FC2ブログ

金鯱賞 2019

2019「金鯱賞」                       <2062>

G1戦を見据えたトライアル戦が花盛りです。
今週は開幕中京競馬場でG2「金鯱賞」が行われます。

G1馬も多数参加、見応えのあるレースになりそうですが、日曜日はまたまた雨予報。
先週も馬場が悪化するに従い大荒れのレースとなりました。

果たして今回はどうか?そこから心配が始まりますが、現在出ている予報では、中山・中京に雨の心配は無さそうです。阪神のみ心配ですが・・・・・?

G2「金鯱賞」から見て行きましょう。

4連勝中の8「エアウィンザー」とG1馬の対決のように思えます。

8「エアウィンザー」は1600万--1600万--OP--G3と連勝中。
芝2000Mも4--4--1--0と馬券圏内を外していません。
好調子のままG2戦を勝利で飾れるかどうか?・・・・となりそうです。

その他のG1馬も虎視眈々と狙っているのでしょうが、これらの馬は目標がG1戦とハッキリしていますから、ここは「試走」と見るのが正解でしょう。

長期休養明けの、
1「ダノンプレミアム」 4歳 56K 川田
出走する限り出来は戻っていると思われます。
ただし41周の休み明けとなれば、さすがに「実戦感」が心配です。
ここはあくまで<たたき台>とも見られますから要注意でしょう。

80%の仕上げで勝ってしまうような馬が出現するのかどうか?勝ってしまわれても文句が付けられないだけに難しい判断を迫られそうです。

いつものように<穴馬候補>を挙げておきましょう。
絶対にハナを主張する馬が見当たらないメンバー構成なら
5「タニノフランケル」 4歳 56K 吉田隼
はどうでしょう。
開幕週の絶好馬場で「単騎逃げ」可能となれば、やはり怖い存在かもしれません。

7「ギベオン」 4歳 56K 丸山
3歳時、G3「毎日杯」2着、G1「NHKマイルC」タイム差なし2着の馬が前走中京芝2000M「中日新聞杯」G3で1着、今回と同じ条件での勝利は見逃せません。

切れ味鋭いG1馬達が相手となりますから、自身の末脚がどこまで通用するのか?
今回が「試金石」となりそうです。

13「メートルダール」 6歳 56K 福永
昨年は当レース8着でしたが、17年G3「中日新聞杯」を勝っています。
今年初戦の中山G2「アメリカJCC」で0.1差3着と好調な滑り出しでしたので、使われている強みが発揮できるようなら圏内が有っても・・・・と考えます。

「格」が優先するのか?それとも「出来」が優先するのか?
その見極めが大変難しくなりそうなレースですね。


2018「フィリーズレビュー」

G1「桜花賞」有力候補はG2に格上げされた「チューリップ賞」に行く傾向が強くなっているのでしょう。
今回も3勝馬が1頭のみ、それを含み2勝馬11頭との争いと見られます。
時計的にも、
18年 1.21.5
17年 1.21.0
とこの辺りの決着となりそうですが、阪神競馬場には「雨予報」が出ています。
いつ頃から降り始め、どのような馬場になるかで、結果は違ってきそうです。

G2「京王杯2歳S」タイム差なし2着の
5「アウィルアウェイ」 石橋
が実績では断然有利に見えます。多分1番人気に推されるのでしょう。

2歳時新潟OP「ダリア賞」の末脚が33.4秒、前走G2「京王杯2歳S」時が32.8秒と切れに切れています。
18週の休み明けとなる今回、同じような脚が使えるのかどうか?心配はそこだけですが、成長している様なら更に期待が大きくなるのでしょう。

このレース前走
1600M 7--7--6
1400M 3--3--4
これら以外の距離からは馬券になっていません。
また馬体重の軽い馬も苦戦傾向、新馬・未勝利戦から挑む馬も苦戦。

比較的絞り込みが容易な気もします。

<穴馬候補>としては、
3勝馬
9「メイショウケイメイ」 古川
新馬・500万勝が1200M、G1「阪神JF」は17番人気でしたが11着。
年明け初戦芝1400Mの京都OP「紅梅S」で3勝目を挙げています。
1600Mの距離が長かった・・・と見れば前走の5番人気はどうだったのか?と思われますが、今回は前走と同じ1400Mですから、3勝馬の意地を見せて欲しい処です。

15「ジュランビル」 松若
阪神1400MOP「ききょうS」で3着、京都1400MG3「ファンタジーS」で3着。
前走阪神1400M500万「万両賞」で2勝目を挙げています。

G3「ファンタジーS」の勝ち馬は「ダノンファンタジー」でしたから、0.3差3着ならここでは大威張り出来る存在ではないでしょうか。
<キンシャサノキセキ産駒>ですから、年末のG2「阪神C」と同じような馬場なら、「頭」も狙ってみたい存在ですね。


日曜日のWin5は高額キャリーオーバーとなっています。
特に難しそうなのは最終5レース目、中山3歳牝馬OP「アネモネS」でしょう。
3歳牝馬、中山芝1600M、フルゲート、全馬1勝馬の実質500万戦ですから、<大荒れ>も有り得そうです。

馬番が発表されるまで時間が有りますが、先行出来そうな馬、1・3・7枠に入った馬などを注目してみようと思います。
頑張ってみましょう!




Win5 次回は?

「Win5」次回は?

史上最高配当が出た次週がキャリーオーバーとなりました。

JRAの思惑通りと言えば良いのでしょう。
有馬記念時がキャリーオーバー、昨年最終開催日が約35億円の売り上げでしたから、今回もかなり注目される事でしょう。

今回は<3連単命>を離れ、緊急に「Win5」特集を組みました。
お役に立てれば嬉しい限りですが・・・・?

ここまで432回Win5は行われていますが、キャリーオーバーしたのは今回を含め6回のみ。
下記に列挙しておきます。(回数後ろは<人気和>)です。
人気和・・・・1レース目から5レース目までの人気総数>

20回  <30>⇒ 21回 <18> 配当¥1,008,010
109回 <36>⇒110回 <9>  配当¥114,070
181回 <35>⇒182回 <15> 配当¥1,238,270
192回 <49>⇒193回 <15> 配当¥1,541,710
420回 <31>⇒421回 <6>  配当¥29,330
432回 <47>⇒433回 <?>  配当¥???

この様に見て行くと、ガチ堅く収まる時と、人気和15(2回)~18辺りになっています。

次週行われる番組は昨年と全く同じ、
参考までに昨年の結果を記載しておきましょう。
1番人気 阪神10R 甲南S 1600万H
7番人気 中山10R 東風S OP
1番人気 中京11R 金鯱賞 G2
8番人気 阪神11R フィリーズレビュー G2
1番人気 中山11R アネモネS OP
人気和は「18」、配当は¥2,980,940 的中票数は166票となっていました。

この傾向から見えるのは、今年も同じ辺りの<人気和>になるのではないでしょうか?

どうか昨年末のような「ガチ」はやめて欲しいものですね。

詳しいデータをご覧になりたい方は、
Win5 All Informasion> でご覧いただけます。

気が付いたことが有れば、また緊急特集を組ませて頂きます。

的中させたいですね!頑張ります。





弥生賞 2019

2019「弥生賞」                      <2060>

3月に入りました。
いよいよクラシックの足音も近づいて来たように思われますね。

週末は3歳トライアル戦G2「チューリップ賞」、そして日曜日、G2「弥生賞」
古馬はG1「高松宮記念」のトライアルG3「オーシャンS」が土曜中山で行われます。

近年はトライアル戦の立ち位置も少し変わってきている様に思われます。
賞金を十分に持っている馬は少し違ったローテーションでG1戦に挑む事も多く、変化を感じます。

G2「弥生賞」、牝馬G2「チューリップ賞」はサラッと見ておきましょう。

まず中山G2「弥生賞」から
既に枠番が発表されていますが、
どうも人気も馬番通りの人気になりそうな気がしています。
1「ラストドラフト」 ルメール

2「ニシノデイジー」 勝浦

3「カントル」 M・デムーロ

4「サトノラディウス」 武豊
この馬番順で人気に推されそうな気がしていますがどうでしょう?

G3「京成杯」優勝の1「ラストドラフト」は中山2000Mを経験済み。
目標がG1戦としてもここで大負けは考え辛い処でしょう。

2「ニシノデイジー」はG3戦で2勝、前走G1「ホープフルS」でも3着と安定しています。
この馬も中山2000Mを経験していますから、後は本番に向けた予行演習なのかも知れません。

3「カントル」や4「サトノラディウス」は共に500万勝ち上がり組ですから、ここで3着以内に入りG1「皐月賞」出走を確定させたい処でしょう。

すでに賞金的に心配のない馬達VS賞金を積み上げクラシック出走権利を取りたい馬達の構図と思われますから、その真剣度・・・・ここだけが気になる処です。

<穴馬>は上記2頭以外全て・・・・となりそうですから、「不明」として逃げておきます。


2019「チューリップ賞」

3連勝でG1「阪神JF」優勝1「ダノンファンタジー」の信任投票となりそうです。

G1「阪神JF」ですでに勝負付けが終わっている気もする6「シェーングランツ」がどこまで迫れるのか?の構図でしょう。

<穴馬>としては<ロードカナロア産駒>2頭に注目してみます。
3「ブランノワール」 藤井勘一郎
「エルフィンS」0.2差2着も込みで、35歳JRA新人騎手「藤井」に期待です。
世界を渡り歩いてきた同騎手が日本のG2戦でどのような結果を出すのか?
興味津々で見守りたいと思っています。

12「ドナウデルタ」 北村友
未勝利戦1勝だけの馬ですが、牡馬混合のG2・G3戦を戦ってきています。
そこでも大きく崩れた印象は持ちませんから、牝馬限定戦でその経験が活かされるようなら・・・と思っています。
こちらもグングン成績を挙げている「北村友J」込みで期待してみます。


2019「オーシャンS」

土曜日、このレースを的中させれば「勝利」が見えて来るのではないでしょうか。

ルメール、M・デムーロ両外国人騎手が揃って乗りますから、人気はその辺りに集中しそうですね。

<人気はそちら><馬券はこちら>と上手く行きそうな気もしているのですが、果たして上手く行くのでしょうか?

直近10年間では優勝馬が出ていない13番枠から外に1番人気に推されそうな、
14「モズスーパーフレア」 4歳牝馬 54K ルメール
が入りました。
直近4走の強さには目を見張りますが、前走から1K増しの斤量、直近10年間逃げ切り優勝が無いレース、しかも外枠と相当難しい条件となります。

坂路を下るようなコースですから外枠でも行き切る事は出来ると思われますが、最後の急坂で「バッタリ」も考えられる処ですね。

ここは思い切って「差し・追込み馬」から勝負しても良さそうです。

当然前走牝馬58Kを背負って善戦した12「ナックビーナス」は54Kの今回、馬券からは外せない処です。

<穴馬>のみ掲載しておきましょう。

差し馬でもM・デムーロJ騎乗の5「ダイメイプリンセス」は人気に推されそうですが、馬券には必要と思っています。
それ以外では、

2「ペイシャフェリシタ」 6歳牝馬 ミナリク
内枠を得ましたので、どこまで我慢が効くか・・・・、我慢次第で道は開けそうだと考えます。

7「カイザーメランシュ」 4歳 56K 田辺
前走で1600万を勝ち上がったばかりですが、好調は間違いなさそうです。
その前走2着馬に0.4差付けていますから、見た目以上に楽勝していたのかも知れません。
伸び行く魅力に賭けてみたい処ですね。

4「エントリーチケット」 5歳牝馬 54K 柴田大
直近2走がOP特別でしたが着差は0.1差、内枠を活かしうまく捌ければ圏内入りも有りそうです。

<大穴馬>は、昨年の当レース優勝馬13「キングハート」と思っていましたが、外枠13番からどこまで追い込めるのか?ほんの少し馬券に加えてみたいと思っていますが・・・・?

荒れそうな雰囲気がプンプン匂ってきますが、思った通り荒れてくれるのかどうか?
しっかり見届けましょう。

小倉競馬も最終週となりました。
斤量で優遇される「藤田七菜子騎手」旋風が吹き荒れるのかどうか?
面白そうです。





中山記念 2019

2019「中山記念」                     <2059>

開幕中山ではG2「中山記念」が、同じく開幕阪神ではG3「阪急杯」が行われます。

まず中山G2「中山記念」から見て行きましょう。
G1戦とも思える良いメンバーが揃いました。

5歳牝馬「ディアドラ」、4歳牝馬「ラッキーライラック」に牡馬4頭が馬券圏内と思われます。

出走11頭の内、ここでは苦しいでしょう・・・・と思われる馬が5頭いますから、実質6頭の争いと見て良さそうです。

しかしその6頭の甲乙がなかなか付け難い・・・・ここが難しい処ですね。
有力馬の目標は春のG1戦・・・とハッキリしていますから、「ここ狙い」の馬、あるいは80%の仕上がりでも勝ってしまうような馬・・・・という事になりますね。

3連単馬券では120点買えば、その中に<当り馬券>が有ることが解っているのですが、それでは多分「トリガミ」濃厚となってしまいます。

ここは人気・オッズを比較検討しながら、<美味しいそうな処>を狙い打つしか無さそうです。

いつの掲載しています<穴馬>は「なし」としておきましょう。


2019「阪急杯」

穴狙いならこちらか?・・・・と思わせるようなフルゲートのレース。
17年には7--4--12番人気の決着で3連単馬券¥2,483,180と超の付く穴馬券が出現しました。

しかし過去10年間で見れば、3連単馬券は比較的おとなしく収まっていますので、今回がどうか?とも思われます。

開幕週とあって、<内枠有利>がハッキリしているレースと思われます。
10年間で馬券になった30頭中、
1~4枠 20頭
5~8枠 10頭

外枠では13番枠が3勝していますが、今回は人気薄「トウショウピスト」がここに入りましたので、無視しても良さそうに思われます。

昨年の覇者14「ダイアナヘイロー」は昨年13番からでしたが、今年は14番、同じようなレースが出来るのかどうか?となりそうです。

逆に人気に推されそうなG2「阪神C」2着馬「ミスターメロディ」は8枠16番に入りました。

穴馬になりそうだった3連勝中の「エントシャイデン」は大外18番枠を引きましたので、少し苦しくなったと思います。

今回も<穴馬>となりそうな処を掲載しておきます。

内枠を引き当てた、1「レッツゴードンキ」や3「ロジクライ」は当然人気になりそうです。
<穴馬>もやはり内枠から・・・・と思えますから、

4「タイムトリップ」 5歳 56K 浜中
稍重馬場で1600万クラスを勝ち上がったばかりですが、2戦続けて上がりタイムはメンバー最速を記録しています。
前走も4番枠からの勝利でしたので、上手く内を捌いてくれば<連複圏内>も有りそうです。

6「スターオブペルシャ」 6歳セン馬 杉原
前走G2「阪神C」で12番人気3着と穴馬券の立役者を演じました。
2着だった16「ミスターメロディ」とは0.3差でしたので、この内枠を活かし切れるようなら、差は無いかもしれません。

<超大穴>なら5番枠を引いた
5「ラインスピリット」でしょう。
昨秋のG1「スプリンターズS」で13番人気0.1差3着の脚は見事でした。
その後の2戦10着・14着と秒単位の敗戦は全く走っていませんから、当然人気にはならない筈です。少し馬券に加えたいと思います。

難しいレースですが、ここも有力馬はG1「高松宮記念」狙いと思われますから、賞金を積み増したい馬や「ここ狙い」の馬が頑張る可能性は有りそうです。

まず土曜日の馬場をしっかり見極めましょう。

穴馬券の宝庫「小倉競馬」も折り返し点となりました。頑張って狙って行きましょう。





フェブラリーS 2019

2019「フェブラリーS」                  <2058>

2019年G1幕開けは例年通り「フェブラリーS」から始まります。

真冬のダート頂上決戦に良いメンバーが揃いました。
11「コパノキッキング」にG1初となる女性騎手「藤田七菜子」を迎え、話題性も十分です。

今年は馬券的にも面白くなりそうですから、しっかり見て行きましょう。

ルメール・M・デムーロの両外国人騎手VS日本人騎手も十分見ものとなりそうです。

上位人気には
3「ゴールドドリーム」 6歳 ルメール

6「インティ」 5歳 武豊

14「オメガパフューム」 4歳 M・デムーロ

11「コパノキッキング」 4歳 藤田七菜子

7「サンライズノヴァ」 5歳 戸崎

10「サンライズソア」 5歳 田辺

13「ノンコノユメ」 7歳 内田

辺りが推される事でしょう。
この7頭の実力差はそれほど感じませんから、どの馬が戴冠しても驚けませんね。

展開が上手く嵌った馬が勝利を掴む・・・・そのように思っています。

東京ダートマイル戦は特殊なコース、前に行く馬よりは後ろから構えた馬が直線弾けるイメージが強いのですが、今年は前に行きそうな馬もかなりの実力馬がいますので、どのような展開になるのか?

そこでも難しさが有る処に、上記名前を挙げた馬が7頭、馬券的にも面白そうです。

今回も<穴馬>となりそうな処を掲載しておきましょう。

2「ユラノト」 5歳 福永
G3「武蔵野S」が0.5差4着、前走G3「根岸S」が0.1差2着でしたから、人気に推されそうな11「コパノキッキング」と大きな実力差が有るとは思えません。

内枠を得ましたので、今回も前走同様の走りが出来そうです。

1「クインズサターン」 6歳 四位
G3「武蔵野S」0.2差2着、G3「根岸S」0.4差3着、2「ユラノト」と同じような成績を残しています。
前走G3「根岸S」と全く同じ枠番馬番にこの2頭が入ったように、既に前走イメージで競馬が出切る分も有利かと思われます。

ダートスタートの1400Mと違い、芝スタートの内枠はダッシュが効かない場合最後方に置かれる心配は有りますが、最短距離を走れる事、うまく捌けば内からの差しが効くコースと利点もありますから馬券に加えたいと思っています。

面白い、見どころたっぷりなレースを期待しましょう。


2019「小倉大賞典」

ハンデG3戦ですが、思ったほどは荒れないイメージが有ります。
それでも3連単馬券は2年連続で10万円を超えていますから、やはり一筋縄では行かないレースなのかも知れません。

6「マルターズアポジー」が57.5Kのトップハンデを背負いますが、やはりこの馬が逃げるのでしょうね。
そうなればスローペースは考えられない事になります。
どこまで同馬が先導するのか・・・・次第で差し馬有利、前有利が変わって来そうです。

人気処は、
3「タニノフランケル」 4歳 54K 川田

12「スティッフェリオ」 5歳 57K 丸山

2「エアアンセム」 8歳 57K 吉田隼

8「マイスタイル」 56K 田中勝

辺りが占めるのでしょう。

冬場の小倉芝コースは思った以上にスタミナが必要です。
近年の同レース活躍馬が、2400MのG2「京都大賞典」で活躍している様に、その辺りの距離まで走れるタイプが良さそうです。

ここも<穴馬>となりそうな処を掲載しておきましょう。

7「ブラックスピネル」 6歳 57K 三浦
前走東京OP「白富士S」を逃げ切りで勝利、今回は前走より1K斤量が重くなりますが、距離を延ばして結果を残した事は大きな成長と思えます。
また馬体重が500Kを越えている馬が活躍していますので、この馬に向きそうな条件かも知れません。

10「ケイティクレバー」 4歳 54K 秋山
3歳時出世レースと呼ばれている「若駒S」を勝っている馬ですが、未だ出世出来ていません。
やっと前走で1600万を勝ち上がって来ました。
逃げ・先行を主戦法としていますから、上手く粘り込めれば馬券圏内を確保するのでは・・・と思っています。

ペースが速くなりそうなだけに、差し馬を推薦したい処ですが、
11「ナイトオブナイツ」 6歳 56K 古川
で届くのかどうか?・・・・嵌れば・・・・と言う条件付きですね。


2019「京都牝馬S」

1400Mに距離を短縮されてからは比較的堅いレースとなりました。

人気上位馬をしっかり押さえながら少しだけ<穴馬>を・・・の考えで良いでしょう。

17「カラクレナイ」 5歳 松山
京都最終週だけに外枠が不利になる事も無さそうですから、1400Mに距離を延ばしてその差し脚が活きるようなら面白いのかも知れませんね。

人気にはなるでしょうが、11「ワントゥワン」の追込みは脅威かも知れません。


2019「ダイヤモンドS」

ハンデG3のマラソンレースですが、10頭と小頭数になりました。

<穴馬候補>としては7歳馬ですが51Kと軽量、戸崎J騎乗の「ララエクラテール」を馬券に加えようと思っていますがどうでしょうね。

10「ユーキャンスマイル」の信任投票かと思われますが、逆らわない方が良いのかも知れません。

同枠に入った9「グローブシアター」共々、枠連で狙うのも面白そうです。


寒さもピーク、暖かくして競馬を楽しみましょう。
懐が温かくなればベストですが・・・・・!





≪PREV | | NEXT≫

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

プロフィール

銀龍老人

Author:銀龍老人
競馬命の銀龍老人です。
ようこそ私のブログへ

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ