中山記念 2024 : 銀龍老人の3連単命!
fc2ブログ

中山記念 2024

2024「中山記念」

東京・京都開催が終わり、今週から中山・阪神開催となります。
いよいよ「春」の足音が聴こえてくるようですね。

日曜日中山ではG2「中山記念」、阪神はG3「阪急杯」がメインレース。

G2「中山記念」から見ていきましょう。
別定のG2戦ですから、強い馬が今年の始動戦に選ぶことも多く、その仕上がり具合が問題です。

強い馬達は当然先のG1戦が目標ですからここを目一杯仕上げて挑むこともなく、そこに付け入る隙が生じます。
今年はどの様なレースになるのでしょうね。

昨年は5--8--7番人気で決着、3連単馬券も12万円台、「波乱決着」となりました。
昨年馬券になった馬達5「ヒシイグアス」、10「ラーグルフ」、7「ドーブネ」、3頭は今年も揃って出走します。

10年間で1番人気は3--0--0--7、3回馬券に絡んでいますが、2・3着は無し、外した馬券が必要ですね

今年1番人気に推されそうな処としては、昨年のG1「皐月賞馬」、3「ソールオリエンス」となりそうです。
G1「皐月賞」優勝、G1「日本ダービー」2着、G1「菊花賞」3着ですから世代最高峰の1頭と言えるでしょう。

主戦の横山武騎手が海外出張中の為、今回は田辺騎手になりますが、中山コースを知り尽くしている騎手ですから問題なさそうです。
中山得意な馬ですし、重馬場のG1「皐月賞」をこなしているように馬場が悪化しても心配なし、後は新馬戦以来となる1800Mがどうか?また先行馬が良い成績を挙げていますから、脚質的に?辺りが問題でしょう。

1番人気が信頼できないレースですが、この馬を馬券から外すには勇気が要りそうです

続いての人気馬は、前走G1「マイルCS」で4着、それまで未勝利戦からG2「毎日王冠」まで4連勝した9「エルトンバローズ」が推されそうです。

G3「ラジオNIKKEI賞」福島芝1800M。G2「毎日王冠」東京芝1800Mを勝っているように、小回りでも大箱コースでも1800Mを克服していますから、ここは当然狙ってきているでしょう。

先行して末脚もしっかりしていますから、後は馬場が悪化した時どうか?辺りが心配ですね。
稍重馬場は2回経験して1・2着していますが、それより悪くなった時?ですかね。

開幕週ですが、昨年12月、今年1月を使ってきたコースですから少しの雨でも時計が掛かりそうです

また、昨年は3着、一昨年は優勝している「逃げ馬」、ここは今年も要注意でしょう。

今年逃げそうな処では絶対先行の15「テーオーシリウス」、それに続きそうな7「ドーブネ」
開幕週で時計が掛かる馬場なら思い切って行くかもしれない横山典騎手の8「マテンロウスカイ」辺りでしょう。

このレースで私が<気になっている馬>を挙げるとすれば、

昨年の当レース1番人気馬
2「ソーヴァリアント」 6歳 57K 武豊 オルフェーヴル産駒
前走G1「マイルCS」は12着惨敗でしたが、G2「富士S」は3着、稍重馬場の札幌G2「札幌記念」も1.2秒差でしたが3着しています。
池添騎手から武豊騎手に乗り替わり、新味が出るようなら面白そうです。
時計が掛かる馬場も<オルフェーヴル産駒>のこの馬は上手そうに思えます。

7「ドーブネ」 5歳 57K 吉田隼 ディープインパクト産駒
昨年当レース逃げて3着に粘り込みました。今年は15「テーオーシリウス」がいますから逃げられるかどうか?は不明ですが、2番手からでも競馬ができますから、早めスパートで粘り込める可能性がありそうです。
ディープインパクト産駒ですが、切れ味勝負よりパワー勝負が向くタイプに思えますから今年も要注意です。

13「マイネルクリソーラ」 5歳 津村 スクリーンヒーロー産駒
中山より東京が向くと思われるような使い方をされていました。
しかし前走G3「中山金杯」が馬番15番から0.2差3着。かなり力を付けてきたようなレースでした。
今回はG2戦ですから力関係が解りませんが、調子は確実に上がって来ていると思われますから面白そうです。
時計が掛かる馬場も多分歓迎の口と思われますから頑張って欲しいですね。

今年はフルゲート、どの馬もここチャンスと思って来ているようにも思えますから、少し「波乱」も有りそうです。
まず土曜日の馬場をしっかり見極める必要がありそうですね。


阪神G3「阪急杯」

こちらは昨年12月以来の開幕。
毎年「超難解」なレースだと思っています。

今年は昨年末当場所で行われたG2「阪神C」優勝馬1「ウインマーベル」
1勝クラスから3勝クラスまで3連勝中の16「アサカラキング」が上位人気に推されそうです。

18頭フルゲートの芝1400M戦、1000Mや1200Mを主戦場にしている馬も多く、ペース次第で勝馬も変わってきそうに思われます。
開幕週ですが、天気も安定せず、馬場状態も不安です。

上記2頭以外で<気になっている馬>のみ挙げておきますが、馬場次第ですから注意してください。

9「サトノレーヴ」 5歳 57K 小崎 ロードカナロア産駒
全成績4--1--0--0、未だ連対を外していませんが、今回は長期休み明けの戦いです。
43週休んで即通用するかどうかと言えば不安が大きいですが、ウッドコースの調教からは通用するかもしれませんね。

7「スマートクラージュ」 7歳 57K 池添 ディープインパクト産駒
安定感は抜群です。阪神コースは走りますし、馬場が悪化しても問題ないタイプですから今回も圏内は十分でしょう。

15「ダノンティンパニー」 6歳 57K ルメートル ディープインパクト産駒
こちらも阪神コースなら安定しています。今回は外枠になりましたが、過去データでは7枠が好成績を挙げていますから、チャンスかもしれません。

<穴候補>としては、追切が良かった2頭を、
12「ホープフルサイン」 8歳 57K 原優介 モンテロッソ産駒

18「メイショウホシアイ」 6歳牝馬 55K 泉谷 モーリス産駒
を挙げておきます。

今週関西地方は毎日、土曜日は一旦上がりそうですが、日曜日は再び「雨予報」が出ています。
開幕週ですが含水量が多くなりそうですから、十分な注意が必要ですね。
頑張りましょう。





スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ