優駿牝馬(オークス) 2019 : 銀龍老人の3連単命!
FC2ブログ

優駿牝馬(オークス) 2019

2019「優駿牝馬」                <2072>

先週のG1「ヴィクトリアマイル」では1.30.5のレコード決着となりました。

超高速馬場で今週は3歳牝馬G1「オークス」が行われます。

桜花賞馬が不在、その桜花賞馬もG1「NHKマイルC」で敗れているだけに、全馬初距離となるここは別路線組を加え<大混戦>の様相です。

どのようなレースになるのか?さっそく見て行きましょう。

人気は先週G2、G1と連続勝利のD・レーン騎手騎乗3「コントラチェック」

東京G3「クイーンC」1着、G1「桜花賞」3着の2「クロノジェネシス」

M・デムーロ騎乗OP「忘れな草賞」1着13「ラヴズオンリーユー」

唯一のG1馬8「ダノンファンタジー」

G2「チューリップ賞」2着、G1「桜花賞」2着の11「シゲルピンクダイヤ」
等が集めそうです。

この上位人気馬の中から優勝馬が出るのでしょうか?

過去10年間のデータでは1番人気が5勝、直近3年間は1番人気馬が優勝しています。

しかし今年はここが問題、1番人気に推されそうな3「コントラチェック」は勝利している3勝全てが逃げ切り勝ちです。
押さえて先行した2戦は勝ち切れていません。
絶好調D・レーンJがどのような作戦で挑むのか?2400Mを逃げ切るのは至難の業と思えるだけに・・・・・?

今回は少し違った角度から見て行きたいと思います。

<実績上位>
8「ダノンファンタジー」 川田
唯一のG1馬、距離の限界などが言われていますが、ここまでの実績ならやはりTOPでしょう。

2「クロノジェネシス」 北村友
こちらもG1「阪神JF」2着、東京G3「クイーンC」1着、G1「桜花賞」3着なら堂々とした実績と言えそうです。

<登り馬>
11「シゲルピンクダイヤ」 和田
G2「チューリップ賞」4番人気2着、G1「桜花賞」7番人気2着、人気より確実に上位に着ています。<ダイワメジャー産駒>ですから距離の問題が言われますが、末脚には目を見張るものが有ります。

12「ウィクトーリア」 戸崎
500万を中山1800Mで逃げ切り、前走G2「フローラS」では一転4角11番手からの追込みを決め1着しています。メンバーがどうだったと言われる過去10年1勝の「フローラS」組ですが、この脚質を見る限り十分圏内と思えます。

3「コントラチェック」 D・レーン
500万・G3「フラワーC」連勝中ですから間違いなく<登り馬>と言えそうですが、私は脚質的に疑問符を付けています。レーンJがどう乗るのか?注目です。

13「ラヴズオンリーユー」 M・デムーロ
3連勝中ですから底を見せていません。ディープインパクト産駒でM・デムーロJ騎乗ですから人気にもなります。
しかしここまで戦ってきた相手もかなり格下だったのではないでしょうか?
戦ってきた相手がかなり違ってきそうなここで果たして結果を出せるのかどうか?ですね。


レースは逃げ馬も数頭いますが、ハイペースにはならないでしょう。
全馬が経験した事が無い距離ですから、結局は直線の切れ味勝負となりそうです。

それでも4コーナーを10番手以内で廻ってこれそうな馬が有利になって来そうですから、道中の位置取りも重要でしょう。

また馬番6・8・11・15番は過去10年複勝圏内なし・・・となっているだけに、「令和」に時代が変わり傾向も変わるのかどうか?

高速馬場でのレースが予想されるだけに、思わぬ<穴馬>が飛び込んで来そうな気もしていますので、もう少し考え続ける必要が有りそうです。

土曜日京都G3「平安S」は省略させて頂きます。

見応えのあるレースになりそうですね。






スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ