未分類カテゴリーの記事 : 銀龍老人の3連単命!
FC2ブログ

七夕賞 2020

2020「七夕賞」                          <2133>

夏場のG3ハンデ戦「七夕賞」
毎年難しいのですが、今年も相当難しいレースになりそうです。

まず「雨」の心配です。
この後も日本列島全域で「豪雨」が心配されていますから、当然「七夕賞」が行われる福島競馬場も馬場が相当悪くなりそうです。

良馬場で行われても難しい処ですが、ここに重・不良馬場のファクターが加われば尚一層難しくなりますね。

福島巧者を狙うのは当然として、重・不良馬場の巧拙も重要になってきます。

「穴党」の私にとっては楽しみなレースになりそうですが、それでも「的中」してなんぼ。
ここから発馬時刻まで考え続ける必要がありそうです。

良馬場なら内枠を引いて、小回りコースのマイル戦でも活躍できるような馬を探せば良さそうですが、重・不良馬場では条件が一変しそうですから注意が必要です。

今回のレースでは「切れ味」より「パワー」が優先しそうですから、上がり時計が掛かるレースでバテずに走れるようなタイプが面白そうに思えます。

人気馬が総崩れになることもあるレースですから、「人気」に捉われることなく、自分が見つけた馬をしっかり買う事でしょう。

データからは「今回距離延長」組が有利ですが、馬場が極端に重くなった時は、競争距離より長い距離を得意としているような馬が好走することがあります。

今回もそのような馬にスポットを当ててみようと思います。


今回も<穴馬候補>を挙げておきましょう。

馬場は<重・不良>で考えていきますので、馬場が良くなった時には切り捨ててください。

まずは前走東京芝2500MのG2「目黒記念」組2頭

9「ノーブルマーズ」 7歳 56K 高倉 ジャングルポケット産駒
G2「目黒記念」で0.5差4着と復活の兆しを見せています。
データ的に7歳馬は買いづらいですが、3走連続4着と安定してきました。
小回りコースも昨年のG3「小倉記念」で3着がありますし、重馬場は2走前京都G2「京都記念」で4着しています。
振り返れば稍重馬場のG1「宝塚記念」で3着がある馬ですから実力の心配は無さそうです。

14「オセアグレイト」 4歳 55K 野中 オルフェーヴル産駒
こちらも長い距離を中心に使われてきています。
福島は2勝クラス2600Mで1着しています。また東京不良馬場で1勝クラス特別戦を勝っていますので、馬場の心配・福島適性は問題なさそうです。
マラソンレースにも出走しているように「スタミナ」は豊富、重・不良馬場で他馬が体力消耗するような場面なら馬券圏内があっても良さそうです。「野中太郎」にも期待ですね。

もう1頭、人気薄の牝馬を、
15「リュヌルージュ」 5歳牝馬 52K M・デムーロ モンテロッソ産駒
戸崎J騎乗の4「パッシングスルー」はまずまず人気に推されそうですが、こちらはそこまで人気にはならないでしょう。
時計が掛かるレースで馬券になっているように、かなりの重巧者のようです。
3走前中山不良馬場1800MG3「中山牝馬S」で50K、2着、前走阪神稍重馬場2000M、G3「マーメイドS」53K、3着しています。
今回は牡馬混合戦で52Kは少し見込まれた感じもしますが、ハンデキャッパーの目に留まったと考えれば面白そうです。
先行出来る馬ですからこの外枠がどうかの心配はありますが、デムーロ騎手なら何とかしてくれそうです。


まだまだ穴馬を挙げたい処ですが、どのような馬場になるのか?どのようなレースになるのか?
楽しみに見守りましょう。

阪神G3「プロキオンS」も面白そうですが、馬場次第の処も有りそうですから、今回は<見送り>とさせていただきます。


「新型コロナウイルス」は第2波が来たようにも感じます。
油断することなく取り組んでいきたいと思います。
皆様十分にお気を付けください。






スポンサーサイト



CBC賞 2020

2020「CBC賞」                                 <2132>

今年は阪神競馬場での開催となります。

先週のG1「宝塚記念」もそうでしたが、レース直前の降雨の影響を受け、馬場発表は「稍重」でも実際の感覚は「不良馬場」そのもののように感じました。

金曜日午前の大阪は雨が落ち始めてきました。
今日から明日にかけてはまた「雨予報」ですから、日曜日の馬場がどうか?ここから心配は始まりそうです。

逆に考えれば正確な「馬場読み」が出来れば、かなり「正解」に近づけそうにも思いますね。
本日の時点では「稍重」から「重馬場」辺りを想像しながら予想していきましょう。


人気は幻のG1馬7「クリノガウディー」が集めそうです。
G1「高松宮記念」で1着入線も4着に降着、幻のG1馬となってしまいました。
重馬場で行われたレースですから、重の巧拙は心配なし、また先行出来るタイプですから、揉まれ込む心配も無さそうです。
馬券からは外せませんね。
今回は「横山典J」に乗り替わりますが、G3「東京新聞杯」0.1差3着時がそうでしたので、こちらも心配ないでしょう。

2歳G1「朝日杯FS」で阪神馬場2着はありますが、どちらかと言えば左回りを選んで使ってきたようにも感じますし、左回りの方が成績が安定しているようにも思われます。斤量58K共々少しだけ心配しておきたい処でしょう。

問題はこの馬に続く馬・・・・、2番人気にどの馬が推されるのかは想像できませんが、相当難しくなってきそうです。

過去10年の成績からも
1~4人気は10--4--6、
7~13人気 0--6--4
となっています。 5・6番人気は馬券に絡んでいません。

今年もこのような傾向が続くなら、2・3着にはこの辺りの人気馬を選択したいものです。

今回は内枠に速い馬、前に行きたい馬が揃ったように思われますから、馬場に関係なくハイペースになる可能性があります。
重い馬場でハイペースになれば当然直線の坂で失速しますから、差し・追い込みが届く可能性も否定できません

先週が雨の中での競馬でしたので、馬場は相当荒れていそうですから、スピード馬よりはパワー型の馬に注目したいものです。

阪神の内回りコースですから、本来なら前に行ける馬、内目の枠が有利になりそうに思われますが、馬場が重くなれば先週同様外目の差し馬が浮上しそうな雰囲気も捨てきれませんね。

いつものように<穴馬候補>を挙げておきましょう。

9「タイセイアベニール」 5歳 56K 松山
を推薦したい処ですが、この馬は人気上位に推される事でしょう。4番人気以内の支持なら馬券に必要です。

2「レッドアンシェル」 6歳 57K 福永
こちらも昨年不良馬場で行われた当レースの優勝馬ですから馬券には必要・・・・と思われますが上位人気は確実ですから「穴馬」にはなりそうにありません。

それなら13番人気辺りの人気になりそうな馬を2頭推薦しておきましょう。
<超大穴馬>ですからドカンとは買えませんが・・・・・。

15「ノーワン」 4歳牝馬 53K 浜中
今年に入り3走していますが、13・13・15着と全く冴えません。
しかし昨年末のG2「阪神C」が1.0差5着。1400M~1600Mを主力に使われてきました。
唯一1200Mを走ったのがG1「スプリンターズS」0.7差8着ですからスプリント戦に向いているのかどうかも不明です。
ただし馬場が悪くなった時に活躍するのは、その距離よりも長い距離で成績を残している馬の方が活躍していますので、今回狙ってみようと思います。
上手く外枠を得ましたので、直線大外から伸びてきて欲しいのですが・・・・。

16「ジョイフル」 6歳 56K 川又
阪神の同コースで昨年末オープンを勝っています。
4コーナー14番手からきれいに追い込みました。重馬場の巧拙は解りませんが、少し時計が掛かるレースなら出番があっても良さそうです。
近況パッとしない「川又J」と今年15・14・7着の「ジョイフル」なら人気に推されることはないでしょう。
鞍上共々頑張って欲しい処です。


今週も「馬場次第」と思われますので、そこまでのレースをしっかり見据えておく必要がありそうです。


3歳G3ハンデ「ラジオNIKKEI賞」

福島競馬の開幕です。
たくさん登録していた1勝馬ですが、開けてみれば1頭のみ。
頭数が12頭となりました。

こちらも開幕週ですから馬場が良さそうに思われますが、「雨」の心配は付きまといます。
重馬場またはそれ以上悪くなるようなら、水掻きのついている馬、
4「コンドゥクシオン」 53K 石川 ダイワメジャー産駒
「穴馬」推薦しようと思います。

内目の良さそうな枠も引けましたので、後は重馬場・不良馬場になることを祈りましょう。


「新型コロナウイルス」もいよいよ第2波が来たように感じます。
まだまだ安心出来そうにありませんね。
自分が出来る最善のことは忘れず実行したいものです。
注意しましょう。






宝塚記念 2020

2020「宝塚記念」                            <2131>

前半戦の総決算、グランプリ「宝塚記念」を迎えます。

海外競馬が中止された事もあって、豪華なメンバーとなりました。

G1戦2勝の4歳馬5「サートゥルナーリア」と強い牝馬2頭11「ラッキーライラック」、16「クロノジェネシス」が激突します。
多分この3頭が人気上位に推される事でしょう。

「宝塚記念」は比較的堅く収まる事も多いのですが、直近5年間を見ても3連単馬券では18年49万円、15年52万円と「波乱」になる場合も見受けられます。

今年はどのようなレースとなるのでしょう。

「穴狙い」の私にとっては、当然「荒れて」欲しいと願っていますが・・・・。

例年梅雨の季節に行われるレースですから、馬場が問題となります。
水捌けの良い阪神競馬場芝コースですが、今週も降雨がありましたし、これを書いている金曜日午前中も大阪ではいつ雨が落ちてきても良さそうな曇り空です。
予報では午後から雨になっていますが・・・・。

レースが行われる日曜日もパンパンの良馬場は期待できないと思います。

阪神芝コース2200Mは内回りを使用します。
昨年は良馬場で2.10.8、レースレコードは11年2.10.1となっていますが、同じ良馬場でも15年は2.14.4と超スローで決着する年もあり、一流馬らしい面白いレースと思われます。

勝タイムは様々ですが、このレースの特徴は上り3Fの時計が掛かる・・・・という事でしょう。
得意なタイプとしては、先行出来て粘り込める・・・・内回りですから極端に後ろからは勝負にならないと思われます。

その分3コーナー前辺りから仕掛けが早くなり、捲り気味に仕掛ける馬も出てきます。
G1戦ですからどの馬が抜け出してくるのか?走ってみなければ解かりませんね。

いつものように<穴馬候補>を挙げておきたいと思います。

1番手は上がり時計が掛かるレースを得意としていて、馬場が悪くなっても走れる<ハービンジャー産駒>、
16「ブラストワンピース」 川田 と思ったのですが、こちらは人気に推されそうですね。
全成績7--0--0--5を見てもわかる通り、「頭」か馬券圏外とハッキリしている馬ですから、「頭狙い」が面白そうなタイプではあります。


7「ワグネリアン」 福永 ディープインパクト産駒
ディープの産駒ですが、この馬は切れよりもパワー勝負の方が得意に思えます。
コースを知り尽くしている福永Jですから、2000MのG1「大阪杯」よりは着順を上げてくるのではないでしょうか。
重馬場もG1「JC」でこなしていますから・・・・。


もう1頭は前走G1「天皇賞春」で11番人気2着の<ステイゴールド産駒>
15「スティッフェリオ」 幸 
この馬も上がり時計が掛かるレースこそ活躍の場。
前走が11番人気でしたので嫌われるのなら絶好の狙い目となりそうです。
前走G1「天皇賞春」組、<ステイゴールド産駒>、「先行馬」と3条件が揃います
幸騎手は芝1800M~2200Mで連対率24.0%、阪神コースも得意ですから上手く運んでくれそうです。

今回も13「ダンビュライト」松若と14「キセキ」武豊がレースを造ってくれそうですが、G1「天皇賞春」のように早めに「キセキ」が先頭・・・・とはならないと思っています。

当然武豊「キセキ」も優勝狙いでしょうから、使えるところまで先頭誘導馬を使ってくるはずです。
不良馬場のG1「菊花賞」を勝っていますから、馬場が極端に悪化するなら馬券に必要になってきそうです。

どのようなレースになりますか、楽しみなレースとなることを願っています。


先週はG3「函館SS」が気持ちよく決まりました。
推薦した穴馬が2・3着に着てくれましたね。
しかし東京3歳G3「ユニコーンS」は惨敗でした。
前半戦の締め括りは気持ちよく決まって欲しいものです。






函館スプリントS 2020

2020「函館SS」                              <2130>

今年は2週目での開催となりました。
過去には超万馬券も飛び出す面白いレースですから、今年も期待したいですね。

今回連闘で出走する10「ジョーマンデリン」が勝利した1週目3勝クラス「UHB杯」が1.07.5の時計でした。
今年は「超高速馬場」とは言えないかもしれませんが、それでも速い時計が必要になりそうです。

人気に推されそうな「ダイアトニック」<6>番、
「ライトオンキュー」
<7>番、少し苦しそうな馬番となりました。
名手「武豊」なら何とかしてくれそうな気もしますが、10年間で3着以内に着た馬が「0」の馬番ですから少し心配もしておきましょう。

逆に好枠を得た感じがするのが3「エイティーンガール」、坂井Jがどう乗るのか?注目です。

スプリント戦を使ってくる馬ですからどの馬でも逃げられるスピードは持っていますが、逃げを主な武器としているような馬が見当たりません。
ペースが少し落ち着きそうな気もしています。

小回りの開幕2週目ですから、やはり前有利、内有利と考えて良さそうです。

今回も<穴馬候補>を挙げておきましょう。

16「ダイメイフジ」 6歳 菱田
直近はダート戦を主戦場としていますが、これが良い方向になりそうな気がしています。
昨年が4番人気で0.3差4着でした。函館の経験はこのレースのみ、洋芝では札幌で3着が1回あります。

ダートを走れる<アグネスデジタル産駒>ですから、時計が速くなると苦しいかもしれませんが、先週辺りの時計で決着するなら馬券圏内があっても良さそうです。
「菱田J」は2015年、12番人気で3着した「レンイングランド」を思い出します。3連単馬券94万円の片棒を担ぎました。
大外枠も揉まれない分面白いと思っています。

10「ジョーマンデリン」 4歳牝馬 岩田
上記しました1週目からの連闘です。
今回はメンバーが違ってきますが、前走もフルゲートのレース、先行して楽々抜け出しました。
時計より見た目が楽だったように感じましたので、更なる上積みがあればと思われます。
4歳牝馬の上昇ぶりに期待します。

ただし、「池添J」から「岩田J」に乗り替わりました。
過去10年間で2勝している「池添J」と10年間で2着1回の「岩田J」、その点が気になりますが、熟練「岩田J」は小回り得意な気もしますので、息子さんに負けないよう頑張って欲しい処です。

もう1頭、その「池添J」が騎乗するのが、
15「メイショウショウブ」 4歳牝馬 池添
面白い馬で馬券に絡んでくるのは<G2戦>のみ、2歳時G2「デイリー杯2歳S」2着、3歳時G2「ニュージーランドT」2着、同じく3歳G2「阪神C」3着。
その他のレースでは馬券になっていません。G3戦の今回は果たしてどうでしょう?
この馬が逃げる可能性もありますが、15番枠からでは苦しい気もしますので、少しだけの期待とします。


3歳ダートG3「ユニコーンS」

未来のダートG1戦で活躍しそうな馬が集結しました。
日曜日の東京ダートがどうかは解りませんが、多分良馬場までは乾かないでしょう。
芝並みのスピード競馬となりそうです。

ここまで2戦無敗の馬2頭が人気に推されそうです。
その馬に「ルメールJ」「レーンJ」が騎乗しますから、馬券の面白さは少し落ちそうですが、2頭の1角を崩す馬の出現が待たれます。

5「レッチェバロック」 ルメール
ここまで2戦がダート1400M、どちらも逃げてぶっ千切っての勝利です。
上記「函館SS」に出走する「ダイメイフジ」がOP「名鉄杯」を逃げ切った時計が1.23.1(稍重)でしたので、良馬場の東京ダート1400M、1.23.6は3歳馬では破格でしょう。
すでに古馬OP級と言えそうです。
1600Mの距離は走ってみなければわかりませんが、2頭のうちどちらかを選べ・・・・となればこちらを選びそうです。

当日の馬場状態がわかりませんので<穴馬候補>は見送らせていただきますが、「穴馬」となりそうなのは前走1400Mを走ってきた馬ではないでしょうか?
戸崎J騎乗の9「メイショウベンガル」などは面白そうな気がしていますが・・・・?


ここから7月半ばまではやはり「梅雨」シーズン
いつ雨が落ちてくるのかの心配が付きまといます。
特に芝レースでは時計勝負と成らない為、どの馬でもチャンスが訪れます。
人気薄の馬を思い切って狙ってみるのもこの時期の楽しみですね。
頑張らりましょう。






エプソムカップ 2020

2020「エプソムC」                           <2129>

北海道を除いた日本全国が梅雨入り宣言しました。
ここからの競馬は「馬場状態」が問題となってきます。

もっとも先週のG1「安田記念」も馬場が難しかったようですが・・・・?

昨年は5--7--1番人気で決着、その昨年の1~3着馬も揃って参戦します。
5番人気で優勝の17「レイエンダ」の連覇がなるかどうか?また2着だった7「サラキア」、1番人気で3着の1「ソーグリッタリング」の巻き返しがあるのか?も注目です。


ルメールJが連続騎乗の17「レイエンダ」が人気に推されそうですが、2・3着馬だった馬は今回人気も薄そうですから、まずこの辺りの馬が<穴馬候補>に挙げられそうです。

中でも、昨年1番人気で3着の1「ソーグリッタリング」は、前走東京OP「メイS」で今回人気に推されそうな13「アイスストーム」とタイム差なしの2着でしたから、前走のハンデ斤量で考察すれば、今回有利になりそうですが・・・・。

レーンJ騎乗の4「サトノアーサー」も勝ちきれませんが、稍重馬場や重馬場で崩れず成績を残してきていますから、ここでも活躍しそうな気がします。

やはり、ルメール、レーンJは馬券から外すのは危険、しかし両立は無さそうに思えますがどうでしょう?
ここは「穴党」の私の期待も入っていますので、慎重に取り扱ってください。

もう1頭<穴馬候補>を挙げておきましょう。

16「アンドラステ」 4歳牝馬 岩田望 オルフェーヴル産駒
前走3勝クラス「パールS」優勝と聞けば、阪神G3「マーメイドS」の有力候補に推される処を、牡馬混合のG3「エプソムC」に矛先を向けてきました。

直近の好成績を活かしきれば、馬券圏内も望めそうな気もしてきます。
先行馬が活躍しているこのレースですから、脚質は向きそうですし、新潟で上り3F33.5(メンバー最速)時が55K、今回が54Kですから、昨年の「サラキア」を思わせます。
牝馬の参戦が少ないレースですが、昨年の傾向が続くなら、この馬かもしれません。
2年目の若手「岩田望」に思い切った騎乗を期待します。



牝馬G3ハンデ「マーメイドS」

条件を聞いただけで<荒れる>と聞こえてきそうですね。
昨年が7--10--5人気、一昨年が10--9--4人気で決着。

上位人気馬全てを切り捨てて考えなければ獲れないレースとなっています。
今年も大いに荒れて欲しいものですね。

19年 51--51--53
18年 51--53--54
軽量馬が優勝していますし、馬券圏内を確保しています。
前走クラスは全く気にする必要は有りませんから、調子の良さそうな馬を上手く見つけ出すことなのでしょう。

関西地方も梅雨入り宣言後しっかり雨が降っています。
土曜日までは確実に降りそうですから、日曜日上がったとしても良馬場までは無理な気がします。

少し時計が掛かれば、全馬が圏内と考えられますから、展開が有利に運べそうな馬を頑張って探しましょう。

逃げ宣言を出している3「ナルハヤ」 51K 藤田菜
は前走が新潟3勝クラス「パールS」0.1差2着、直線も粘りに粘りました。
今回は坂のある阪神コースですが、斤量が一気に4K軽くなりますから、粘りが増すかもしれません。

内回りコースで各馬の仕掛けが早くなりますが、馬券圏内に粘り込めないでしょうか?

もう1頭<穴馬候補>を、
16「レイホーロマンス」 7歳 52K 鮫島克 ハービンジャー産駒
今回<ハービンジャー産駒>は4頭出走します。

7「エアジーン」4歳は川田Jが騎乗しますから当然人気に推されます。
残る3頭の<ハービンジャー産駒>に期待しますが、その中でも馬場が重くなった時限定でこの馬を推したいと思います。

小倉で行われた牝馬G3「愛知杯」でも11番人気で3着しました。
重馬場で行われましたので、このブログでも<穴馬候補>として取り上げましが、うまく嵌まりました。
2匹目のどじょうを狙ってみます。

人気薄から考えるレースと思っています。
切り捨てるなら「人気上位馬」を心に刻み込みましょう。



新型コロナウイルスも大阪はかなり落ち着いてきましたが、それでもまだまだ気を緩められませんね。
第2波、3波に注意しながら生活しなければなりません。

安心して暮らしたいものですね。





| NEXT≫

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ