高松宮記念 2024 : 銀龍老人の3連単命!
fc2ブログ

高松宮記念 2024

2024「高松宮記念」

今年初の芝G1「高松宮記念」を迎えます。

昨年が不良馬場、22年~20年が重馬場、今年も天気予報では「雨」、馬場が心配です。

超万馬券も飛び出すG1レース、馬場が悪化すれば益々難しくなりそうです。

中京競馬場近辺の天気予報は土曜日早朝から「雨」、お昼頃からは「晴れ」、
日曜日が「晴れのち雨」の予報が出ています。
これではゲートが切られる時、どの様な馬場になっているのか?想像も出来ません。

過去10年、馬場が悪化した時の勝タイム、人気、馬番、脚質を見ておきましょう。

23年  1.11.5 12--02--13人気 13--15--01馬番 差し--差し--追込
22年  1.08.3 08--05--17人気 02--09--10馬番 追込--差し--先行
21年  1.09.2 02--01--03人気 14--16--09馬番 差し--差し--追込
20年  1.08.7 09--02--04人気 16--08--03馬番 逃げ--追込--先行
17年 稍 1.08.7 05--02--01人気 06--03--07馬番 先行--追込--差し
15年 稍 1.08.5 04--06--03人気 04--15--16馬番 先行--先行--先行
14年  1.12.2 03--08--01人気 05--17--09馬番 先行--追込--差し

さすがに不良馬場ともなれば11秒、12秒台の競馬になっていますが、稍重・重馬場では8秒台・9秒台の決着です。

出走してくる馬全てが良馬場なら7秒台の持ちタイムが有りますから、馬場が悪化した時は重馬場の巧拙が重要になってきそうです。

昨年、一昨年は二桁人気の馬が馬券内に3頭絡んでいますが、それ以外の年ではそこまで大荒れとなっていません。

馬番では中枠が少し苦戦傾向、内枠・外枠はまずまず着ています。

脚質も逃げ切り1頭以外はほぼ同じような数字ですから、やはり実力プラス馬場の巧拙となってくるのでしょう。

10年間で1番人気は1--1--2--6、複勝率40%ですから少し不安ですね。
牝馬成績は1--6--3--49、59頭出走しての成績ですから、まずまずの成績です。

スプリント戦ですから当然逃げて結果を残している馬も多く、今年も数頭逃げたい馬が揃っています。
どの様な馬場でもペースが緩む事は考え辛く、ハイペースは間違いなさそうです。

今回は今日時点で私が「気になっている馬」を5頭挙げておきましょう。
馬番の若い順です。

1「ビッグシーザー」 4歳 58K 吉田隼 ビッグアーサー産駒
スプリント戦では安定して走っています。G3戦も勝ち上がれていない馬が一気のG1戦でどうか?の心配はありますが、前走中山稍重馬場G3「オーシャンS」で2着、先行策が取れなくても差して来たところに見所が有りました。
今回は1枠1番、馬場が悪化した時心配ですが、間違いなく好位は取れそうですから期待します。

2「マッドクール」 5歳 58K 坂井瑠 Dark Angel産駒
G1「スプリンターズS」で0.0差2着、今回は海外帰りの一戦ですが、追切を見る限り調子は良さそうです。
重馬場も昨春中山(L)「春雷S」1着でこなしていますから心配ないでしょう。
若手のホープ坂井瑠がどう乗ってくるのか?見応えがありそうです。
1「ビッグシーザー」よりも前なのかどうか?多分後ろと思われますが、内から伸びる事が出来れば戴冠も十分でしょう。

3「ナムラクレア」 5歳牝馬 56K ミッキーアイル産駒
昨年不良馬場で2着、ここはどうしても獲りたい処と思われます。
不良馬場も重馬場もしっかりこなしていますから、もし心配があると思われるのはこの馬番のみ
外に出すには後ろに下げる必要がありそうですから、どこかで上手く捌かなければ辛そうです。
最も、G1「スプリンターズS」では馬番1番から3着していますが・・・・。
差し届かない・・・場面は想像しておきましょう。

6「ルガル」 4歳 58K 西村淳 ドゥラメンテ産駒
上昇急な4歳馬、鞍上の西村淳騎手も急上昇中、人馬共に上昇中なら一気のG1制覇も有りそうです。
前走G3「シルクロードS」が圧巻の勝利、2着馬に0.5差付けていました。
気になるのは斤量、ここまで57.5K迄しか経験がなく、58Kは初めてとなります。
わずか0.5Kですが、斤量に敏感な馬なら気になります。
不良馬場も京都でこなしていますから心配なさそうです。

16「ウインマーベル」 5歳 58K 松山弘 アイルハヴアナザー産駒
阪神1400Mの重賞を連勝中、前走重馬場のG3「阪急杯」をこなしましたので、かなり調子も良さそうです。
馬場が悪化した時、馬番16番は3回馬券に絡んでいます
比較的前目の競馬を得意としている松山騎手なら、内を見ながら競馬が進められそうです。
戴冠も十分あると持っています。

上記5頭が気になっていますが、プラスワンで「穴馬」を挙げるとすれば、

12「ロータスランド」 7歳牝馬 56K 岩田康 Point of Entry産駒
22年重馬場の当レースでタイム差無し2着しています。
7歳になりましたが、直近のレースでも差はわずか、少しでも時計が掛かれば十分馬券になる範囲だと思っています。
追い込みタイプですから、届くかどうか?ここが全てでしょう。
届いた時は「連勝圏内」もあるのがこのレース。十分注意しましょう。

今年初の芝G1戦、何とか獲りたいものですね。


中山G3ハンデ「マーチS」

G1戦に乗れなかった<横山武騎手>、ここは見せ場を作らなければならないでしょう。
戸崎騎手も同じ心境かも知れませんね。

12「ブライアンセンス」 4歳 57K 横山武

4「ウェルカムニュース」 5歳 57K 戸崎

1「ヴァルツァーシャル」 5歳 57K 斉藤新

の3頭に注目してみます。この内2頭が圏内なら嬉しいのですが・・・。
後は馬場次第で考えます。

土曜日も重賞がありますが、こちらも馬場を見てから決める予定ですので、ここでは省略させていただきます。

桜も目の前まで来ていますが、少し足踏み状態。
本格的に暖かくなるのはも少しなのでしょう。






スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ