FC2ブログ

朝日杯フューチュリティS

2020「朝日杯FS」                        <2154>

先週は白毛で話題の1番人気馬が2歳牝馬G1「阪神JF」を制しました。

今週は牡馬の2歳マイル戦チャンピオン決定戦G1「朝日杯FS」が行われます。

来週中山で同じく2歳G1「ホープフルS」が行われるようになって、この「朝日杯FS」の立ち位置も変わりましたが、今年は面白そうなメンバーが揃ったように感じます。

G2「デイリー杯2歳S」1・2・3着馬、同じくG2「京王杯2歳S」1・2着馬、そこにG3「サウジアラビアRC」1着馬などが加わってかなりな混戦のように見えます。

どのような戦いが行われ、どの馬が勝名乗りを挙げるのか?楽しみな一戦と言えそうです。


いつものように<穴馬候補>を挙げておきましょう。

またしても外枠を引いてしまった、
15「ロードマックス」 岩田望 ディープインパクト産駒
前走のG2「京王杯2歳S」が17番の馬番、全馬がコースの内を空けて戦うような馬場状態でしたので、勝馬14「モルトライゼ」馬番6番とはかなり進路に差があったように思われます。

阪神の外回りレースなら、このレース6年間で優勝馬が出ている15番を引いた今回、前走からは差が詰まると見ていますがどうでしょう?ディープ産駒というのも魅力です。
右回りの「岩田望」はイマイチなようにも思われるのですが、頑張って欲しいものです。

データからは推し辛いのですが、
ノーザンダンサー系の外国馬2頭は未だ底を見せていません。
4「ショックアクション」 戸崎

6「ブルースピリット」 藤岡佑

にもう1頭、川田J騎乗のフランケル産駒
2「グレナディアガーズ」 川田

辺りが馬券に絡めば、少しは配当になると見ていますが・・・・?

来年のクラシックに繋がるような馬の出現を期待しています。



牝馬G3「ターコイズS」

中山・牝馬・G3ハンデ戦と聴けば、どうしても「荒れる」を想像してしまいます。
昨年は人気の3歳馬が馬券圏内を独占し、堅い決着となりましたが、例年は3歳馬と古馬の混合馬券で大きな配当が出ています。

今年も人気の8「スマイルカナ」が期待通りに勝ち上がれば堅く収まる可能性もありますが、G3「オータムH」とは馬場状態も違い、また斤量もUPされますから、同じようになるとは考え辛い処です。

3歳馬<穴馬候補>としては、
6「インターミッション」 3歳 53K 石川 ディープインパクト産駒

12「クリスティ」 3歳 53K 松若 キズナ産駒

古馬の<穴馬候補>としては、
14「ランブリングアレー」 4歳 55K 吉田隼 ディープインパクト産駒
前走(L)「カシオペアS」では先日G3「中日新聞杯」を勝った「ボッケリーニ」に半馬身差を付けていますし、牡馬混合戦で好成績を残していますから、ここは十分圏内でしょう。


前に行きたい馬が揃ったように思えますから、かなりペースが上がりそうです。
上りの掛かる競馬で成績を残している馬に注目ですね。


新型コロナウイルスも猛威を奮っています。
一日も早く全員にワクチンが行き渡るよう願っています。

年末年始を病院で過ごす事が無いよう、十分ご注意下さい。







阪神ジュベナイルフィリーズ 2020

2020「阪神JF」                         <2153>

今週は2歳戦のG1「阪神JF」が行われます。

今秋G1戦で長らく続いた1番人気優勝も前回で途切れました。

競馬も師走に入り、「餅つき競馬」が始まりました。

どの厩舎も歳の終わりは帳尻を合わせなくてはなりません。

思わぬ「穴馬」が走り始める季節です。

何とか帳尻を合わせなければならないのは競馬ファンも同じでしょう。 頑張って「穴馬」探しましょう。

過去10年間の1番人気成績は4--1--1--4、馬券圏内は6頭ですから、まずまずと言えそうです。
経験の浅い2歳の牝馬ですから、荒れてもおかしくは無いのですが・・・・・。

オッズ的にはどの辺りの馬が優勝しているのか?人気とオッズの関係を見ておきましょう

19年 4人気 1,120
18年 1人気  260
17年 2人気  410
16年 1人気  280
15年 1人気  250
14年 5人気  980
13年 5人気 1,460
12年 5人気  810
11年 4人気  680
10年 1人気  160

10年間では2番人気が1回、3番人気は0回、4番人気が2回、5番人気が3回優勝しています。

オッズから見ると、5番人気の¥1,460が最高配当となっていますから、それ以下の人気馬は割引で良さそうです。

人気に推されそうな白毛馬6「ソダシ」、7「サトノレイナス」はまずまずの馬番でしたが、18「メイケイエール」は大外枠となりました。
これなら、前走G3「ファンタジーS」で0.1差だった12「オパールムーン」も差がなくなったように感じます。
今年の5番人気はこの辺りの馬と思えるだけに要注意かもしれませんね。

今回出走馬で逃げて勝利がある馬は3頭、8「ヨカヨカ」、14「ポールネイロン」、15「エイシンヒテン」と馬番が決まりましたので、九州産馬期待の星8「ヨカヨカ」がレースを造りそうです。

脚質的に差し馬有利のレース、今年は前開催から馬場を使っていますから、尚更有利に働くことも考えなくてはなりません。
荒れる時には2着に人気薄馬が突っ込むのがこのレースの特徴ですから、後ろに構える人気薄馬の中に「穴馬」がいるのかもしれません。

2歳戦でデータも少ないですから、<穴馬候補>は見送りとさせていただきます。
それでも「荒れて」欲しい・・・と願うのは「穴党」のサガでしょうね。


G3「中日新聞杯」

G3戦でハンデ戦。しかもフルゲートとくれば「荒れる」と考えて良さそうです。

1番人気に推されそうな馬が9「ヴェロックス」、ダービー、菊花賞3着馬ですから実力は証明済みです。
しかし今回は42週の長期休養明け、鞍上が前回G1戦圧倒的人気馬で敗れた川田J
騎手的にはここは負けられないところでしょう。
それがプレッシャーにならなければ良いのですが・・・・?

ルメール騎乗の11「グロンディオーズ」や18「サトノソルタス」圧倒的多数の栗東所属馬に交じってどう戦うのか?
「大荒れ」の気配が濃くなってきそうです。

1頭<穴馬候補>を挙げるとすれば、

5「ギベオン」 5歳 57K 岩田望 ディープインパクト産駒
19年G2「毎日王冠」で7着、直近ではG3「新潟大賞典」で騎乗していますが、4番人気13着と大敗しています。

やっと巡ってきたリベンジのチャンスですから、ここは狙ってみたいと思います。
今現在の左回りコースで1番上手い騎手・・・・はこの「岩田望」だと思っています。
右回りではまだまだと思える事もありますが、左回りのコースではいつの間にかゴール前で「着」に持ってきます。

今回はそこを高く買ってみようと思っています。
来て欲しいですね!


新型コロナウイルスは連日記録を更新中。
年末を迎え、大変な時に「自粛」も厳しいでしょうが、各自が出来ることを守っていかなければ終息は来ません。
皆で力を合わせ乗り切りましょう。






チャンピオンズカップ 2020

2020「チャンピオンズC」                     <2152>

始めにこの秋のG1戦結果を見ておきましょう。
なんと1番人気が7連勝中ですね。
10月04日 ¥220 ルメール
10月18日 ¥140 松山
10月25日 ¥110 福永
11月01日 ¥140 ルメール
11月15日 ¥330 ルメール
11月22日 ¥160 ルメール
11月29日 ¥220 ルメール
スタートのG1「スプリンターズS」で1番人気に¥1000投資し、勝利した金額全てを1番人気で「転がし馬券」をすれば、

先日のG1「JC」で¥53,020になっていました。
もちろん「穴党」の私などがやることはありませんが、それにしても「超堅い」G1戦が続いたことになりますね。

そして12月6日の「チャンピオンズC」に続くわけですが、強い強い前年の覇者15「クリソベリル」が参戦します。
こちらも圧倒的1番人気に支持されることは確実。
1番人気の8連勝が継続するのでしょうか?

成績から推測するなら馬券から外れることはまず無さそうです。
昨年の当レースを勝ち上がったタイムも驚異的な時計です。
中京ダート1800M良馬場の最高タイムを記録する、1.48.5で走破しています。

それまでの16年・17年・18年が全て1.50.1でしたから昨年の時計には驚きました。

ならば今回も1番人気優勝で間違いないのか?と問われると・・・・安心できない点もありそうに思っています。

昨年2着の「ゴールドドリーム」とはタイム差なしでした。
またすごい時計が出た背景にはそのペースを創り出した3人気3着「インティ」の存在も大きかったようです。

同馬は今年も参戦しますが、直近の成績がイマイチですから、昨年のようなペースではないかもしれません。

また15「クリソベリル」は直近2走がダート2000M、今回は前走マイル戦を使ってきた馬も多く、どのようなペースになるのか?も難しそうです。

そしてもう一つ、わずか6年間の成績ですが、外枠の成績が良くない・・・・そこへ8枠15番を引いたことがどうか?
も心配です。
先行馬ですからスタートですんなり前に付けることが出来れば、心配ないのかもしれませんが、過去人気の馬も外枠で苦戦していた馬もいますから注意は必要でしょう。


2番人気に推されそうな
7「カフェファラオ」 3歳 56K ルメール
も同世代では強いでしょうが、古馬との対決となれば、心配がありそうです。
G3「ユニコーンS」で2着馬を0.8秒切り捨てましたが、稍重馬場で1.34.9、同枠8「サンライズノヴァ」の前走G3「武蔵野S」が良馬場で1.35.0だったことからも、時計の裏付けには?が付きそうです。

いつものように<穴馬候補>を挙げておきましょう。

今回はまず3枠2頭

5「クリンチャー」 6歳 三浦
良馬場の阪神ダート1800Mで1.49.9、G3「みやこS」を勝ち上がっての参戦です。
4--2--2番手から先行し、上りタイムも最速を記録していますから、他の馬は完全にお手上げとなりました。
芝コースでも重賞を戦ってきた馬ですから、ダート戦に慣れてきた今なら十分チャンスはあると思っています。

6「エアスピネル」 7歳 福永
こちらも芝コースで活躍してきた馬。ダート戦に矛先を向けて4戦目となります。
少しでも前が速くなってくれるようなら、先行馬の直後辺りから競馬を進めるこの馬にもチャンスがありそうです。


今回の<大穴候補>

1「タイムフライヤー」 5歳 藤岡佑
函館・札幌でG3戦を2戦完勝。休み明けの前走G3「武蔵野S」では1番人気に支持されましたが0.4差5着と完敗しました。
今回相当人気を落としそうな気がしますね。
砂は被りますが、絶好の1枠を得ましたから、後はどれだけ我慢が出来るか?となりそうです。
4コーナーで各馬外を回してきますが、内枠から伸びてくることが出来れば、面白そうです。


15「クリソベリル」は強いことは十分承知していますが、さすがにG1戦、1番人気8連続は考えなければ・・・・と思っています。
面白いレースを期待しましょう。

新型コロナウイルスの第3波もいよいよピークかと思われます。
「自粛要請」が出されていますし、大阪は「赤信号点灯」となっています。

自分自身出来る事と不要不急の外出は守りたいものですね。
皆様も十二分にお気を付けください。






ジャパンカップ 2020

2020「ジャパンC」                             <2151>

世紀の大一番に間に合いました。

体調不良のため長らくお休みをいただきました。
目標にしていましたG1「ジャパンC」に何とか間に合ったようです。

過去にも<3強>と呼ばれる強い馬の走るレースは数々ありましたが、無敗の3歳3冠馬が牡馬・牝馬2頭揃う事さへ凄く難しい処に、牝馬8冠馬が参戦。

多分私が生きている間には見ることができないレースと思われます。
素晴らしいメンバーが揃いました。

東京競馬場は日曜日まで雨予報もありませんから、パンパンの良馬場での競馬となりそうです。
それでも今年の芝コースは内を開けて走っていることも多く、内目の馬場は相当傷んでいるのかもしれません。

近年のG1「ジャパンC」はどちらかと言えば前目の位置取り、内からの差し脚など、前・内が有利に見えていました。

しかし今年の馬場は外伸びの馬場のようにも感じられますので、どの馬がその適正に合致するのか?も重要な気がします。

さて
6「コントレイル」 3歳 55K 福永

5「デアリングタクト」 3歳牝馬 53K 松山

2「アーモンドアイ」 5歳牝馬 55K ルメール

<3強>で馬券を独占してしまうのでしょうか?
3連単馬券では、並び順は違っても、この3頭のBOX馬券が3連単馬券人気6位までを占める事でしょう。

「穴党」の私にとって、それだけはやめて頂きたいと思うのが3頭での決着。

配当もさることながら、馬券の面白さがなくなってしまいます。
出走する3頭以外の馬には是非とも頑張って頂きたいものです。

いつものように<穴馬候補>を挙げておきましょう。

優勝馬は前述の3頭の内からと決めています。
<穴馬候補>は連複の範囲と思いますが、連対圏も苦しいのかもしれませんね。

1「カレンブーケドール」 4歳牝馬 55K 津村
昨年の当レースで0.1差2着、G1「秋華賞」でも2着しています。
良馬場よりは稍重・重馬場で力を発揮するタイプに見えますが、今年の東京は少し時計も掛かっていますので、向いているかも知れません。
2「アーモンドアイ」、5「デアリングタクト」、共々馬券になるなら、3世代の牝馬が揃い踏みとなりますね。
こちらも記憶に残るレースとなるのですが・・・・・?

15「グローリーヴェイズ」 5歳 57K 川田
19年G1「天皇賞春」で2着、昨年の国際G1「香港ヴァーズ」を優勝、G1馬となりました。
今年はG1「宝塚記念」からスタートしましたが、17着大敗、秋G2「京都大賞典」で復活優勝しての参戦です。
少し時計の掛かる芝コースで2400Mならこの馬にも十分チャンスがありそうです。

<大穴候補>としては、
3頭出しの友道陣営から、7枠の2頭を取り上げたい処です。
12「マカヒキ」 7歳 57K 三浦

13「ユーキャンスマイル」 5歳 57K 岩田康
昨年のG1「ジャパンC」で4着・5着の2頭です。
メンバーも大幅に強化され、スピード比べになれば全く出番が無いのかもしれませんが、そこは「競馬」、と割り切って期待してみます。

外枠に入った14「ヨシオ」が逃げ宣言、9「トーラスジェミニ」も行きたがりそうですから、ペースが緩む事はないでしょう。

見応えのある素晴らしいレースを期待しましょう。
どの馬が優勝するのでしょうね??


新型コロナウイルスも第三波に入り益々増えてきています。
基本に戻り、自分でできることは確実に実行していこうと思います。
しばらく入院していましたので、もう病はたくさんです。
一日も早く元に戻るよう頑張っていきます。

毎日凄い数のアクセスを頂きましたmsn.comの皆様には厚く御礼申し上げます。
体調が完璧ではありませんので、お休みを頂く場合が多くなると思いますが、出来る限り頑張ります。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

銀龍記






放牧のお知らせ

<お知らせ>

「ギンリュウゴウ」は馬場入り後、故障を発生いたしましたのでお知らせいたします。
なお結果は解り次第発表いたします。

とのアナウンスがありました。

結果は当レースから除外、しばらく放牧に出される事となりました

G1戦線のさなかの離脱は本人が一番つらいのですが、これも高齢に差し掛かってくれば仕方ないのかもしれません。

G1「ジャパンカップ」には復帰する予定でいますので、悪しからずご了解ください。

いつも拙いブログを読んで頂き、まことに有難うございます。

皆様頑張って的中目指してください。
2020/10/27
銀龍記




≪PREV | | NEXT≫

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ