2024年02月09日のバックナンバー : 銀龍老人の3連単命!
fc2ブログ

京都記念 2024

2024「京都記念」

節分・立春も過ぎ後は「春」を待つばかり・・・の季節となりました。
今週末は寒さも少しマシになってきそうですが、まだまだ「春」には遠いのでしょう。

今週のメインは東京、3歳G3「共同通信杯」、京都は古馬G2「京都記念」
土曜日は東京で3歳牝馬G3「クイーンC」が行われます。

古馬G2「京都記念」から見ていきましょう。

出走頭数が12頭となりました。
今年はG1馬が不在、G1戦2着馬が9「ルージュエヴァイユ」1頭のみとメンバーが小粒になった印象です。

例年ならここを今年の始動戦に選ぶG1馬もいるのですが・・・・。

上位人気に推されそうな処から見ていくのが良さそうに思われます。

5「べラジオオペラ」 4歳 57K 横山和 ロードカナロア産駒
3歳時、G2「スプリングS」優勝、G1「日本ダービー」タイム差無し4着、休み明けの前走G3「チャレンジC」は「ボッケリーニ」を押さえて優勝しています。
先行馬の直後辺りから長く脚を使って良さそうな馬だけに、直線勝負になると心配が出てきますが、メンバーがメンバーだけに無視はできないでしょう。

9「ルージュエヴァイユ」 5歳牝馬 55K 松山弘 ジャスタウェイ産駒
前走がG1「エリザベス女王杯」、0.1差2着しています。
その前走が今回と同じ京都芝2200Mでしたので、ここも当然人気に推されそうです。
こちらは切れ味鋭いタイプ、2走前G2「府中牝馬S」では4角8番手から3F32.7の時計でタイム差無し2着しています。
5「べラジオオペラ」よりは後ろの位置取りと思えますから、直線前を捉えられるかどうか?
摑まえられそうに思えますが・・・・?

3「プラダリア」 5歳 58K 池添 ディープインパクト産駒
昨秋重馬場の京都G2「京都大賞典」で「ボッケリーニ」を押さえて優勝、G1「有馬記念」はさすがに歯が立たず14着でしたが、G2戦に戻るここならチャンスは有りそうです。
ディープインパクト産駒ですが、切れ味鋭いタイプでは無く、先行して長く脚を使うタイプですから、流れが向くのかどうか?となってきそうです。

この辺りが上位人気に推されそうな処と思えますが、今回のレースでは下位人気馬とは少し差があるように思えますので、馬券には必要になってきそうです。

ペースを創り出す馬は、22年阪神で行われた当レースを逃げ切って勝利の、12「アフリカンゴールド」、前走ダート挑戦の1「バビット」辺りと思われますから、スローペースまでは行かないミドルペースが想像できます。

上記馬以外で<私が気になっている馬>としては、

2「ブレイヴロッカー」 4歳 56K 酒井学 ドゥラメンテ産駒
前走阪神コース芝2200Mで3勝クラスを勝ち上がりました。
2走前・3走前が京都芝2200M、2400Mで3・1着、どちらのレースも上り3Fでは最速を記録しています。
連勝中で調子も良さそうなだけに、9「ルージュエヴァイユ」を目標に差し込む事が出来れば、「連複」圏内も有りそうです。

11「マテンロウレオ」 5歳 57K 横山典 ハーツクライ産駒
直近2走が0.4、0.3差ですから気になりますが、外枠=「ボッチ作戦」で届くかどうか?心配ですね。

今回のG2「京都記念」はかなり堅そうに見ています。
大きく振り回すレースでは無さそうです。
慎重に見極めたいと思っていますが・・・・?


3歳G3「共同通信杯」

2歳G1「フューチャーS」の1・2着馬が揃って参戦します。

ここまで3戦3勝でG1制覇の9「ジャンタルマンタル」、G1戦で0.1差2着の6「エコロヴァルツ」
ここが人気の中心でしょう。

ここに挑戦して春のクラシックを目指したい馬が参戦します。

勝タイムを見ておきます。
23年 良 1.47.0 優勝馬4角位置2番手 3F34.0
22年 稍 1.47.9     4角位置5番手 3F33.7
21年 良 1.47.6     4角位置3番手 3F33.4

でたらめに速い時計が出ている訳では有りません。
それだけに先行できるスピードが必要で、末脚も切れるタイプでなければならないようです。

私が<気になっている馬>としては、

1「べラジオボンド」 3歳 57K 岩田望 ロードカナロア産駒
阪神新馬戦が芝1800M、1.47.5、3F33.9で2着馬に0.5差付けています。
先行策から差し切っていますから、速い芝になれば十分チャンスは有りそうに見えます。

3「フォスターボンド」 3歳 57K 横山武 キズナ産駒
新馬・未勝利戦共に芝2000Mを使い、上り3Fは共に最速を記録しています。
優勝馬の条件とは少し異なりますが、東京芝2000Mで末脚を見せていますからここも向きそうな感じです。
後は位置取り次第と思えますから馬番3番をどう活かすか?に掛かってきそうです。

G1戦1・2着馬はすでに十分な賞金を持っていますから、ここが100%の仕上がりとも思えません。
そこに少し「隙」が出来そうなレースに思えますので、その「隙間」を突けるかどうか?頑張って欲しいですね。


土曜日東京3歳牝馬G3「クイーンC」

ここは穴目になりそうな処を<私が気になっている馬>として注目してみます。

ディープインパクト産駒で後継種牡馬に成れるかどうかの2頭、
<ロジャーバローズ産駒>
1「サクセスカラー」 田辺

12「テリオスサラ」 戸崎

<ダノンバラード産駒>
7「コスモディナー」 松岡

この3頭に注目してみます。
頑張って欲しいですね。


土曜日からは少し暖かくなってきそうですが、まだ2月、また寒くなるのでしょうね。
気温差が体調に影響しますから十分気を付けましょう。





スポンサーサイト



ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ