毎日王冠 2019 : 銀龍老人の3連単命!
FC2ブログ

毎日王冠 2019

2019「毎日王冠」                     <2092>

秋の中山・阪神が終わり、中央場所は東京・京都に開催が替わります。

開幕週は東京G2「毎日王冠」、京都G2「京都大賞典」が行われます。

東京G2「毎日王冠」から見て行きましょう。

今年は10頭と少し少なくなりましたが、昨年の覇者3「アエロリット」や3歳馬2頭も出走し、開幕週のスピード競馬が楽しめそうです。

1800MはG1戦が無い非根幹距離ですからマイル戦得意な馬や、2000M戦を目指す馬が集まってきます。

G1馬や、G1戦を目指す馬は、ここが目標ではないと思われますから、どこまで仕上げて来るのか・・・・?やはりそこが問題となって来そうです。

昨年の勝ちタイムが1.44.5、上がり3F33.8で3「アエロリット」が逃げ切っていますが、今年もメンバーを見渡せば他に逃げそうな馬が見当たりません。

今年東京マイル戦を2度1.30.9で走破している3「アエロリット」がレースを造るのは確実です。
当然今年も人気に推されそうです。

スピード競馬になればなるほど有利に働きそうです。

一方の人気3歳馬9「ダノンキングリー」は今年のG3「共同通信杯」優勝馬。
しかし勝ち時計は1.46.8、上がり3F32.9ですから、全体時計で2.3秒遅く、上がり3F時計では0.9秒速くなっています。

当然3歳馬は急成長しているものと考えるなら、ペースに付いて行ければ差し切る可能性は秘めていそうです。
また54Kの斤量で戦えるのも相当有利に映ります。

4「インディチャンプ」はG1「安田記念」で3「アエロリット」をクビ差差し切り、「アーモンドアイ」の猛追をしのぎ切りました。

1800Mになり距離がどうか?ですが、時計の速いレースになればやはり有力馬に挙げなければならないでしょう。

仕上げがまずまず進んでいるならこの3頭の内2頭は馬券に絡んでくる・・・あるいは3頭全てが絡む事も皆無では無さそうですから、「穴馬」探しに手こずります。

4番人気~6番人気辺りがその候補・・・・と思われますが、「高配当」は期待できそうにありませんね。

<穴馬候補>は見送りたいと思います。



2019「京都大賞典」

過去10年のデータでは11番人気馬の優勝が有りますが、その他の年では馬券圏内に着たのは全て7番人気以内ですから、かなり堅いレースと言えそうです。

しかし今年はここに17頭も出走してきました。
最適な条件が無かったのか?秋初戦でここは追い切り替わりなのか?は解りませんが、頭数が増えた事でどうなるのでしょう?

M・デムーロ騎乗のG1「天皇賞春」2着馬、16「グローリーヴェイズ」が人気に推されそうですが、期待に応えられるのかどうか?

最強の1勝馬4「エタリオウ」が2勝目を挙げられるのか?にも注目です。

このレースは有力馬が休み明け、夏場使われてきた馬も多く、その点のみに「穴」の期待がかけられます。

<穴馬候補>として1頭挙げておきましょう。

1「ノーブルマーズ」 6歳 56K 高倉
G1「宝塚記念」では1.6秒差6着と歯が立ちませんでしたが、その後G3「小倉記念」で0.1差3着しています。

16「グローリーヴェイズ」が勝った1月同距離のG2「日経新春杯」では0.2差4着しています。
16「グローリーヴェイズ」は当時55K、今回が57Kですから、同斤量のこの馬とはほとんど時計差が無くなりそうな今回、狙ってみたくなりました。

別定G2であるにもかかわらず、多くの馬が参戦してくれた事が、あるいはレースを面白くしてくれるかもしれません。


今週末からは秋の新潟も開幕、大好きな「障害戦」や1勝クラスの「大荒れ」が期待出来るレースも多く組まれていますから、大いに楽しみです。

気持ちの良い季節になりそうですから嬉しいですね。
頑張りましょう。





スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ