アメリカジョッキーズクラブカップ 2024 : 銀龍老人の3連単命!
fc2ブログ

アメリカジョッキーズクラブカップ 2024

2024「アメリカJCC」

1回中山の最終日メインは古馬G2「AJCC」、京都ではダートG2「東海S」が行われます。

心配は天気予報、中山は土曜日午後から「雨」、日曜日「大雨」の予報、
京都は土曜日早朝から、日曜日にかけて「雨」予報が出ています。

中山は昨年12月からの連続開催、今開催は「Cコース」でしたが雨ともなれば相当時計が掛かる馬場となりそうで、スピードよりはパワー勝負が濃厚です。

一方のダートG2「東海S」は、例年中京競馬場で行われていましたが、今年は阪神競馬場改修の影響で、京都ダートで行われます。

こちらは雨が降れば一気にスピード勝負となりそうで、パワーよりスピード重視で良さそうです。

頭数が12頭と少なくなった中山G2「AJCC」から見ていきましょう。

まず馬場と時計から、
23年 良 2.13.5
22年 良 2.12.7
21年 不 2.17.9
20年 稍 2.15.0
直近4年間で馬場のサンプルが揃っていました。

もし日曜日が「大雨」、不良馬場で行われるなら、最重要視しなければならないのが<重馬場の巧拙>となりそうです。

普通の状態でもトリッキーな中山芝外回りコース、しかも冬場で洋芝混合、連続して使われてきた芝コースとなれば、これくらい時計差があって当たり前なのでしょう。

またこのレースしっかりした逃げ馬が不在、どの馬がペースを創り出すのか?解りません。
悪い馬場を得意としている馬は数頭いますが、それもペース次第ではどうなるのか?

小頭数ですが難しいレースになりそうです。

12頭中、8歳馬-3頭、7歳-1頭、6歳-4頭、5歳-2頭、4歳-2頭(内1頭牝馬)

4歳牝馬の、
3「モリアーナ」 4歳牝馬 54K 横山典 エピファネイア産駒
直近5走が全て稍重馬場、中でも光っているのがG2「紫苑S」優勝でしょう。
当時が17頭立、4コーナー14番手から綺麗に差し切りました。
今回は唯1頭の牝馬、54Kで走れますからかなり有利に見えますね。
鞍上横山典騎手ですから、この頭数なら<ボッチ作戦>が有効に働きそうです。

8歳馬3頭は経験も豊富、

1「マイネルウィルトス」 8歳 57K 横山武 スクリーンヒーロー産駒
昨年の秋から冬にかけて2500M東京G2-2着、3600M中山G2-3着と調子落ちはありません。
重馬場の巧拙がどうかですが、21年福島芝2000Mの(L)競争で2着馬に1.8秒差をつける圧勝がありますから、上手い部類に入りそうです。

9「カラテ」 8歳 57K 菅原明 トゥザグローリー産駒
未だ記憶に新しい昨年5月のG3「新潟大賞典」、トップハンデ59Kを背負って不良馬場で優勝しています。
少しづつ距離を延ばして結果を出していますから、30週の休み明けを克服するようなら怖い存在となりそうです。

12「ボッケリーニ」 8差 57K 浜中 キングカメハメハ産駒
22年当レースで3着、G2戦は6回走って1--4--1--0、全て馬券圏内を確保しています。
競馬場を問わず、距離を問わず、馬場状態も問題ないなら、その実力を素直に信じる方が得策に思えます。
昨年3月の中山G2「日経賞」、不良馬場で2500Mを走り「タイトルフォルダー」には8馬身差を付けられましたが、しっかり2着を確保しました。

経験豊富な8歳馬3頭と、唯一の牝馬1頭をまず<気になる馬>に挙げておきましょう

その他の馬では、前に行ける、あるいは逃げる可能性のある、
5「ホウオウリアリティ」 6歳 57K 大野拓 モーリス産駒
10月新潟3勝クラスを不良馬場で勝ち上がりました。
1勝クラスの勝ち上がりが中山芝2200M、良馬場で2.14.2のタイムは目立ったものでは有りません。
しかし前に行けて上りが掛かれば掛かるほど良さが出るタイプに思えます。
G2戦ですから楽ではありませんが、面白そうですね。

もう1頭も上り時計が掛かれば良さそうな、
8「シルブロン」 6歳 57K ピーヒュレク トーセンジョーダン産駒
重馬場の巧拙は解りません。稍重馬場まではこなしていますが、それ以上悪くなった時はどうか?
鞍上のピーヒュレク騎手はドイツのジョッキー、時計が掛かる馬場には慣れていそうですから、どちらも上り時計が掛かる競馬で良さが発揮できそうに思われます。
注目してみます。

切れ味勝負で結果を残してきた馬は遠慮なく<切り捨て御免>で挑むのが正解に思えますので、そこが「吉」と出るかどうかに賭けてみます。


京都ダートG2「東海S」

こちらは馬場が悪くなれば超スピード勝負になりそうです。
京都のダートは良馬場でも時計が速い処、そこに雨が降れば1分49秒台もあるかも知れません。

10「オメガギネス」 4歳 56K 戸崎 ロゴタイプ産駒
前走ダート東京マイルで1.34.3、ここまで4戦ですが上り3Fは全てメンバー最速を記録しています。
時計勝負こそ望むところ・・・と思われますから、チャンスでしょう。
後は速い脚を1800Mでも使えるかどうか?の1点のみだと思っています。

13「ブライアンセンス」 4歳 56K 岩田望 ホッコータルマエ産駒 ダート全成績4--1--3--0

14「ウィリアムバローズ」 6歳 57k 坂井瑠 ミッキーアイル産駒 ダート全成績6--4--1--1

両馬ともダートの成績が超優秀です。
京都のダート戦では7枠が少し不利なのですが、この成績なら馬券からは外せないでしょう。
当然上記3頭は人気に推されそうですが、仕方ないかもしれません。<気になる馬>に入れておきます。

その他の馬では、
6「ペプチドナイル」 6歳 57K 藤岡佑 キングカメハメハ産駒
前走阪神(L)の競争が秀逸、逃げなければ馬券圏内は無いだろう・・・と思っていましたが、先行策から差しに回って1着。
59Kの斤量をモノともしませんでした。
1700Mが主戦場と思っていましたが1800Mダートに対応、差しても良さが出ていますから、余程調子が良いのでしょう。
注目します。

11「タイセイドレフォン」 5歳 57K 幸英明 ドレフォン産駒
少し足りない気はしていますが、団野騎手から幸騎手に手が戻ってどうか?の期待です。
京都なら走る馬ですし、先行して時計にも対応できそうです。

1「ミッキーヌチバナ」 6歳 57K 松山弘 ダノンレジェンド産駒

9「レッドファーロ」 5歳 57K 岩田康 ハーツクライ産駒
の2頭も成績より騎手で気になっていますが、当日取捨選択したいと思っています。

少し堅い処を挙げましたが、逃げ馬のペース次第では上りが掛かるレースになるかもしれません。
その時は「波乱」となる可能性も有りそうですから、少し頭に置く必要を感じますね。

頑張りましょう。






スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ