガマンできるようなら面白そうですが・・・・?

3「エセルフリーダ」 武藤雅 キタサンブラック産駒
東京芝2000Mで未勝利勝ち、1勝クラスは中山芝2000Mで勝っています。
<キタサンブラック産駒>ですから、距離の心配は全く無く、末脚もまずまずの切れを見せていますから「あるいは」があるかも知れません。人気も無さそうに思われますので少し馬券に加えたいと思っています。



G3「平安S」

良馬場で行われそうです。
京都ダートはパワーよりスピード優先、乾いたダートでもスピードが優先されそうです。

ここは<気になっている馬>のみ挙げておきます。
8「スレイマン」 6歳 57K 斉藤新

6「ハピ」 5歳 57K 菱田裕
芝からダートに戻して、そのスピードを活かしてくれそうな・・・。

<穴馬候補>
14「オーロイプラータ」 4歳 鮫島克
伸び行く4歳馬、頑張って欲しいですね。


5月も中旬になってきましたが、温度差が結構大きくなっています。
体調には気を付けましょう。





スポンサーサイト



ヴィクトリアマイル 2024

2024「ヴィクトリアマイル」

春のG1シリーズが続きます。
今週のメインは東京芝マイル牝馬G1「ヴィクトリアマイル」、良馬場ならかなりのスピード競馬が楽しめそうです。

さっそく見ていきましょう。
今回人気に推されそうな処は、
昨年秋京都G1「マイルCS」優勝馬、海外帰りの10「ナミュール」5歳牝馬(武豊)

G2「阪神牝馬S」優勝からここに挑む、「マスクトディーヴァ」4歳牝馬(モレイラ)

同じくG2「阪神牝馬S」0.1差2着からの5「ウンブライル」4歳牝馬(川田)

この辺りが上位人気しそうです。

10年間1番人気の成績は2--2--1--5、複勝率50%は少し気になる数字ですね、信じて良いのかどうか?

牝馬戦ですから過去には<超大万馬券>も飛び出しています。
大きな配当が飛び出す可能性は十分あるレース・・・と認識しながら予想したいものです。

今週から芝コースが(B)コースとなります。
前週の3歳G1「NHKマイルC」とは少し傾向が変わって来るかもしれません。

10年データから<脚質>を見ると、
逃げ 1--0--1
先行 2--3--3
差脚 7--6--5
追込 0--1--1
優勝馬の大半は「差し」、後馬券になっているのは前で戦った馬が有利なようです。

今年レースを先導しそうな馬は、前走G1「大阪杯」で逃げた3「スタニングローズ」(西村淳)、
前走中山G3「中山牝馬S」で逃げ切り優勝の4「コンクシェル」(岩田望)、辺りとなりそうですが、どちらも強力な逃げ馬とも思えませんから、どちらの馬かが前を主張すれば落ち着きそうです。
ペースはミドルペースと見て良さそうですね。

有力各馬は差しでも追い込みでも結果を残していますから、ペース次第の位置取りで戦いそうです。

気になるのは<枠番>、データから見ると
3枠--5勝、2・7枠--各2勝、6枠--1勝、かなり極端な数字が出ています。
3枠5番に入った川田騎手騎乗の「ウンブライル」は絶好の枠番、また馬番5番も3勝していますから超好枠と言えますね。

今回も私が<気になっている馬>を挙げておきましょう。

初めに挙げた上位人気確実な3頭、
10「ナミュール」 5歳 武豊 ハービンジャー産駒

6「マスクトディーヴァ」 4歳 モレイラ ルーラーシップ産駒

5「ウンブライル」 4歳 川田 ロードカナロア産駒
ここはやはり馬券から外せないと思っていますが、この内2頭同時に馬券になるかどうかは疑問かもしれません。

次は逃げそうな前で戦える2頭、
3「スタニングローズ」 5歳 西村淳 キングカメハメハ産駒

4「コンクシェル」 4歳 岩田望 キズナ産駒
G1「秋華賞」優勝馬と3勝クラス⇒G3優勝、連勝中の上り馬、どちらも十分魅力的に映ります。

最後は隊列が短くなった時の「ボッチ作戦」が嵌りそうな、
13「モリアーナ」 4歳 横山典 エピファネイア産駒

<穴馬候補>
横山琉人騎手が完全に手の内に入れている、
14「フィールシンパシー」 5歳 横山琉 ベーカバド産駒
前走が福島G3「福島牝馬S」でタイム差無し2着、3勝クラスを勝ち上がった時が東京マイル戦でした。
その時の時計が1.31.9でしたので23年・22年の勝ち時計1.32.2よりは速く、時計が速かった21年1.31.0の時でも6着相当の時計を叩き出していますから、ここは要注意でしょう。
少し馬券に加えてみます。

日曜日の天気予報では雨が落ちてきそうですが、レース時間までは大丈夫そうですから、スピード競馬を楽しめそうです。


G2「京王杯スプリングカップ」

23年 1.20.3  22年 1.20.2
21年 1.19.8  20年 1.19.8
馬場が良ければこの辺りのタイムが要求されます。

前走距離で見れば、
1200M 6--3--3  G1「高松宮記念」 6--3--3
1400M 0--2--1
1600M 4--5--6  G3「ダービー卿CT」 2--2--2、 G3「東京新聞杯」 1--2--1、 (L)「洛陽S」1勝

10年間データから、1番人気3--0--0、2番人気3--3--3、5番人気以内で9--4--6
となっています。

軸馬には2番人気馬を据えた方が良さそうな気もしますから、ここは当日の人気を見てから考えようと思っています。
前走1400Mが以外にも未勝利、面白いですね。

人気に推されそうな1「トウシンマカオ」、15「ウインマーベル」が結果の出ていない最内枠、最外枠を引きましたので、少しきな臭い匂いもしてきましたね。
小波乱を期待したい処です。

朝と昼間の気温差が大きくなっています。
絶好の競馬日和となりそうですから体調管理は万全を期したいものです。
頑張りましょう。





NHKマイルカップ 2024

2024「NHKマイルC」

連休も後半に入ってきます。
今週のメインは3歳マイルG1「NHKマイルC」

今年は2歳G1「阪神JF」優勝馬で、G1「桜花賞」1番人気に支持され0.1差2着の14「アスコリピチェーノ」(ルメール)、
2歳G1「朝日杯FS」優勝馬で、G1「皐月賞」3番人気0.1差3着の16「ジャンタルマンタル」(川田)
が揃って出走します。

乗るだけで人気になる両騎手がすでにG1戦を勝っている馬に乗る訳ですから当然人気に推される事でしょう。
一騎打ちムードが高まりますが、両立するようだと馬券的な魅力は半減します。
何とか他の馬にも頑張って欲しい処です。

過去10年間のデータから二つだけ選んで見ておきましょう。

まず<枠番>
1~4枠 2--5--4
5~8枠 8--5--6
優勝馬は外枠が圧倒しています。2・3着はほぼ同じ感じです。
上記人気に推されそうな処は7枠、8枠ですから、良い枠に入ったようです。


次が<前走レース>、(前が当レース着順、後ろが前走レース着順)
G1「桜花賞」 2・2・1・1  15・2・5・4  (例 前走桜花賞15着の馬が当レースで2着)

G1「皐月賞」 1・2・1・3  4・8・5・15

G2「NZT」  1・2・2・1・3・3  3・2・2・2・3・5

G3「アーリントンC」 3・1・3・3・3・3・1  1・1・11・2・2・3・1

G3「ファルコンS」 3・1  2・2

G1戦からの転戦馬は着順に関係なく馬券に絡んでいるように思われます。
どちらのレースも前走15着からでも馬券になっています。

トライアル戦G2、G3戦からはやはり前走まずまずの着順でなければここでは苦しいようですね。(例外もありますが・・)

この辺りが今回データから考察できる範囲では・・・と思っています。

馬券的には両人気馬が両立しないような買い方をする予定ですが、連複圏内狙いでは少し人気薄も狙ってみたい処です。

今回私が<気になっている馬>を挙げれば、

9「キャプテンシー」 デムーロ モーリス産駒
前走G2「NZT」で2番人気に支持され16着惨敗、逃げ馬が逃げられなかった時に見られる現象です。
今回は馬番9番を得ましたから、上手く先手を取れるようなら見直しが出来そうに思われます。
直線の長い東京マイルコースですが、ペースが落ち着くようなら圏内に残れる実力は有りそうです。

2「ノーブルロジャー」 松山 Palace Malice産駒
G3「シンザン記念」優勝馬、前走G3「毎日杯」では1.0差2着に敗れていますが、逃げ馬の直後に付け粘り込みました。
道悪の巧拙が着差に出たようにも思えましたから、良馬場で改めて期待したい馬に思えます。
松山騎手も今週が復帰戦、人馬とも頑張って欲しい処です。

3「ディスペランツァ」 鮫島克 ルーラーシップ産駒
G3「アーリントンC」優勝馬、1番人気に応えて勝ち切りました。
新馬戦から4戦続けて芝2000Mを使ってきていますが、直近2走がマイル戦。
距離を短くして良さが出たように思われますから、ここも面白そうです。
左回りの経験が有りませんから、そこは少し心配ですが、末脚はなかなか魅力的な馬ですから期待します。

1「ダノンマッキンリー」 北村友 モーリス産駒
芝1400Mで3勝、前走G3「ファルコンS」が4角14番手から鮮やかに追い込み優勝しました。
最内枠に入りましたから、乗り方が問題になりそうですが、内から差してこれるような馬場・展開ならその末脚は脅威でしょう。思い切って後ろに構えるのも有りかも知れませんね。

5「ボンドガール」 武豊 ダイワメジャー産駒
G2「NZT」2着馬ですから、少し馬券に入れたいように思います。

この辺りが人気両馬に続いてくれれば「的中」に近づけそうですが・・・・。
上手く行ってくれることを願っています。


G3ハンデ「新潟大賞典」

長い直線外回りを使用してのレースですから、必然的に差し・追い込み馬に目が向きます。

今回のレースで私が<気になっている馬>の筆頭は、今村聖奈騎手騎乗の、
6「セルバーグ」 5歳 57K 今村聖 エピファネイア産駒
秒単位、二桁着順の2・3走前から、前走は立ち直り、10番人気3着しました。
暖かくなって成績を上げる馬のようですから、今回はもう少し期待できるかもしれません。
デビュー戦からほとんどがマイル戦、前走が初めての1800M戦でしたので、今回2000Mも当然初距離となります。
聖奈騎手の頭脳プレーに期待しましょう。

その他の馬からは、
4「デビットバローズ」 5歳 56K 横山典 ロードカナロア産駒
休み明けの前走(L)「大阪城S」でタイム差無し2着、今年に入り馬が変わってきた気がします。
横山典騎手が久しぶりに新潟騎乗する事でも期待感が見えてきそうですからここは狙ってみたいですね。

11「リフレーミング」 6歳 57K 丸山 キングヘイロー産駒
3月、3勝クラスを勝ち上がり、4月(L)「福島民報杯」も優勝、調子は間違いなく絶好調でしょう。
前走4角13番手から追い込んで優勝しているように一段と末脚に磨きがかかってきています。
今回は前走から2K増量さてた57Kになりますが58Kでも好走していますから問題ないでしょう。
期待します。


日曜日までは各地晴れが続くようですから絶好の競馬日和となりそうです。
頑張りましょう。





天皇賞(春) 2024

2024「天皇賞春」

今週のG1戦は長距離京都芝3200Mの「天皇賞春」
フルゲート18頭で行われます。

さっそく見ていきましょう。
昨年は久しぶりに京都に戻ってきましたが、今年も当然京都芝コース(A)で行われます。

データは京都で行われた2012年~2023年の10年間で見ていきます。(21年・22年は除外)

まず人気から、
1番人気 3--1--0--6
2番人気 5--0--2--3、  後は4番人気、14番人気が各1回優勝しています。

優勝は1・2番人気で8回、今年もまずこの辺りの人気馬は外せないところですね。

昨年のG1「菊花賞」優勝馬、12「ドゥレッツァ」、前哨戦G2「阪神大賞典」優勝馬14「テーオーロイヤル」
この辺りが1・2番人気に推されそうです。

12「ドゥレッツァ」は京都芝3000Mで行われたG1「菊花賞」を優勝していますから、コースの心配は無さそうです。
後1F(200M)を克服できるかどうか?古馬との戦いがどうか?、のみが問題でしょう。

それに対し、14「テーオーロイヤル」は阪神コースで行われた22年G1「天皇賞春」で1.2差3着していますが、京都コースの経験が全く有りません。
またG1戦の経験も2戦のみですし勝鞍も有りませんから実績では1枚落ちるのかもしれません。
ただし長距離戦の経験はどの馬より豊富ですし、結果も残してきていますから、やはり上位人気は当然でしょう。

この2頭は私の<気になる馬>に入れなければならないようです。

続きそうな人気馬は昨年のG1「日本ダービー」優勝馬、7「タスティエーラ」、今回はモレイラ騎手が騎乗します。

絶好の1枠1番を引き当てたレジェンド武豊騎乗の1「サリエラ」も当然人気上位に推されるでしょう。

京都競馬場周辺の天気はこの後「雨予報」は有りませんから、良馬場で行われそうです。

脚質を見ておきましょう。
逃げ 2--0--0
先行 4--7--4
差脚 3--3--6
追込 0--0--0
捲り 1--0--0
4角位置では5番手以内で8--8--6、となっていますから、まず前目に付けれれる事が優勝条件でしょう。
または4コーナーまでにこの辺りの位置に押し上げられる脚質が望まれます。

今年レースを先導しそうな馬としては、前走G2「日経賞」で逃げて0.2差4着に粘った11「マテンロウレオ」、横山典騎手が騎乗しますから、20年程前の大逃げ優勝馬「イングランディーレ」を思い起こされそうです。
昨年の当レース5着馬でもありますから・・・。

福島で芝2600M戦を逃げ切った10「サヴォーナ」のあるいは逃げの手に出るかもしれませんが、どうでしょうね?

有力馬が先行脚質ですから、どの馬が逃げるにしろ、緩んだペースにはならないと見ています。平均ペース辺りでしょう。

あとは私が<気になっている馬>を挙げておきましょう。

前哨戦G2「阪神大賞典」の2・3着馬、

4「ワープスピード」 5歳 58K 三浦 ドレフォン産駒
長い距離を選んで使われていますが、しっかり掲示板を確保しています。
理想的に位置取りが出来そうな内枠を得ましたので、ガマンが出来るようなら面白そうです。
4走前京都芝3000Mで3勝クラスを勝ち上がっていますからコースも心配ないでしょう。

5「ブローザホーン」 5歳 58K 菅原明 エピファネイア産駒
前走の馬体重が426K、小型馬ですが、長距離になれば小型の馬の活躍が目立ちます。
こちらも2走前、京都でG2「日経新春杯」を1番人気で優勝していますから、京都コースの心配は無さそうです。
前走が初めての芝3000M戦でしたが、0.8差3着と走っていました。
前走が力の要る稍重馬場でしたし、直線に坂も有りましたから上り3Fはメンバー中2位でしたが、平坦なコースでは確実に末脚を伸ばしていますから、良馬場になりそうな今回は期待できると思っています。

<大穴候補>としては、
15「メイショウブレゲ」 5歳 58K 酒井学 ゴールドシップ産駒
京都芝コースの長い距離なら走る傾向がある馬です。
位置取りが後ろからになりますから、流れる展開になって欲しい処ですね。
末脚はまずまず切れていますから、上手く追い上げられるかペースが上がるようなら圏内に届くかもしれません。
少し馬券に加えようと思います。

大荒れレースにはならないと見ていますが、2・3着辺りは少し人気が落ちている馬が来て欲しいですね。
(私の願望です・・・?)


東京3歳G2「青葉賞」

ダービーが近くなってきたようです。
今年もトライアル戦から良い馬が出てきて欲しいですね。

ここは私が<気になっている馬>のみ挙げておきます。

<キタサンブラック>の弟、
7「シュガークン」 武豊 ドゥラメンテ産駒

10「ウインマクシマム」 松岡正 キタサンブラック産駒

この2頭は前で戦える馬ですから、先行争いに巻き込まれなければ期待できるでしょう。

末脚が自慢の2頭、初来日「オシェア騎手」騎乗の、
9「ヘデントール」 オシェア ルーラーシップ産駒

6「フォスターボンド」 菅原明 キズナ産駒
こちらは人気薄確実と見ていますが、ここまでの3戦全てが上り3F33秒台ですから、
嵌るような流れになれば一発の期待が出来そうです。

この辺りの馬に注目してみます。

世間は連休の始まり、良い天気になって欲しいですね!
馬券も頑張りましょう。





マイラーズカップ 2024

2024「マイラーズC」

今週はG1戦が中休み、また中央場所が東京・京都に替わります。

京都開幕メインレースは古馬G2「マイラーズC」、さっそく見ていきましょう。

昨秋の京都G1「マイルCS」を3番人気、0.0差2着、14「ソウルラッシュ」松山と、
一昨年阪神で行われたG1「マイルCS」優勝、昨年の東京マイルG1「安田記念」0.2差2着、3「セリフォス」川田、
の一騎打ちムードと見て良さそうです。

馬券的には両者が並び立ってしまえば期待できませんが、どちらかが圏外なら何とか・・・・も有りそうです。
何とかなって欲しい方に賭けたい処ですが・・・・?

続きそうな人気馬としては、3月中山G3「ダービー卿CT」で大逃げを打ち2着した17「エエヤン」となりそうですが、開幕馬場でも直線が長い京都ではどうか?

それなら2年目すでに17勝を挙げている田口貫騎手騎乗の9「ニホンピロキーフ」、京都コースでは安定した末脚を見せていますから期待できそうな気がします。

まず17「エエヤン」を外した上記3頭を<気になっている馬>として挙げておきましょう。

その他の馬では、

8「トランキリテ」 5歳 57K 武豊 ルーラーシップ産駒
冬の京都マイルで2戦戦い、3勝クラス1着、(L)「洛陽S」0.0差2着していますから京都コースは得意、騎乗している武豊騎手も京都コースは「庭」と常々言っていますから期待できるでしょう。

13「セッション」 4歳 坂井瑠 シルバーステート産駒
前走中山のレースは横山武騎手、今回は坂井瑠騎手に手が戻ってきます。
関西の主戦騎手に育ってきた坂井瑠騎手ですから、ここは見せ場以上を期待しても良さそうに思われます。
G3「京都金杯」では先行策で0.1差2着、開幕週の絶好馬場なら面白そうです。

10「コレペティトール」 4歳 57K 岩田康 ジャスタウェイ産駒
こちらは年初G3「京都金杯」を8番人気で勝利、今回は54K⇒57Kに3K斤量増量されますから同じ脚が使えるかどうか?
調子は良さそうですから、後は熟練の手綱捌きに期待しましょう。

名前を挙げたところがまずまずの上位人気となりそうですから、後は当日の馬場、パドック気配など見てから「穴馬」探しをしたい処です。


牝馬G3「福島牝馬S」

2020年以降を見ても「波乱レース」です。
人気薄の馬もしっかり絡んできますから、自分が選んだ馬を自信を持って買いたい処です。
うまく嵌まってくれれば高配当に有りつけそうですが・・・・。

私が<気になっている馬>のみ挙げておきましょう。

1「コスタボニータ」 5歳 55K 岩田望 イスラボニータ産駒

8「ウインピクシス」 5歳 55K 松岡 ゴールドシップ産駒

16「グランベルナデット」 4歳 55K 横山武 キズナ産駒

この3頭を中心に、プラス4頭辺りで馬券を組み立てたい処です。

10「キミノナハマリア」 4歳 55K 鮫島克 ハービンジャー産駒

15「シンリョクカ」 4歳 55K 木幡巧 サトノダイヤモンド産駒

11「タガノパッション」 6歳 55K 菱田 キングカメハメハ産駒

14「フィールシンパシー」 5歳 55K 横山琉 ベーカバド産駒

この辺りを想像していますが、ここからピックアップするか、あるいはオッズで取捨選択するか・・・・と考えています。

当日ゲートが開くまで考え続けましょう。
面白そうなレースを期待しています。


3歳牝馬G2「フローラS」は省略させていただきます。

関西地方は日曜日のお天気がハッキリしません。
京都芝コースがどうなのか?少し心配ですが・・・・?

頑張りましょう。





| NEXT≫

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ