FC2ブログ

日経新春杯 2019

2019「日経新春杯」                     <2053>

土曜・日曜・祝日と3日間開催となりますね。

金杯で両目が開いた方、シンザン記念まで含めて両目が開いた方など様々だと思いますが、幸い私は後者で両目が開いたようです。

今年も頑張って行けそうです。お付き合い宜しくお願いいたします。

G2ハンデ戦は年間3レースのみですが、その内の2レースは東京芝2500Mで行われます。

G2の格付けですが、過去には大きな配当も出ているレース、直近3年間は堅い決着で終っていますが、今年はどうなるのでしょう。

さっそく見ていく事にしましょう。

人気馬が結構強いレース、4歳馬の成績が良いレース、が過去の成績からハッキリしています。

2「グローリーヴェイズ」 4歳 55K M・デムーロ
が1番人気に推されそうですが、どうでしょう?
G1「菊花賞」で0.5差5着でした。
前週OP「万葉S」で「菊花賞」3着の「ユーキャンスマイル」53Kが勝ち切れなかった事から見て少し心配が出て来ました。同馬は菊花賞では10番人気でした。
「グローリーヴェイズ」は同レースで12番人気だった事から見ても、M・デムーロ騎乗でどこまで戦えるのか・・・・・?人気が集中するようなら切り捨ても「アリ」と見ています。

やはりここも<穴馬>探しが大切かと思いますので、探して行きましょう。

直近の傾向からは、前走1600万クラスのレースで1番人気に推され勝ち上がっている馬が毎年馬券圏内に着ています。

このタイプの馬は今年2頭、
10「ルックトゥワイス」 6歳 55K 岩田
前走1600万、中山芝2500M「グレイトフルS」1着 57K⇒55K

5「シュペルミエール」 6歳 55K 北村宏
前走阪神1600万、芝2400M「オリオンS」1着 57.5K⇒55K

共にサンデー系<ステイゴールド産駒>です。
距離にも問題が有りません。
6歳馬・・・ここのみが少し気になる処です。

また過去の成績から「穴」になった馬を見れば、結構「リピート馬」が絡んでいます。
昨年の2・3着馬、
15「ロードヴァンドール」 6歳 56K 横山典 SS系ダイワメジャー産駒
昨年は積極的に逃げて0.0差2着でした。
長期休養明け前走G3「チャレンジC」を叩き、今年も「ここが目標」と思われますから要注意ですね。

7「ガンコ」 6歳 57K 藤岡佑 SS系ナカヤマフェスタ産駒
昨年はこのレースの後、中山G2「日経賞」を勝っています。
昨秋の3戦はこの馬に不向きな高速馬場でのレースでしたから、条件が替わる今回は注意する必要が出て来ます。

もう2頭、種牡馬から推薦出来るのが、
3「エーティーサンダー」 6歳 51K 酒井 SS系マンハッタンカフェ産駒
さすがにここでは苦しいかもしれません。

ならば同じく<マンハッタンカフェ産駒>の
12「メイショウテッコン」 4歳 56K 武豊 SS系マンハッタンカフェ産駒
4歳馬で武豊とくれば人気に推されそうですから「穴馬」とはなりそうにありませんが、この条件に向く事は確かなようですから魅力的ですね。

馬券的にはこの馬を買う時には15「ロードヴァンドール」との「行った行った」が面白そうですがどうなるのでしょう?前週「万葉S」で大逃げが成功している様に2匹目が有っても良さそうですが・・・・。

ハンデ戦らしい面白いレースになる事を期待しています。


2018「フェアリーS」

明け3歳牝馬のG3戦、しかも中山マイルとくれば答えは「高配当」正解でしょう。

今回も2勝馬は2頭のみ、実質500万戦のようなものですから、遠慮せず振り回して行きましょう。

<穴馬>となりそうな処を掲載しておきましょう。
前走同距離またはそれ以上の距離を使ってきた組が優勢ですが、あえて前走1400Mを使った、
12「チビラーサン」 田辺
未勝利戦だったとはいえ18頭立てのレースで4角14番手からの追込みで勝利してきました。
直線の短い中山でどれほど追い込めるかは解りませんが、末脚に期待します。

8「ホウオウカトリーヌ」 大野
前走中山1200Mで500万特別「黒松賞」を勝ち上がっている2勝馬の内の1頭。
サンデー系<マツリダゴッホ産駒>で中山なら距離延長もこなして良さそうに思われます。
先行馬の直後辺りから速い脚が使えるようなら馬券圏内も期待できそうです。

今年も大きな配当を期待しましょう。

2018「京成杯」は枠番が発表されていませんので、今回は省略させて頂きます。

3日間のレース、始めに勝負を賭けるのか、よーく見極めてから勝負するのか?
マイスタイルを貫きたい処ですね。

頑張りましょう。






中山金杯・京都金杯 2019

明けましておめでとうございます。              <2052>

本年もどうか宜しくお願い申し上げます。

2019年が始まりました。
「平成」から新元号に移り変わる年、どのような1年になるのでしょう。

競馬ファンにとっては毎年スタートのレースとなる「両金杯」、しっかり的中させスタートダッシュを決めたい処です。

昔は「荒れる金杯」で有名でしたが、近年は大荒れまでは無く、比較的堅く収まっている様に感じます。

さっそく2019「中山金杯」から見て行きましょう。
既に出走馬と枠順が発表されていますが、このレースの最大のポイントは枠番(馬番)ではないでしょうか。

直近10年間の馬番では、
1~8番  9--6--4
9~16番 1--4--6
となっています。
また馬番13番より外の馬の馬券圏内は全くありません。
中枠・外枠の馬は2・3着と決めてかかっても良さそうに思えますね。

前走阪神G3「チャレンジC」0.5差2着の
8「マウントゴールド」 6歳 56K 武豊
は何とか4枠8番をGETしましたが、

同レース0.7差3着だった、
15「ステイフーリッシュ」 4歳 56K 藤岡佑
は8枠15番と明暗を分けました。
この枠からどこまで頑張れるのか?・・・・心配ですね。

同じく4歳馬で人気に推されそうな、
12「タイムフライヤー」も6枠12番、厳しいレースとなりそうな気がしています。

いつものように<穴馬>を推薦しておきましょう。
頭数は少し多いですが、1枠・2枠の4頭を挙げたいと思います。

1「タニノフランケル」 4歳 53K 内田 ND系Frankel産駒
女傑「ウオッカ」の産駒がやっと軌道に乗って来ました。
逃げなければ結果を出せなかった馬が、前走は2番手からの競馬で1600万を勝ち上がりました。
今回も53Kの斤量と1枠1番の好枠を活かし切れるなら面白そうです。

2「アドマイヤリード」 6歳牝馬 56K 横山典 SS系ステイゴールド産駒
17年G1「ヴィクトリアマイル」優勝馬、その後少しスランプだったようですが、前走中山OP「ディセンバーS」で優勝復活しました。
430K辺りの馬体重のこの馬にとって56Kは酷量とも思えますが、前走も56Kでしたので、問題は無さそうです。
マイル辺りが最適距離と思えますが、前走が中山芝1800Mでしたから、その器用さの方が魅力的な気もします。好枠を活かし「横山典J」なら怖くなります。

3「コズミックフォース」 4歳 56K 石橋 ミスプロ系キングカメハメハ産駒
16番人気のG1「日本ダービー」で3着、大万馬券の片棒を担ぎました。
昨秋の2走は結果を残せませんでしたが、中山冬場ではG3「京成杯」2着があるように不安は無さそうです。
秋のスピード競馬向きでは無かった・・・・と見れば、十分圏内でしょう。

4「ランガディア」 5歳 54K 北村宏 ミスプロ系キングカメハメハ産駒
1000万・1600万を連勝中、差し脚にも磨きが掛って来ました。
54Kのハンデで2枠4番の好枠を活かし切れるなら・・・と思いますが、好成績を残しているのは全て<左回り>だけ、右回りは3歳時G2「ニュージーランドT」1走のみ、3番人気で13着大敗しています。
歳を重ね右回りでも走れるようなら・・・・と条件付きですが・・・・??

後は8歳となった6「エアアンセム」田辺辺りも少し気になりますね。


2019「京都金杯」

こちらは1・3・5・7番人気が各2勝、4・6番人気が各1勝しています。(直近10年)
特に1・3・7番人の複勝率は50%ありますから、この辺りの人気馬は必ず馬券に取り込みたい処です。

直近2年は比較的おとなしくなっていますが、<中波乱>ならいつ起こっても不思議ではないレースに思えます。

阪神OP「リゲルS」をぶっちぎりで優勝の、
12「パクスアメリカーナ」 4歳 55K 川田 ND系クロフネ産駒

G2「ローズS」2着、G1「秋華賞」4着の、
2「サラキア」 4歳牝馬 53K 池添 SS系ディープインパクト産駒

昨秋同場所・同距離で行われたG1「マイルCS」0.2差4着の
3「カツジ」 4歳 56K 松山 SS系ディープインパクト産駒

辺りが人気上位に推されそうです。

レースは「リゲルS」で逃げた11「トゥラヴェスーラ」、15「マイスタイル」辺りが先導しそうです。
マイル戦だけにペースが緩む心配は無さそうですが、後ろから追い込むには骨が折れるような気がします。

ここも<穴馬>を推薦させて頂きましょう。
5~9番人気辺りの馬には常に注意が必要なレース。
その辺りの人気の推されそうな馬を選択したい処です。

8「ヒーズインラブ」 6歳 56.5K 藤岡康 ND系

13「アサクサゲンキ」 4歳 54K 松若 ND系

2頭のND系産駒を挙げておきましょう。

このレースも内枠がかなり有利なレース。その内目の枠に有力馬が入っていますから、どこまで通用するのかは少し疑問ですが、サンデー系に続き優秀な成績を残しているノーザンダンサー系に注目してみます。


尚、日曜日京都メインの明け3歳G3「シンザン記念」は省略させて頂きます。


今年もスタートダッシュを決めて好成績を挙げ続けられるように頑張って参ります。
1年間のお付き合いよろしくお願い申し上げます。





2018年を振り返って

<2018年を振り返って>               <2051>

中央競馬も2歳G1「ホープフルS」が行われた12月28日で全て終わりました。

今年はどのような年だったのでしょう?

私が感じたこの1年を簡単に振り返っておきましょう。

C・ルメール騎手が年間勝利数のレコードを塗り替えたように、外国人騎手がレースを席巻したようです。

中央競馬所属になったC・ルメール、M・デムーロ両騎手を始め、昨年に続き今年も札幌競馬を我が物顔にしたJ・モレイラ騎手など、外国人騎手の活躍が顕著でした。

穴党の私などは、どこで外国人騎手を外すか(馬券から)・・・・こればかりを考えていたように思えます。

来年からのお役に立てばと・・・と思いますが、これらの騎手が3番人気以下の時はかなり馬券から外れる確率が上がって来るように思いました。

もっと下位の人気であろう馬が、彼らの騎乗で3番人気近くまで押し上げられた・・・・と想像できるからですね。

それでも、もちろん馬券圏内に持ってくることも有りますから常に注意は必要ですが・・・・・。

日本人騎手の奮起を望みたい処ですね。
特に若手の騎手・・・・そろそろ武豊騎手に続くようなスーパースターの登場が待たれる時期が来ている様にも思えます。


次は<オッズ>ですね。
かなりの方が色々なソフトを使って競馬を楽しむ時代が来たように思います。

その結果、1番人気のオッズが相当偏ってきたように思われました。
当然3倍台になるだろう・・・と思われるような馬が1.8倍とか信じられないようなオッズになるレースが多く有ったと思います。

もちろん強い馬に前述の外国人Jが騎乗すれば、そうなって当然なのですが、そうでない場合も多くありました。

1番人気を外して買う<競馬ソフト>はまずないとも思われますから当然かもしれませんが、それにしても気になる現象でした。

自作の3連複ソフト<三福神>をベースに新たに開発したソフト(オーナー様の意向で名前を伏せさせていただきますが・・・・)が稼働いたしました。

そこに新たなソフトを組み込む為、今年は「馬連」「馬単」と3連系以外の馬券をしっかり研究させて頂きました。

まだまだ競馬の面白さ、同時に怖さも身を持って経験させていただけた1年だったように思われます。

来年は元号も「平成」から新たな元号に替わる年となりますね。
益々競馬ソフトの質も向上して来る年となりそうです。

<AI搭載>などをうたったソフトも数多く登場しそうですが、人間の「勘」も捨てたものではありません。

まず健康・・・・そして新たな取り組み・・・・来る年も頑張って行きたいと思います。

来年も週1回はブログを更新行けます様頑張ります。

皆様にとって素晴らしい年となります様お祈りいたします。

例年通り東西金杯からスタートさせて頂きます。

1年間のお付き合い誠にありがとうございました。

                                           「銀龍記」




ホープフルS 2018

2018「ホープフルS」               <2050>

本年最後のG1戦は2歳「ホープフルS」となります。

頭数は13頭と少し少なくなりましたが、なかなか良いメンバーが揃ったように感じます。

既に出走馬と枠番が発表されていますが、有力馬は上手く内枠を得たようです。

トリッキーな中山コースですから、思わぬ取りこぼしも有りそうですが、この枠順なら順当に有力馬が力を発揮できそうです。

人気上位と思われる3頭は、
1「ニシノデイジー」 勝浦 ND系ハービンジャー産駒

5「サートゥルナーリア」 M・デムーロ ミスプロ系ロードカナロア産駒

8「アドマイヤジャスタ」 C・ルメール SS系ジャスタウェイ産駒

まずまずの枠番(馬番)となったのではないでしょうか。

続く人気に推されそうな、
2「ブレイキングドーン」 福永 SS系ヴィクトワールピサ産駒

7「ミッキーブラック」 O・マーフィー SS系ブラックタイド産駒

11「ヴァンドギャルド」 C・デムーロ SS系ディープインパクト産駒

も問題なさそうです。

掲載しました6頭に大きな力差は無さそうですが、成績から感じるのははやり上記した組が有力ですね。

ただし7「ミッキーブラック」以外は中山芝2000Mの経験が有りませんし、1番人気に推されそうな5「サートゥルナーリア」は関東圏への輸送経験も有りません。

その辺りも考慮するなら、やはり2歳馬のレース・・・・何が起こっても驚けないでしょう。

名前を挙げた6頭の内、4頭までを外国人騎手が占めますが、40歳の「勝浦J」、42歳の「福永J」には是非とも頑張って欲しい処ですね。

いつものように<穴馬>をと思いますが、どこまで通用するのか・・・・は少し疑問に思えます。

13「コスモカレンドゥラ」 戸崎 エクリプス系ノヴェリスト産駒
左回り東京OP「アイビーS」で0.3差2着、前走右回り京都500万「黄菊賞」で1着と新馬戦以外は崩れる事無く走っています。
先行脚質ですからこの大外枠も問題なさそうですが、どこまで善戦出来るのか?
少し馬券に加えたいように思いました。

9「ジャストアジゴロ」 田辺 エクリプス系ノヴェリスト産駒
未勝利戦を勝ち上がったばかりですが、東京芝稍重馬場で上がり3F33.6の時計でした。

推薦の2頭が共に<ノヴェリスト産駒>となりましたが、少し時計が掛るような馬場なら期待できるかもしれません。

馬券に絡んでくるのは多分この辺りまでと見ています。
それでも有力馬3頭プラス準有力馬3頭穴馬候補2頭なら合計8頭。

配当的な魅力には少し欠けるように思われます。

将来性豊かな2歳馬の最終戦、年が明ければ3歳馬となりますからクラシックに出て来る馬もいそうです。
見応えのあるレースを期待しましょう。

高配当狙いならやはり今回はWin5が良さそうです。
6億円のキャリーオーバーですから、従来の配当から見れば2倍辺りは確実でしょう。

参考資料は<Win5 All Information>でご覧ください。

中央競馬も最終日となります。
必ず勝利して気持ち良く新年を迎えたいものですね。





有馬記念 2018

2018「有馬記念」                     <2049>

今年もついに「有馬記念」となりました。

昔ならこれで中央競馬は終わり・・・・となっていましたが、昨年からは最後に2歳G1「ホープフルS」が有る為、終わりとはなりません。

しかし競馬ファンにとっては是が非でも「的中」させたいレース。
これは昔も今も変わりは有りませんね。

毎年「両金杯」からスタートして「有馬記念」を迎える・・・・一年の速さを感じます。

障害レースの王者「オジュウチョウサン」を迎え、面白いレースを期待したい処です。

さて今年の問題は、秋東京競馬場で行われたG1レース「天皇賞秋」が1.56.8、
同じく東京のG1「ジャパンC」が2.20.6、と超が付く高速決着となりました。

今回当然人気に推されるそのレースに出走していた12「レイデオロ」(天皇賞秋 優勝)、
14「キセキ」(ジャパンC 0.3差2着)に疲れはないのか・・・・・・??

1番人気・2番人気に推されそうなだけに尚更心配が増します。

昔からの競馬格言「レコード後の馬は切り捨て」・・・・正にこの格言にピッタリ当て嵌まりそうな気がします。

そう考えるなら一気に<混戦模様>となりそうなレースですが、ファンの皆様はどうされるのか?オッズはどのような推移をたどるのか?
それを見極めるのには少し時間が掛りそうです。

人気は、
12「レイデオロ」 4歳 57K ルメール

14「キセキ」 4歳 57K 川田

3「モズカッチャン」 4歳牝馬 M・デムーロ

15「シュヴァルグラン」 6歳 57K ボウマン

8「ブラストワンピース」 3歳 55K 池添

辺りが占めるのでしょう。
この内馬券圏内を占めるのは何頭なのか?馬券圏内全てを占めるようなら「ガチ」決着<低配当>間違い無し。

しかしそうはいかないのが「有馬記念」だと思っています。

過去のデータからは6歳以上の馬は苦戦と言われていますが、08年は2・3着が外枠の7歳馬で大荒れとなりました。

またその年のG1「日本ダービー」が荒れた決着となった年は「有馬記念」も荒れる・・・などとも言われています。

展開面はどうでしょう?

外枠に入りましたが14「キセキ」がレースを引っ張るのか?
またしても1枠1番を引いた「武豊J」騎乗の1「オジュウチョウサン」が出て行くのか?

ペースが緩めば「捲る」馬はいるのか?

土曜日から落ちて来そうな<雨>、日曜日の馬場状態はどうなのか?

まだまだ考えさせられる要素が多すぎるように感じます。

まずは明日土曜日「有馬記念」と同距離で行われる中山メイン「グレイトフルS」(1600万ハンデ)を、そして日曜日9レース同じく同距離で行われる1000万「グッドラックH」を見てからでも遅くはない・・・・と思っています。

今の時点でも買いたい「穴馬」は5指を越えますから、絞り込む必要が有りそうです。

<大荒れ>も視野に入れながら頑張ってみます。

希望としては時計勝負にならないような<馬場>になって欲しいのですが・・・・。

この思いは同じ東京芝2400Mで4秒近くの差があった1「オジュウチョウサン」武豊Jと同じなのではないでしょうか?

平成最後の年記憶に残るような面白いレースを期待しています。


2018「阪神C」

土曜日阪神メインはG2「阪神C」

過去10年、1番人気は1--1--1--7、大荒れも期待できるレースとなっています。

私の得意としていたレースですが、サンデー系<フジキセキ>の血を持っていた馬が5勝。
ここが解れば獲れたレースだった事が大きかったようです。

今年も<フジキセキ>---<キンシャサノキセキ>と続く7「シュウジ」が参戦しますが、雨が落ちて来るようなら「必要」と思っています。

またこのレースはリピーターが大活躍を見せていますので、3歳時に優勝が有る7「シュウジ」にはやはり注意が必要でしょう。

今年の注目点はスプリント傾向が強い馬ばかりですが、「逃げ馬」が不在

どの馬が逃げてどのようなペースを造り出すかによって「前有利」「後有利」が変わって来そうに思われます。

1400Mですから大きくペースが落ちるとも思われませんが、超の付くハイペースは望めそうにありません。

例年よりも比較的「前」に付けた馬が漁夫の利を得るようにも感じますが・・・・・。

<穴馬候補>としては少し数が多いのですが、1枠・2枠の4頭を挙げておきましょう。
比較的前に付けられる馬が揃いましたし、調子も良さそうなメンツとなっていますから、魅力的に映ります。

追込み一手だった馬が先行して答えを出した
1「ダイメイフジ」 酒井

3歳馬で斤量と騎手が魅力の
2「ミスターメロディ」 C・デムーロ

前走G3「京阪杯」で復活の兆し意を見せた
3「ダイアナヘイロー」 菱田

重馬場の17年G2「スワンS」で2着のある
4「ヒルノデイバロー」

この辺りの馬が連複圏内に着てくれれば嬉しいのですが・・・・。

楽しみのあるレースを期待しています。


<三福神>ファンの皆様、先週土曜日阪神10Rでは久しぶりに大きな処(¥73,670)が獲れましたね。
今週は中京が終わり2場開催となりますから、少し絞り込む必要が有りそうです。
有馬記念用の資金上手く稼ぎたい処です。
頑張りましょう。





≪PREV | | NEXT≫

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ