弥生賞 2020 : 銀龍老人の3連単命!
FC2ブログ

弥生賞 2020

2020「弥生賞」                               <2115>

ディープインパクト記念の冠が付いた今年の3歳G2「弥生賞」
この名前を聞くと「春近し」を感じますね。

今年もこの季節になりました。
ただし新型コロナウイルスの為に今週も「無観客」で開催されます。

それでも開催されることに感謝ですね。
一刻も早い終息を願いたいものです。

近年はG1戦に至るまでのローテーションが多岐にわたっています。

ここにはG1「ホープフルS」で2番人気に支持され、3着にきた8「ワーケア」が参戦してきました。

メンバーを見渡しても2勝馬が4頭、他の馬達とは実力の差があるように感じます。

しかし昨年は「重馬場」で開催され8--6--4番人気の決着、3連単馬券は45万円の大荒れとなりました。

今年は今のところ雨予報もなく、良馬場ならここまで荒れることはなさそうですが、やはりトライアルレースの怖さは頭に入れておく必要はありそうです。

レースは3番枠に入った「パンサラッサ」が出ていくのか、それとも6「ウインカーネリアン」が逃げるのか?となりそうですが、平均ペースが予想されます。

<穴馬候補>としては、逃げた馬が「連複」圏内に残るかどうか?と思っていますが、G1出走権利を取りたい馬達がどう戦うのか?にも注目です。

「大荒れ」は期待できないのかもしれません。



G2「チューリップ賞」

こちらも昨年末に行われた2歳牝馬G1「阪神JF」の1・2・3・4着馬が揃って出走してきました。

G1戦で逃げてレコード、1.32.7、2着馬に5馬身差をつけた4「レシステンシア」の信任投票となりそうです。

今回も逃げるのかどうか?ですが、G1「桜花賞」を意識した作戦と見るのが順当なようですから、抑えて後ろからも当然ありそうです。

1着を取り逃がすパターンはそのあたりしか無さそうですね。

別路線組がどこまで食い込めるのか?にも注目したい処です。

<穴馬候補>は「無し」としておきましょう。



G3「オーシャンS」

昨秋のG1「スプリンターズS」優勝馬1「タワーオブロンドン」がここから始動します。

また同レースで3着に敗れた2「ダノンスマッシュ」もここに出走します。
G1「スプリンターズS」では0.1差でしたが、今回は同斤量から2K差が付きますので、卓上計算ではこちらも十分チャンスがありそうです。

逃げる10「ナックビーナス」、14「レジーナフォルテ」にもチャンスはありそうですから、面白くなりそうです。

G1「高松宮記念」目標の馬がどこまで仕上げてくるのか?・・・・ここに尽きそうですね。

10年間データで面白そうな処は、同じ馬番の馬が優勝したことがない・・・・と言う処でしょう。

今年は4・6・10・13番の馬が該当しますが(8枠2頭を除く)、4「ティーハーフ」・13番「エスターテ」は苦しい・・・・と見るならば、
6「キングハート」 7歳 56K 北村宏

10「ナックビーナス」 7歳牝馬 54K 横山典
の2頭が該当します。

オカルトのような予想ですが、どちらの馬も面白そうなので、ここを<穴馬候補>としておきましょう。

観客のいない中での競馬は馬も騎手も辛いかもしれませんが、どうかもう少し頑張ってください。
我々もパソコンの前で応援していますよ!





スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ